FC2ブログ

日光珈琲 御用邸通(日光市)

田母沢御用邸の正門(東側)を出て、御用邸正門通りへ。散策開始です。
車の往来激しい国道から一本入っただけなのに、まるで別世界。
日光珈琲 御用邸通

歴史を感じる民家が軒を並べ、古の時代に紛れ込んでしまったような感覚に。
ゆっくり街を味わいながら、なだらかな坂を下っていきます。
日光珈琲 御用邸通

驚きの発見が続きます。
「日光甚五郎煎餅」で有名な「石田屋」さん。
本店がこの通り沿いにあったとは・・・。残念ながらこの日は定休日。閉まっていました。
日光珈琲 御用邸通

創業文化二年(1805年)の「日本料理 高井家」さん。こちらは完全予約制とのこと。
他にも割烹のお店があったりと、興味深い街でした。
日光珈琲 御用邸通

古民家カフェ、「日光珈琲 御用邸通」。この日三軒目はこちらに。
ネットで建物を見て、迷わずにお店にたどり着けると思っていたのですが・・・。

普通の街なかならパッと目立つはずなのに、建物が街に溶け込み気がつかず、通り過ぎてしまいました。
恐るべし、御用邸正門通り!!
日光珈琲 御用邸通

女学生のグループや、歴史探訪中の年配男性達など、お客さんの層が多彩。
観光地の一つとして、遠方から足を運ばれた様子。

その一方、店員さん達と顔見知りの常連さんも来られたりと、街には欠かせないお店。
日光珈琲 御用邸通

店内は古民家の雰囲気を壊さないよう、落ちついた素敵な室礼がされていました。
日光珈琲 御用邸通

窓から見える街並みとも、よく合います。
日光珈琲 御用邸通

太い柱に梁。
あれ?二階にも部屋があるのかな?
日光珈琲 御用邸通

立派に盛られた日光天然氷のかき氷が、奥のお客さんに運ばれていった・・・。
暖かい部屋の中でかき氷を食べるのも、楽しそう~。
まだ春早い時期ですが、かき氷の提供をしていること自体に新鮮な驚きを覚えました。
日光珈琲 御用邸通

私はかき氷は遠慮して、温かいコーヒーを頂くことに。
「新春限定豆 コスタリカ」600円(税込)。

一杯分の豆を砕き、ハンドドリップで丁寧に淹れている。
見ているだけで、価値ある一杯に思えてきます。

熱々のカップにたっぷり。
穏やかな飲み心地に、柔らかい甘み。後味にスッキリと酸味が走る。

忙しない日常を忘れさせてくれる一杯。
のんびり、素敵な時間を過ごさせて貰いました。
日光珈琲 御用邸通

○「日光珈琲 御用邸通」
住所:日光市本町3-13
電話番号:0288-53-2335
定休日:月曜日、第一、三火曜日

営業時間:10時~18時(L.O17時)
公式HP栃ナビHP
日光珈琲 御用邸通
関連記事

pool

2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2550件、ブログ記事は5600件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

店名の後ろにある数字は、掲載回数です。(例「-5」=五回目の掲載)

カウンター(Visitor数)

カウンター(Hit数)

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

フリーエリア1

PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーエリア2

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム