FC2ブログ

和食 了寛(宇都宮市)-17

「あんこを食べた記憶が無い」
この日ご一緒した若い男性のひとこと。隣の男性もこの発言に深くうなずく。

ちょっと前までは日常的に溢れていた「あんこ」。
旅のお土産と言えば「温泉饅頭」、パンと言えば「あんパン」か「クリームパン」、中華まんは「あんまん」か「肉まん」の二者選択。
「井村屋のゆであずき」の缶詰が、我が家に常備されていた物です。

私も久しぶりに食べるあんこの優しい甘さに、心癒されました。

ここは東武宇都宮線・南宇都宮駅近く。
建ち並ぶ大谷石蔵を改装し、日本料理を提供している「和食 了寛」。
和食 了寛

この日も大人気で、多くの女性客で賑わっていました。
今回使わせて貰ったのは、二階の個室。
天井が高い蔵の屋根裏部分を上手に活かしたスペースです。
和食 了寛

お昼は二千円、三千円、五千円(すべて税別)の三種類。
今回は三千円のお料理をお願いしました。

次々出てくる上質な料理。
ゆっくり味わいながら、素敵な時間を過ごさせて貰いました。
和食 了寛

先付
「巨峰とバナナの白和え」
柿の白和えは食べたことがありますが、巨峰とバナナと白和えの組合せ。
これが予想を超える美味しさ!!他の秋の果実を白和えして食べてみたい。
和食 了寛

前菜
「春菊とえのきのお浸し」「茸の薩摩揚げ」「薩摩芋のすり流し」「栗渋皮煮」

目でも楽しませてくれる一皿。
柿の葉が秋の深まりを教えてくれました。
和食 了寛

「葉を取り除く」という一手間をかけることにより、料理への集中力が高まります。
日々忙しなく過ごしていると、食事をないがしろにしがち。
ゆっくり味わいながら料理を楽しむ・・・・。大切なひとときです。
和食 了寛

造り
「五島列島のすじあら」「気仙沼の鰹」「出汁漬けの筋子」
うっとりする美味しさ。
熱々のご飯に「出汁漬け筋子」を乗せたら、止まらないんだろうな~。
和食 了寛

煮物
「里芋 大根 舞茸 菊花餡」
久しぶりに温かい煮物。秋が来たのを実感。
和食 了寛

焼物
「鰆の幽庵焼 長芋のおかき揚げ」
なぜ「幽庵焼」というのか尋ねてみると、「江戸時代の茶人、北村祐庵が創案した」っという説をはじめ、諸説あるとのこと。
名前とレシピが幾多の料理人を経て、後生に伝わっていく。そう考えると、料理も奥深い。
和食 了寛

飯物
「生湯葉の餡かけご飯」「お新香」「赤だし」
とろとろの生湯葉とご飯の相性抜群。
お茶漬けを頂くように、サラサラとご飯がすすみます。
和食 了寛

甘味
「自家製あんみつ」
ここで冒頭の「あんこ」談義になりました。
梨や柿、秋の果物も添えられ、美味しく頂きました。
和食 了寛

「ブレンド珈琲」を頂き、ご馳走様でした。
和食 了寛

優雅な時間は終わり、階段を降り現実世界へ・・・。
もう少し小屋裏で、寛ぎたかったな。
和食 了寛

○「和食 了寛」
住所:宇都宮市吉野町1-7-10
電話番号:028-611-1711
定休日:月曜日、第一・三日曜日

営業時間:11時30分~15時(最終入店13時30分)、18時~22時(最終入店20時)
未就学児同伴でのご来店は、ご遠慮頂いています。(貸切時は除く)
公式フェイスブック栃ナビHPぐるなびHP
和食 了寛
関連記事

pool

2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」を。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2400件、ブログ記事は5400件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

店名の後ろにある数字は、掲載回数です。(例「-5」=五回目の掲載)

カウンター(Visitor数)

カウンター(Hit数)

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

フリーエリア1

PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーエリア2

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム