栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# ドイツ酒場 ミュンヘン(宇都宮市)

大通り沿い宮島町十文字のバス停前。
2016年3月12日に「ドイツ酒場 ミュンヘン」がオープンしました。

ドイツ酒場というネーミングに惹かれ、ランチタイムにお邪魔することに。
ドイツ酒場 ミュンヘン

近くの会社員の方々でしょうか。多くのお客さんで賑わっていました。
満席で無理かと思っていると・・・。カウンター奥にも席があり、無事に着席。

あれ?案内してくれた方はもしかして。
ドイツの民芸衣装「ディアンドル」を来ている方は、アンドレアさんじゃ!?
そう、昨年まで宇都宮市竹林にあった「ドイツ料理 バテンザ」が、ここ大通りに移転オープンしたんです。

お店経営の傍ら、全国で行われるドイツフェステバルで引っ張りだこだったアンドレアさん。
慌ただしい日々にピリオッドを打ち、お店に注力しようと店名も一新したのだそうです。

ランチは何と750円(税別)~。
オープン記念で、ドイツ産生ビール6種類1杯200円(税別)で提供中。
2か月間(売り切れるまで)実施する予定で、アンドレアさんの予想ではゴールデンウィーク頃まで楽しんでもらえるかもと。
ドイツ酒場 ミュンヘン

昼間から飲んでいる方もいましたが、グッと我慢。
多くの人が食べている750円のCランチをお願いしよう~。

裏面を見ると、ランチタイムでも頼めるサイドメニューがビッチリ書き込まれてる。
ソーセージやマリネ、サラダ等々、種類も豊富。
せっかくなので数種類あるソーセージから、一品選んで追加注文。

まずはサラダ。
ハムがたっぷり乗ったサラダは木のボウルに。十分なボリューム。
ドイツ酒場 ミュンヘン

Cランチの本日のお肉料理は・・・「ポークのビール煮込み」。
来てビックリ!!これで750円でいいの?

しっとりと柔らかいポークがドーンと。
ポテトや野菜のトマト煮込みなども添えられています。
ドイツ酒場 ミュンヘン

男性の私だからでしょうか。ご飯もお皿に大盛。
嬉しい心配り。
ドイツ酒場 ミュンヘン

ここにドリンクも付いてこのお値段ですので、人気になるのはよくわかります。
ドイツ酒場 ミュンヘン

そして追加で注文した「フライシュケーゼ(皮なし焼きソーセージ)」480円(税別)
私が今まで思い描いていたソーセージとは、サイズが違う。ビックサイズ!!
昼間からでも飲みたくなる~。
ドイツ酒場 ミュンヘン

○「ドイツ酒場 ミュンヘン」
住所:宇都宮市大通り2-1-4
電話番号:028-680-6227
定休日:日曜日

営業時間:11時30分~14時30分(L.O14時)、17時~24時(L.O23時)
スポンサーサイト

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 茶房ともしび PLUS(壬生町)-3

食事とは胃袋だけじゃなく、心も満たしてくれるものだと改めて実感させられました。

休日ひとりで足を運んだのは壬生町、おもちゃのまち駅そばの「茶房 ともしび PLUS」。
閑静な住宅街にある昔ながらの喫茶店という風貌。独協医大生も多く通ったことでしょう。
茶房 ともしび PLUS

近所の憩いの場という存在だけでなく、私みたいに遠方からも通う人も多い。
食通が足を運ぶ、知る人ぞ知る名店です。

今回も一皿一皿思いを込めた料理を堪能し、いたく感動させて貰いました。
忙しく効率重視の殺伐とした風潮を忘れさせる・・・、ゆっくり流れる時間。
その時間も「ともしび」の魅力になっています。
茶房 ともしび PLUS

13時頃お邪魔するも満席。もちろんそれは想定内。
外のベンチに腰を掛け、春の陽気に包まれる。まるでピクニックに来たような気分。
茶房ともしびPLUS

席が空き、カウンター席に座らせて貰いました。
主婦と思われる女性のお客さんが多かったですが、仕事途中の会社員も。
最高の心のギアチェンジが出来たことでしょうね。
茶房 ともしび PLUS

ランチは種類豊富。
一度目はデミグラスハンバーグ、二度目は日替わり、そして今回はオムライスかカレーを頂こう。

長女がオムライス好きだったのを思い出し、お勧め出来るかどうか実際食べてみることに。
オムライスは二種類あり、しっかり包んだ通常の「オムライスランチ」950円(税込)を。
他には「とろりオムライスランチ」も用意されています。
茶房 ともしび PLUS

まずはサラダ。「大根の和風サラダ」
シャキシャキ新鮮、そしてボリュームもたっぷり。
カレーのサラダにはゆで卵が入っていたりと、メニューによって最適な具材に変えている様子。
なんて細かいこころくばり!
茶房 ともしび PLUS

本日のスープは「人参のポタージュ」
とろ~り濃厚。後味にかすかな人参の風味が鼻を抜けていきます。
茶房 ともしび PLUS

遂に登場。「オムライス」。
なんて美しいビジュアルなんだろう~。
思い描いく王道的なオムライスが目の前に。
茶房 ともしび PLUS

素揚げされた野菜がアクセントとして添えられています。
茶房 ともしび PLUS

舌の上でふんわり広がる卵の風味。オムレツの滑らかさに心もとろける。
中にはチキンライスが詰め込まれており、味はグッと抑えめでオムレツの美味しさを引き立たせています。
味の調整はかけられているケチャップでどうぞ。
こちらは酸味、塩気とも味が際立っており、味を変える役割を担っています。
茶房 ともしび PLUS

ドリンクはコーヒーOR紅茶OR本日のジュース。
本日のジュースは「バナナジュース」。
お客さんに出す前に一杯ずつミキサーで。
作りたてのバナナジュースは、美味しさと共に懐かしさが湧いてきました。
茶房 ともしび PLUS

ランチには+200円でデザートも付けらえます。
数種類から選べ、カスタードプリンを選択。

苦いカラメルにとろりクリーム。私の好みそのもの。完璧。
添えられているのはヨーグルトのシャーベット。
通常水っぽく感じるものですが、濃厚なヨーグルトの風味がそのまま詰まっていました。

帰宅後、長女に美味しいオムライスが食べてきたよと報告。
是非行ってみてと興奮気味に伝えました。
茶房 ともしび PLUS

○「茶房ともしび PLUS」
住所:壬生町幸町3-24-5
電話番号:0282-86-1635
定休日:月曜日、不定休あり

営業時間:11時30分~20時(ランチタイムは14時30分まで)
公式ブログ栃ナビHP
茶房ともしび PLUS

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# オギノラーメン(宇都宮市)

なぜかラーメンが続いているpoolです。

生まれも育ちも宇都宮。
そんな私のSOLEラーメンをブログで紹介していなかったのに気が付きました。

ということでこちらのお店。
ご存じ「オギノラーメン」です。
オギノラーメン

昭和23年創業。
戦後宇都宮の復興と共に宮っこの胃袋を支え続けてきたお店です。

今回お邪魔したのは街中、丸井裏手(古い表現でわかる人にはわかる)路地裏にあるこちらのお店。
学生時代によくお邪魔したのは東武馬車道通り(旧・東武一番通り)沿いのお店でした。(今はありません)
オギノラーメン

食欲そそるフードサンプル。
オギノラーメン570円、チャンポン620円。
麺類だけではありません。
あんみつ370円、ところてん300円、そしてクリームソーダー水390円も健在!!
オギノラーメン

まず会計して食券ならぬ「食チップ」と交換。
変わらないスタイルに、内心ニンマリ。

「お席はどちらでもどうぞ~」と白い三角巾を着用したお姉さまが、お水を持ってご案内。
「水は自由に」というスタイルのラーメン店ではなく、昔ながらの親切丁寧。少なくなれば注いでくれます。
オギノラーメン

注文したのは「五目チャンポン」780円(税込)。
学生時代は頼めなかった豪華版のチャンポンです。

イカ、エビ、メンマ、肉、そして野菜たっぷりのチャンポン界のチャンピオン。
でも長崎のちゃんぽんとは麺やスープは違います。
オギノラーメンのチャンポンを「宇都宮チャンポン」という人がいるくらい、確固とした存在感ある名物料理。
オギノラーメン

麺は細目。
少しとろみがあるスープに麺がよく絡みます。

野菜などの具材の旨味がよく出た醤油ベースのスープ。
ふわっと広がる甘さが昭和を感じさせ、懐かしくほっこりさせられました。なんて優しい味なんだ。
オギノラーメン

具材たっぷりで、麺を食べた後ももやしやニラ等の野菜がスープの中から続々。
この一杯に想い出も詰まってる・・・。
オギノラーメン

○「オギノラーメン」
住所:宇都宮市池上町2-10
電話番号:028-634-7939
定休日:月1回休み、月曜日は14時30分

営業時間:11時~21時
栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 中国料理 翠鳳(台東区)-7

午後から東京で会議。向かう途中で昼食を済ませよう~。

どこで食事しようか思案していると、一緒に行ったNさんが「駅前でラーメン半チャーハンはどうですか?」と。
それに乗った!!

上野駅で下車し、歩いてすぐのこちらのお店。
私がイメージしていたお店とは正反対。堂々の店構えです。

お店の名前は「中国料理 翠鳳」。
実は私自身何度もお邪魔していますが、ランチを頂くのは初。
中国料理 翠鳳

豪華な階段を降りて地下に。
平日だというのに、多くのお客さんで賑わっています。

高い天井には煌びやかなライト。
川も流れていて、宇都宮には無い豪華な室礼です。
中国料理 翠鳳

平日のランチメニューに目を通すと、千円台から用意されています。
会議の時間が迫っているので、三人とも「ふかひれそばセット」2160円(税込)を注文。
中国料理 翠鳳

チャイナドレスの美しい店員さん達ばかり。
昼間から楽園に来たような気分。

まずは半チャーハン。「蟹入りチャーハン」とはゴージャス。
中国料理 翠鳳

そしてラーメンは・・・「ふかひれそば」。
先ほどまでチャイナドレスの店員さんに見とれていたのに・・・。今ではふかひれそばに目が釘付け。
中国料理 翠鳳

とろとろ濃厚ふかひれスープ。
麺にスープが絡みつき、驚きの美味しさです。
もちろんスープも綺麗に飲み切りました。
中国料理 翠鳳

デザートには「杏仁豆腐」
中国料理 翠鳳

そして〆には美味しいコーヒーも付いてくる。
最初は高いかな?と思っていたラーメン半チャーハンセットですが、この満足感は半端ない。

「早めに配膳を」とお願いしたら、入店からの所要時間はなんと20分足らず。
至れり尽くせりで、最高のラーメンを食べさせていただきました。
中国料理 翠鳳

○「中国料亭 翠鳳」
住所:東京都台東区東上野3-18-7
電話番号:03-3832-8181
定休日:無休

営業時間:平日 11時30分~14時、17時~22時 
     土日祝 11時30分~14時30分、16時~21時(ラストオーダー)
公式HP食べログHP

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

# すし・和食 久(宇都宮市)-16

四月から社会人になる長女。
私と休みが合わないので、一緒にランチに行くのは今後難しくなりそう・・・。

残りわずか、またとない貴重な機会が訪れた。
一緒に行ったのはユニオン通りにある「すし・和食 久」。
すし・和食 久

運よく席が空いていました。
カウンター席に並んで座り、おまかせ一人前1500円(税込)を。
まずはサラダ。ドレッシングに金山寺味噌が加えられ、ほんのり甘味が。
すし・和食 久

「三重のハタ」
すし・和食 久

「北海道のやりいか」
すし・和食 久

「ミナミマグロ」
すし・和食 久

「つぶがい」
すし・和食 久

「エビ」
一貫一貫丁寧に握り目の前に。
美味しくなれ!という想いを込めて一貫入魂。
すし・和食 久

「鶏ゴボウのお吸い物」
長女に「熱いので、ゆっくり冷めてからどうぞ」と看板娘さん。
猫舌だというのを覚えてくれていたと、長女は嬉しそう~。
すし・和食 久

「玉」
すし・和食 久

「北海道のホッケ」
脂がのった生ホッケ。長女にはサーモンを握ってくれたご主人。
サーモン好きだというのを覚えてくれていたと、長女は嬉しそう~。
すし・和食 久

「大分のアジ」
すし・和食 久

「いくら」
すし・和食 久

「かっぱ巻き」
約半年ぶりにお邪魔した長女。
その時の様子を記憶し、最善を尽くしてくださった店主と看板娘さんに大いに驚かされた様子。

バイトとして「動く」のと、社会人として「働く」ことの違い。
そのことに気が付いた様子。

これからお逢いするすべての人は社会人の先輩。
たくさんのことを学ばせていただき、成長して行って欲しいです。
すし・和食 久

○「すし・和食 久」
住所:宇都宮市西1-4-7
電話番号:028-612-1951
定休日:月1~2回の不定休

営業時間:12時~15時、18時~
公式HP
すし・和食 久

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2000件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# カウンター(Visitor数)

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム