FC2ブログ

栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 鯉とうなぎのまるます家(北区赤羽)Part2

横浜からの帰り道、赤羽で長男と待ち合わせ。
日々節制した生活をしているようなので、昼飯をご馳走してあげようと途中下車。

赤羽駅北口を出て「一番街」へ。
目指すはあの有名店。男同士で行くには最適!!
鯉とうなぎのまるます家

昭和25年創業「鯉とうなぎのまるます家」は駅から歩いてすぐ。
午前11時と早い時間帯なので、余裕かと思いきや・・・。

満席!!
でも幸いなことに、冷房がきいた店内で待つことが出来ました。
鯉とうなぎのまるます家

待つこと十数分。席が空き、昼飲みの開始!!
まるます家は「ひとり三杯(ジャン酎なら1本)まで」しか飲めないルールになっています。
すでに飲酒している人は入店NG。泥酔せず楽しくお酒が飲めるようにと、ありがたい配慮。

早速ジャン酎1100円を注文。
ジャン酎とは、ジャンボ酎ハイの略。1リットルの大瓶で、7度のアルコール度数。
そのまま飲んでもOKですが・・・。
鯉とうなぎのまるます家

ライムやレモンなど別途注文できます。
レモン150円を頼むと、くし切りか輪切りか絞りか選べます。
頼んだのは絞り!!
鯉とうなぎのまるます家

お客さんで大賑わいなのに、注文したものは早くて確実。
「赤身まぐろ刺し」800円
鯉とうなぎのまるます家

「鯉生刺し」600円
泥臭さを感じさせない。コリッとした歯ごたえが楽しい。
最初毛嫌いしていた長男も、私の分まで食べていました。
鯉とうなぎのまるます家

「新たまねぎフライ」400円
鯉とうなぎのまるます家

「地鶏唐揚げ」600円
ニンニクが効いて、お酒にピッタリ。
鯉とうなぎのまるます家

「たらこ焼き」450円
鯉とうなぎのまるます家

「もろキュー」300円
鯉とうなぎのまるます家

〆はもちろん、うな重。
「亀重」2500円、「特上重」3000円の二種類。
私はすでにお腹いっぱいだったので、長男だけ注文。
鯉とうなぎのまるます家

漬け物と肝吸いも付いてきます。
鯉とうなぎのまるます家

長男は鰻を食べるのは四年ぶりだそうで、フタを開ける前から興奮気味。
「特上重」のオープンです。
鯉とうなぎのまるます家

身がふっくらとしていて美味しそう~。
高騰が叫ばれている中、東京で2500円~うな重が頂けるなんてありがたい。
見渡すとお酒など頼まず、うな重を食べに来店された人も多く見かけました。
鯉とうなぎのまるます家

店先で次々と鰻の蒲焼が焼き上がっていく。
お持ち帰りは2300円と2800円。
あっ!土産として買って帰れば良かった・・・。
鯉とうなぎのまるます家

〇「鯉とうなぎのまるます家 総本店」
住所:東京都北区赤羽1-17-7
電話番号:03-3901-1405
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)、月一連休あり
2018年の夏季休暇は、8/20-22

営業時間:10時~21時30分(但し、土日祝日は9時から営業、日曜日は21時閉店)
公式ツイッター食べログHP
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

pool

Author:pool
2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」を。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2300件、ブログ記事は4900件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# カウンター(Visitor数)

# カウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# 最新記事

# カテゴリ

# 月別アーカイブ

# カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア(楽天)

# フリーエリア

# QRコード

QR

# 検索フォーム