fc2ブログ

「移転」、手打ちそば 一庵。(日光市)Part2

宇都宮市内の「ぶつをのうどん」で「大盛り」を食べきることが出来たのに気を良くし、次の大盛りのお店に狙いを定めました。ところが、なんとこの春に移転したとのこと。ネットで調べたところ情報を得ることが出来ました。

次のチャレンジ店にと選んだのは、日光市並木町にあった「手打ちそば 一庵。」。
普通盛りでも通常の大盛り以上の蕎麦の量で驚かされたお店です。

2022年6月、日光市文挾町に移転オープン。
手打ちそば 一庵。

同じ市内と言っても日光市は栃木県の約1/4の面積があり、全国で3番めに広い市。
旧今市市内にあった店舗が、日光例幣使街道沿い、文挾銀座の丁字路に。

ここは以前は違うお蕎麦屋さんがあった場所で伺った記憶が。
非常にわかり易い場所で、お店の前が駐車場になっています。
手打ちそば 一庵。

メニューはシンプル。
天ぷらや天丼も美味しそうですが、最初から決めていた「もりそば」700円+「大盛り」300円=1000円(税込)で決まり。
グラス数だけを見れば難なくクリアーできそうな数字ですが、侮れない・・・。
手打ちそば 一庵。

入れ代わり立ち代わり、多くのお客さんで賑わっていました。
ひとり客なので、カウンター席へ。冷たいお茶を頂きながら待つことしばし。

天ぷらを揚げ、そばを茹で流水、氷水で〆る。手際よく店主一人で次々入る注文をこなしていきます。
カウンター席なので、厨房からの熱気が伝わってくる。調理中暑さでクラっと来そうなのに、すごい集中力。
手打ちそば 一庵。

「もりそば」+「大盛り」の登場。
思わず仰け反ってしまうような迫力です。
手打ちそば 一庵。

「山盛り」とは、まさにこのこと。
こぼれんばかりに蕎麦が盛られています。

栃木県が誇る男体山も真っ青。
目の当たりにして、本当に食べ切れるのか動揺が広がっていく・・。

恐る恐るキラキラと輝くお蕎麦にお箸を伸ばしていく。
お盆の上に溢れないよう、慎重に慎重に。
手打ちそば 一庵。

細切りの蕎麦はつるり喉越し軽やか。氷水でギュッと〆られ、噛むともっちり弾力もある。
暑い日でしたので、冷たい蕎麦で生き返ったよう。
最初は汁に付けずに頂き、次第に濃いめの汁で味わいを加味。
手打ちそば 一庵。

中盤以降に薬味を投入。
お陰で飽きずに、最後まで美味しくいただけました。
手打ちそば 一庵。

綺麗に食べ切れご馳走様。
帰りの車の中でジワリジワリと満腹感に襲われ、膨れた腹をなでながら帰路につきました。
手打ちそば 一庵。

○「手打ちそば 一庵。」
住所:日光市文挾町425-3
定休日:水曜日

営業時間:11時30分~14時30分
栃ナビHP
関連記事

pool

2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が3100件、ブログ記事は7000件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)(2024/1/31で急遽閉鎖されてしまいました)

店名の後ろにある数字は、掲載回数です。(例「-5」=五回目の掲載)


広告が一切出ないようブログ環境提供会社と有償会員登録をし、閲覧し易い環境作りに心がけてます。

アクセスカウンター(2011/8~)

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア1

PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーエリア2

カテゴリ

参考値

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム