fc2ブログ

国立故宮博物院(2016台湾-11)

台湾に行ったら、絶対行きたいと思っていた「国立故宮博物院」。
念願かなって、訪れることが出来ました。

想いを募らせたのは二十数年前のこと。
北京にある世界最大の宮殿「紫禁城(故宮博物院)」に行き、宮殿のスケールの大きさに圧倒されました。

しかし美術品や陶芸品には、目ぼしいものが少なくガッカリ。
「国民党の蒋介石が台湾にみんな持って行ってしまったんです」というガイドさんの言葉に、想いは台湾に。
そしてついに・・・。

約70万個以上の古代中国時代からの美術品が収集されている「国立故宮博物院」。
国立故宮博物院

展示されているものは、約五千点。
入れ替えを順次しており、すべての収集物を見るにはどれくらいの年月がかかるのだろう。
国立故宮博物院

1階から3階までの展示フロアー。
でもワンフロアーが広すぎて、展示物が多すぎて、時間が圧倒的に足らない。
駆け足で巡らないと!!

まずは三階のフロアー。
代表する名品の一つ「翠玉白菜」が展示されていました。
国立故宮博物院

美術館や博物館は写真はNGかと思っていましたが・・・。
国立故宮博物院では現在試行的に、フラッシュ等使わなければ一部を除き写真OK(将来再び禁止になる可能性もあり)。
自分のカメラに収めようと、長蛇の列。係りの女性が忙しなく観光客を進むよう促します。
国立故宮博物院

そしてパッと撮った私の一枚。
う~ん、専門家が撮った写真の方には全然敵わない。

故宮博物院の三大至宝と言われ、「肉形石」と共に台湾に。(清朝上河図は、北京)
豚肉に似ている「肉形石」は、残念ながら貸し出されており見られませんでした。
国立故宮博物院

観るものすべてが、至高の品々。
国立故宮博物院
国立故宮博物院
国立故宮博物院

展示方法もわかり易く、ジャンルごとにスペースを振り分けられていました。
北宋時代の陶磁器。
国立故宮博物院

そして清朝時代の陶磁器。
時代によって移り変わる様子を垣間見ることが出来ました。
国立故宮博物院

一部フロアーでは、子供達にも芸術を体感してもらおうと・・・。
最近の電子機器と芸術品のコラボを。

一つ一つをじっくり味わいたかった。
一日いても、飽きることなく魅入っていたことでしょう。
国立故宮博物院

○「国立故宮博物院」
公式HP
関連記事

コメント

非公開コメント

pool

2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が3100件、ブログ記事は7000件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)(2024/1/31で急遽閉鎖されてしまいました)

店名の後ろにある数字は、掲載回数です。(例「-5」=五回目の掲載)


広告が一切出ないようブログ環境提供会社と有償会員登録をし、閲覧し易い環境作りに心がけてます。

アクセスカウンター(2011/8~)

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア1

PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーエリア2

カテゴリ

参考値

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム