FC2ブログ

日光田母沢御用邸記念公園(日光市)-4

雪の覆われた庭園を散策したい・・・。
向かったのは「日光田母沢御用邸記念公園」。

1899年(明治32年)、当時皇太子だった大正天皇のご静養地として造営された御用邸。
1947年(昭和22年)に廃止されるまで、大正天皇をはじめ三代にわたる天皇・皇太子がご利用になられました。
今上天皇は太平洋戦争中の一年間、この御用邸で過ごされました。

現在は栃木県が国から無償貸付を受け、公園として開放しています。
結果から言うと、雪に覆われた美しい風景を堪能することが出来ました。
日光田母沢御用邸記念公園

今回は正門から入ってみることにしました。
実は普段私達観光客が使用している入口は「通用門」なんです。(国道120号線から入る入口)
日光田母沢御用邸記念公園

正門は「日光田母沢御用邸記念公園」の東側。
写真で見比べると、下の「正門」は重みが違います。
日光田母沢御用邸記念公園

正門付近は古い町並みが残っていて、散策するのも楽しそうでした。
日光田母沢御用邸記念公園

さて、入園料大人510円を払って、館内並びに庭園を見させていただこう~。
日光田母沢御用邸記念公園

今年は日光も寒く、先日降った雪が残っていました。
まさに思惑通り。
日光田母沢御用邸記念公園

普段見る機会がない「つらら」。
様々な場所で立派に成長した「つらら」を発見。
日光田母沢御用邸記念公園

2月は入園者がピーク時の五十分の一程度らしく、ほぼ貸切状態でゆっくり見ることが出来ました。
日光田母沢御用邸記念公園

随所にいらっしゃる係りの方から詳細な説明を聞くことが出来、また人が映り込まないので、写真を撮るのにも最適。
日光田母沢御用邸記念公園

但し館内は暖房設備がありませんので、温かい恰好をして行かれることをお勧めします。
日光田母沢御用邸記念公園

2018年2月12日まで、平安時代から現代の皇室へと続く宮廷衣装「十二単」及び「束帯」が展示されています。
日光田母沢御用邸記念公園

庭園散策。
日光田母沢御用邸記念公園
日光田母沢御用邸記念公園

まるで雪に覆われているように見えますが・・・。
ちゃんと歩くスペースは除雪されていますのでご安心を。
日光田母沢御用邸記念公園

○「日光田母沢御用邸記念公園」
住所:日光市本町8-27
電話番号:0288-53-6767
公式HP
関連記事

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

pool

2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2550件、ブログ記事は5600件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

店名の後ろにある数字は、掲載回数です。(例「-5」=五回目の掲載)

(注意喚起)ブログ内の記事や写真の無断転載を禁じます。

カウンター(Visitor数)

カウンター(Hit数)

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

フリーエリア1

PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーエリア2

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム