栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 一日目夜の食べ歩き(セブ島-3)

セブシティーには街灯が少なく、まだ18時だというのに街が暗い・・・。

走る車のほとんどが、なぜかスモールライト。(深夜はさすがに違いますが)
渋滞の中、人が車をかき分けるように横断していく。

信号機も少なく、クラクションが鳴り響く中、車は初日のレストランに向かって果敢に疾走していく。
セブ島

「LIGHT HOUSE RESTAURANT(ライトハウスレストラン)」本店 ゼネラル・マキシロム・ストリート。

老舗フィリピン料理のレストラン。あとで知ったのですが繁華街も近く、食後の遊びも移動が楽な場所に。
セブ島

広々とした店内。小さなステージでは、全盲の方々がギターで演奏しています。
凄く味わいあり、思わず演奏後には拍手をしていました。
セブ島

バナナの皮が敷かれたお皿に大皿料理を取り分けします。
一品一品頼めば安いのでしょうが、この一軒目はツアーでの活用。
食べきれない量や種類の料理が次々と運ばれてきました。

「ハマグリのスープ」から始まって・・・
セブ島

「カニ」や「シュリンプ」・・・
セブ島

空芯菜のフィリピン料理名「アドボカンコン」や、焼きそばのような「パンシットカントン」。
スパイスはさほど感じず、ぼんやりとした甘味感じる料理が多く、食べられないという人は居ませんでした。
ただ・・・この料理はなんの料理かわからず、皆恐る恐る口に。
セブ島

海鮮は馴染みのある姿かたちで大好評。
もちろん味付けは、独特でしたが。
セブ島

一軒目のメインディッシュ!!
「レチョン・バボイ」、子豚の丸焼きです。
結婚式やお祝い事、大切なお客様を迎えるときに出される贅沢な料理。
セブ島

どうやって食べるのか、戸惑っていると・・・。
店員さんがお皿を使って豪快に切り分けていきました。

皮はパリパリ、身はジューシーで柔らかい。
頭の部分も美味しく頂けました。
セブ島

最後には甘いマンゴー。
日本人の私達が来ているのを店員から耳打ちされ、いつの間にか日本の懐メロソングを歌いだす全盲の奏者。
終始和やかなディナーになりました。
セブ島

ここで一旦解散し、夜の街に繰り出すことに。
私はセブ島に詳しいTさんと共に、飲み歩きの旅に。

「Cubana(クバーナ)」General Maxilom Ave, Cebu City, 6000 Cebu, Philippines

マンゴーストリートからちょっと路地に入った場所にお店がありました。
路地の両側にはテーブルや椅子が。
セブ島

生バンドの演奏があるそうですが、早い時間に行ったのでまだ閑散としていました。
でも路地裏&ローカルな雰囲気がとても心地よかったです。

週末には多くのお客さんで賑わい、路上で踊りだす人も続出なんだそうです。
セブ島

タコスに・・・
セブ島

名物のピッツァ。
クリスピータイプで、お酒の肴にはピッタリでした。
セブ島

夜も深まり、徐々に人が集まってきました。
セブの夜は遅い時間から始まるのだと、初めて知りました。
セブ島

「Jazz'n bluz(ジャズン ブルー)」
公式HP

セブ島で10年以上にわかって愛され続けて来た「ジャズン ブルー」。
2017年にここマリアルイーサに移転しオープンされたとのこと。

ひときわ目を惹くブルーの外壁。高級そうな佇まいです。
セブ島

店内は広々。
カウンター席の他、テーブル席もズラリ。
ステージの最前席に座らせて貰いました。

初めはほとんどいなかったお客さん。
演奏が始まる時間には、続々とお客さんが入ってきた。

ソーセージと・・・
セブ島

チーズを片手に・・・
セブ島

セブ島に来て、初めてビール以外のアルコールにありつけました。(笑
セブ島

演奏が始まると、バンドも歌手も身震いするくらいの上手さ!!
フィリピン人は、歌や踊りにたけている!!
セブ島

演奏者とテーブルの間が若干スペースがあり、突如としてダンスフロアーに。
次々と踊りだす人々。プロの演奏者だけじゃなく、素人の・・・それも年配者も踊りが上手く芸達者。
素晴らしい声量に、聞きほれてしまいました。
セブ島

この辺で一日目の夜はお開きにしましょう。
店を出るとローカル色豊かな風景が広がり、改めてフィリピンにいることを思い出しました。

どうやってタクシーを呼ぶのかな?と思っていると、お店の店員さんにタクシーを頼むTさん。
握手をするふりをしてスマートにチップを渡す姿に、同じ男ですが惚れてしまいました。
セブ島

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

 | ホーム | 

# ウィーターフロントセブシティホテル&カジノ(セブ島-2)

桜舞う春から、一気に真夏にタイムスリップ。

4月~5月は、フィリピンの真夏。気温も32度~35度と一番高い季節。
但し、11月~5月は乾季とのことで、リゾートライフを過ごすには最適な時期と言えます。

今回三日間お世話になったのはマクタン島にある海沿いのリゾートホテルではなく、セブ島にある「ウィーターフロントセブシティーホテル&カジノ」という宮殿のようなホテル。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

名前の通り、24時間営業のカジノが併設されています。
広い敷地にはスロットマシーン、ルーレット、ブラックジャック等々の遊具が並べられています。
ドリンクやフードは無料ではなく、女性の売り子が有料で売り歩いています。

そして名前に反して、ウォーターフロントと言いますが海までは歩いて行くと干上がってしまうほど遠い。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

サリナス・ドライブという通りからは、ヤシの木の囲まれた長いエントランス。
街中にいながら、リゾート気分を盛り上げます。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

但しセキュリティーは万全。
ルームキーにはホテル名やルームナンバーが書かれていない。
もちろんすべての通路には、警備員が配置されていました。
車は一台一台停めて、車の下をミラーで確認。通行人はバックの中を金属探知機でチェック。
そしてワンちゃん!!もちろんかわいい顔して、れっきとした麻薬犬。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

アメリカのコールセンター、そして英語留学学校が集まる「ITパーク」の向かいにあり、高層ビルが立ち並ぶ都会的な場所。
食事に行くにも、遊びに出かけるにも非常に便利な場所にホテルがありました。
ITパーク

但しこの整備されたエリアをちょっと歩くと、トタン屋根の民家が連なる昔ながらの光景が広がります。
セブシティ

ホテルロビーの広さには驚かされました。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

ロビー階から一階降りた裏庭には、宿泊者は無料で使えるジムやプール。
水深が数段階に分かれたプールは、子供から大人まで楽しめます。(一番水深が深いプールは1.8m)
プールサイドでは有料でアルコールを飲むことが出来ます。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

一階にはレストラン街があり、ビッフェ、パン屋、イタリアン、韓国料理、カフェなど多彩。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

免税店やブランドショップ、そしてホテル内に入らず気軽に楽しめる人気のビュッフェも
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

今回取っていただいた部屋は、ちょっと広めの部屋。
浴槽の他、シャワーブースも完備。
館内はエアコンがギンギン効いていて、極楽極楽。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

6階の部屋でしたので、展望はいまいち。
建設中の高層ビルがここそこに見受けられました。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

前庭は、街中にいるのを忘れさせてくれる。
木々や草花が、きちんと管理されています。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

朝食はホテル内のビッフェ。
品数が多く選び甲斐、あり過ぎ。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

二日目の夜には、ロビー階にあるBARでカクテルを。
260ペソ(約600円)、日本の感覚だと安いですが、フィリピンだと超高額。
20時になると生演奏が始まり、大人の時間を過ごすことが出来ました。
ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

 | ホーム | 

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2100件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# カウンター(Visitor数)

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# 提携サイト(楽天)

# フリーエリア

# QRコード

QR

# 検索フォーム