FC2ブログ

栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 桂林寺(江戸後期の偉人の墓参り・蒲生君平)

寛政の三奇人のひとり、「蒲生君平」。

現在の宇都宮市小幡に生まれ、歴代天皇陵をすべて調査。
「山陵志」を書き上げ、「前方後円墳」という用語を生み出した偉人です。

その「蒲生君平の墓」と書かれた看板を掲げるお寺が、ずっと気になっていました。
県庁前通りと清住町通りの交差点近くにある「桂林寺」。

初めて境内に入りました。
桂林寺(蒲生君平)

1396年、宇都宮の藩主・宇都宮満綱によって建立されたお寺。
戊辰戦争の際(1868年)の戦火で焼失。その後再建され、宇都宮空襲の際には戦災を免れたとのこと。

そんな歴史あるお寺から、「蒲生君平の墓」一基が見つかるものなのか不安になるも・・・。
道案内の看板が立っている。これはありがたい。
桂林寺(蒲生君平)

本堂の裏手に回ると、多くのお墓に圧倒されてしまいました。
それも古く立派なお墓がズラリ。路頭に迷ってしまいました。
桂林寺(蒲生君平)

すっと伸びた木が一本。
不思議な力で引き寄せられるように、向かってみると・・・。
桂林寺(蒲生君平)

真新しい解説看板が建てられており、ここが目的の地だとホット一安心。
明治に入ってから、実家の墓所のある桂林寺に遺髪が分葬されたのを知りました。
桂林寺(蒲生君平)

今年は「蒲生君平、生誕二百五十年の年」。
宇都宮藩の苦難を救ったと言われる郷土の偉人に、感謝の気持ちを込めて手を合わせることしばし。
桂林寺(蒲生君平)

安政二年に建てられた墓石。
まるで宇都宮を見守ってくれているかのよう。
桂林寺(蒲生君平)

墓石の先には、栃木県庁、栃木県警察の建物。
多くの寺や神社が今も、宇都宮を護ってくれています。
桂林寺(蒲生君平)

○「桂林寺」
住所:宇都宮市清住1丁目3−37

四季桜で有名な「宇都宮酒造」のにごり酒が、我が家の冷蔵庫に入ってました。
ラベルを見てビックリ、「蒲生君平」。
美味しく頂きました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

pool

Author:pool
2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」を。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2350件、ブログ記事は5000件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# カウンター(Visitor数)

# カウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# 最新記事

# カテゴリ

# 月別アーカイブ

# カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア(楽天)

# フリーエリア

# QRコード

QR

# 検索フォーム