FC2ブログ

ラッフルズ上陸地点

イギリスの植民地時代の面影を色濃く残す旧・官庁街。
ラッフルズ上陸地点

当時の建物を外側だけ残し、博物館などの文化施設への改修工事が進んでいました。
ラッフルズ上陸地点

この日最初に向かったのは、「ラッフルズ上陸地点」。
1819年、イギリス東インド会社の書記官を務めていたトーマス・ラッフルズがシンガポール川の畔に上陸。

その後無関税の自由港政策を推し進め、当時150人しかいなかったシンガポール島が人口1万人を超える大都市に発展し、イギリスの植民地となった礎を作ったのがラッフルズ。

まさに近代シンガポールの創設者のような方です。
像が見えてきた!!
ラッフルズ上陸地点

観光地にもなっており、ラッフルズの像を背景に記念写真。
巨大なヘビを持ったインド人が、ヘビと一緒に記念写真はどうかと流暢な日本語で寄ってくる~。
ラッフルズ上陸地点

私にはそれ以上に、川の対岸にある商業地と開けた場所に目が釘付け。
時間があったら、立ち寄ってみたい!!
ラッフルズ上陸地点

それが翌日、実現するとは・・・・。
ラッフルズ上陸地点
関連記事

コメント

非公開コメント

pool

2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2550件、ブログ記事は5600件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

店名の後ろにある数字は、掲載回数です。(例「-5」=五回目の掲載)

(注意喚起)ブログ内の記事や写真の無断転載を禁じます。

カウンター(Visitor数)

カウンター(Hit数)

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

フリーエリア1

PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーエリア2

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム