栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# おこんにゃく茶屋(鹿沼市)

コンニャクの原料となるこんにゃく芋。
群馬県が圧勝の収穫量一位ですが、二位は栃木県なんです。

その鹿沼産こんにゃく芋を100%使用した地産地消のお店が、2016年2月14日にオープン。
お店の名前は「おこんにゃく茶屋」。こんにゃく専門のカフェレストランです。

お店があるのは街の中心地、「屋台のまち中央公園」内。
通りから一本入るので、街に詳しくない方はナビを設定して行かれるのをお勧めします。
おこんにゃく茶屋

園内の「屋台展示館」では鹿沼市の文化財に指定されている彫刻屋台が3台常設展示され、屋台の歴史や鹿沼の秋祭りを紹介するコーナーも。
おこんにゃく茶屋

また鹿沼の三名園の一つを復元した「掬翠園(きくすいえん)」が・・・。
おこんにゃく茶屋

「掬翠園」は、明治末期から大正初期にかけて造園された日本庭園。
庭園内に各種展示会や茶道、華道などに利用できる茶室が二棟建てられています。
おこんにゃく茶屋

松尾芭蕉が「おくの細道」紀行の途上、1689年3月鹿沼に一泊した折、吟じられたとされる句の碑が建てられています。
おこんにゃく茶屋

「おこんにゃく茶屋」があるのは手前の「観光物産館」内。
鹿沼の特産品を揃えた物産販売コーナーの一角に開業しました。
おこんにゃく茶屋

4人掛けのテーブル席が四つ、カウンター席が六席。
ランチタイムの「春のおしながき」には、千円以下で食べられる三つのメニューが。
おこんにゃく茶屋

今回は「おこんにゃくプレート膳」950円(税込)をチョイス。
生芋をすりおろし灰汁で作る伝統的な製法で、品種改良を行わない在来種を使用しているとのこと。
無添加こんにゃくを存分に味わおう~。
おこんにゃく茶屋

プルプルな食感が楽しい「刺身こんにゃく」
おこんにゃく茶屋

熱々の「こんにゃくさつま揚げ」
おこんにゃく茶屋

国産牛肉6割、こんにゃく4割の「こんバーグ(こんにゃくハンバーグ)」、こんにゃくステーキ、
サラダのドレッシングにもこんにゃくが。きんぴらごぼうにこんやくのパスタ。
おこんにゃく茶屋

中央にはこんにゃくのコーヒーゼリー。
おこんにゃく茶屋

ご飯は「こんにゃく入りご飯」OR「玄米ご飯」か選べ、こんにゃく入りご飯をチョイス。
細いシラタキが入っていて、ヘルシー。

どの料理にもしっかり味付けが施され、ヘルシー食ですが美味しく頂けました。
おこんにゃく茶屋

暖かくなって薄着になる季節。
咲き出した春の花々を見に行く途中に、立ち寄られてはいかがですか?
おこんにゃく茶屋

○「おこんにゃく茶屋」
住所:鹿沼市銀座1丁目1870-1
電話番号:0289-60-6070
定休日:月曜日(祝日を除く)

営業時間:10時~17時(ランチは11時~14時)
公式ブログ屋台のまち中央公園HP栃ナビHP
おこんにゃく茶屋
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2100件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# カウンター(Visitor数)携帯NOカウント

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム