FC2ブログ
  • 「蕎麦」と言うと、年配の男性が昼間にすすっているイメージ。「鉄板焼き」と言うと、お酒片手に若い男性や、家族で食事をしているイメージ。昼に強い「蕎麦」と夜に強い「鉄板焼き」とがフュージョン!!昼は「蕎麦」、夜は「鉄板焼き」という、二つの顔を持つお店に先日お邪魔してきました。鉄板焼きの「鉄板Dining たいしょう庵」が15周年を迎えたのを機に2021年3月6日、昼間に蕎麦店を始められました。昼間の店名は「... 続きを読む
  • 今市警察署近くにある「玄蕎麦 河童」。美味しい十割蕎麦を食べたくて、ふらりと立ち寄らせて貰いました。伺うのは約四年ぶり。到着したのは11時30分を少し回った時刻。すでに駐車場にはビッシリと車が停まっており空きは一台分のみ。幸運にも滑り込みセーフ。席の間隔を開けての営業。カウンターに座らせて貰ったのですが、ゆったり三席のみのレイアウト。せいろ、かけは950円(すべて税込)。様々なお蕎麦が用意されてい... 続きを読む
  • 宇都宮市の北西部にある「徳次郎町」。国道119号(日光街道)と国道293号が交差する「徳次郎交差点」や、日光宇都宮道路の「徳次郎IC」等で広く地名が知られています。地元では古くから「徳次郎」を「とくじら」と読んでいたにもかかわらず、なぜか1954年(昭和29年)の宇都宮市に編入する際「とくじろう」という読み名で登録されてしまいました。しかし地元の人達は「とくじら」と読み続け、関東バスのバス停留所は「... 続きを読む
  • 一気に気温が上がり、初夏のような陽気に。サッパリとしたモノを食べようと、鹿沼インターチャンジ近くのお蕎麦やさんへ。「玄そば 文石庵」。国道121号線沿いにあるお店です。栃ナビにあった開店時間11時30分より早めに到着したものの、すでに暖簾が上がってる。中で尋ねると、11時開店とのこと。早くなったみたいです。契約農家さんから仕入れた鹿沼市永野産の在来種「こそば」。石臼で粗挽きした蕎麦粉を使った二八そ... 続きを読む
  • 三月に入り、少しずつ春が近づいてきました。車を置いて街をそぞろ歩き。少し汗ばむのを感じながら、本日のランチ場所へゆっくりと歩を進めました。かつて宇都宮一の飲み屋さん街だった泉町通りを西へ。立派な蔵が見えてきました。「手打ちそば 蔵」。ここは江戸時代、日光街道と奥州街道の追分があった場所のすぐ近く。歴史を感じながら蕎麦を頂くのも粋なものです。挽き立て打ち立て茹でたての蕎麦が頂けると、蕎麦通の間でも人... 続きを読む
  • 突然襲ってきた、「カレーうどんが食べたい」という衝動。カレーうどんといえば、よく伺ったあのお店やこのお店はすでに無い。ネットで検索したところ数軒のお店がHIT。その中の一軒に伺うことに。平松本町にある「肉汁うどん 作左エ門」。オープン直後に伺って以来二度目。約六年ぶりの再訪になりました。前回伺った時より、メニューが増えた様子。肝心の「カレーうどん」は以前ありませんでしたが、しっかりメニューに記載され... 続きを読む
  • 2021年の年明けから、この「はし」がテレビCMによく登場しています。auの「三太郎」シリーズの新CM。「一休ちゃん、登場」編に出てくる木造のめがね橋。「このはしわたるべからず」という立て看板の前で、桃太郎・浦島太郎・金太郎と一休ちゃんが出逢うというCM。撮影は京都など、西日本で行われたと思っていたら・・・。ここは栃木県矢板市。宮川にかかる「ともなり橋」がロケ地として使われました。橋は川崎城跡公園の一部、... 続きを読む
  • 新年のご挨拶で県内を巡っている中での昼食タイム。短時間で食べられ、なおかつヘルシーなものはないかと思案した結果、伺ったお店は・・・「みっちゃん蕎麦」。東武鉄道日光線、新鹿沼駅前にある評判のお蕎麦やさん。お店前の専用駐車場は満車。でもご安心を。お隣にある有料駐車場の無料チケットを発券してくれるんです。今回で二回目の「みっちゃん蕎麦」。前回は「鬼おろしサラダそば」というアレンジ蕎麦を頂いたので、今回は... 続きを読む
  • 今年の蕎麦は出来が良く、豊作だったと耳にします。農作物は大地の恵み。恵みを頂き、明日への英気を養おう~。宇都宮市内に蕎麦店は数多くありますが、ここ「三たてそば 蕎音(しずる)」は誰もが認める人気店。「三たてそば 長畑庵」で修行した店主の蕎麦を頂こうと、久しぶりにお邪魔しました。場所は宿郷にある、ホテルリブマックス宇都宮(旧リージェントホテル)の一階。オープンの11時30分を前に着こうと、仕事休みの... 続きを読む
  • 徳川家康の霊柩が日光山に改葬されたあと、毎年京都の朝廷から日光東照宮へ幣帛を奉納する勅使がつかわされたという。彼らが通った道は「例幣使街道」と呼ばれ、江戸幕府直轄の脇街道として整備・維持されました。現在も鹿沼市から日光市にかけての区間は、日光杉並木が。当時の面影を残しています。日光例幣使街道沿いに評判の蕎麦やさんがあるという。教えられた住所をナビに入れえると、なにも無い場所に目的地のマークが。街道... 続きを読む
  • 11月30日で三周年を迎えた「手打ち蕎麦 ゆうり庵」。水戸街道から久部街道方面へ、やっと開通した産業通り沿いにお店です。蕎麦というと年配の男性店主というイメージですが、こちらの店主は二十代の女性。宇都宮大学を卒業後、蕎麦に魅了され蕎麦の名店で修業。独立開業したお店。食材、技法こだわり、愛情込めて打つ蕎麦はお見事です。入ってすぐ。ガラスの向こう側には、蕎麦を打っている場所を垣間見ることが出来ます。本... 続きを読む
  • そばの収穫量全国4位の栃木県。(令和元年の収穫量)北海道、長野、山形、栃木、秋田の順になっており、栃木県の収穫量は2190トン。栃木県内の秋そばは10月下旬頃から11月上旬にかけて収穫され、今まさに「新そば」のシーズン。この日は鹿沼市内にある人気の蕎麦屋さんでお昼を頂こうと、朝食をとらずに出かけました。向かったのは「かぬま手作りの里 そば処 久我」。広々としたゲートボール場と、70台停められる駐車... 続きを読む
  • 2020年10月25日にグランドオープンした「そば倶楽部 稲荷山」。プレオープンしているという情報を得て、住所を頼りにオープン前に足を運んだことがあったのです。その時はお店らしい建物も見当たらず、探すのに苦慮しました。(今は案内看板がいくつも掲示されてます)やっとのことでお店を発見。まさかという場所にありました。大谷エリアでの宴席の場所と言えば、「盤石荘」と「レストラン盤石」。今でも大谷街道沿いに... 続きを読む
  • 宇都宮市内と東北自動車道・鹿沼ICを結ぶ「鹿沼インター通り」。鹿沼ICに乗る前に昼食を済ませておこうと思いながら車を走らせていましたが、意外と飲食店が見当たらない。もうすぐICという場所に、一軒のお蕎麦やさんがあるのを思い出した。JR日光線をまたぐ小高い場所にある「名物そば」。通るたびに大きな看板を目にしていました。この機会にと、お邪魔することにしました。駐車場は奥にもたっぷり用意されています。店内は広々... 続きを読む
  • 宇都宮市城址公園そばにある「そば処 田中屋」。いつも多くのお客さんで賑わっている、街のお蕎麦屋さんです。広い店内ですが、この日もほぼ満席の状態。但し回転が速いので、さほど待たずに席に着くことが出来ます。ちなみにこの日私の滞在時間は18分。注文してから蕎麦が出てくるのも、非常にスピーディーでした。「もりそば」450円(すべて税込)と、リーズナブル。消費税が10%の令和の時代にあって、この価格設定はあ... 続きを読む

pool

2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2600件、ブログ記事は5800件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

店名の後ろにある数字は、掲載回数です。(例「-5」=五回目の掲載)

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

広告が一切出ないようブログ環境提供会社と有償会員登録をし、閲覧し易い環境作りに心がけてます。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア1

PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーエリア2

カテゴリ

参考値

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム