栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 香港島に

日産エルグランドに乗せて貰い、朝から市内観光へ。

以前香港に来たときには、大型バスに乗せられショッピングに連れ回されたことくらいしか記憶に無い。
まともに観光をしたことが無いかも。

昔の記憶をたどりながらの新鮮な旅になりました。

まずは対岸の香港島へ。
大型台風が襲われることがあるせいで、トンネルで行き来出来るようになっているのですが・・・。

建築当時の予想を遙かに超える車の増加で大渋滞。
数車線合った道路が二車線になるのですから、強気のドライバーはグイグイと割り込んできます。

あっ、リアガラスが粉々に壊れたベンツが横を通っていく。
事故も多いようですが、止まると渋滞に拍車がかかるとのことで、そのまま前へ前へ。
トンネルを出たところで交渉を始めるんだそうです。合理的と言うべきか。

香港の大富豪達が住むエリアを抜け、香港島に一番南端「スタンレー」へ。
中国名は「赤柱」。泥棒の隠れ家という意味なんだそうです。

以前は香港最大の漁港として栄え、イギリスが香港入植が始まった当時は一番賑わった場所だったとのこと。
ですので、欧米のビーチリゾートに降り立ったような空気が街全体に漂っています。
香港島へ

ウォーターフロントには・・・
香港島へ

海を見ながらテラス席で一杯。
最高の休日が過ごせそう~。

スタンレーマーケットで買い物をする欧米人の観光客も多く見かけました。
香港島へ

数年前に整備された海沿いにある「スタンレー・ウォーターフロント・マート」。
海がない県に住んでいるので、海風が気持ちいい~。
香港島へ

歩くと小さなお社を発見。
香港島へ

地元の人の動作を真似して、お線香をお供えしました。
香港島へ

海に生きる人達の安全を見守ってこられたんでしょうね。
香港島へ

スタンレーを後にし、来た道を戻ります。
次に立ち寄ったのは、1955年のハリウッド映画「慕情」で有名になった「レパルスベイ」。

女医ハン・スーインの自伝小説を映画化したもので、香港が舞台。
香港島へ

海を見下ろすように、高級な邸宅(ジャッキーチェーンの家もあるらしい)などが建ち並んでいます。
そんなビーチリゾート地を思わせる風景とは一線を画す建物が・・・「天后廟」
香港島へ

御利益があるようで、台湾から来た観光客が熱心にお参りしている姿が印象的でした。
香港島へ

カラフルな像が所狭しと立ち並んでいます。
鯉像の口にコインを投げ込もうとする若い女性(どんな御利益があるのかわかりませんが)、「5枚千円」と声をかけてくる物売りの人達。異国情調を満喫させて貰いました。
香港島へ

次は香港島の北岸を東西に走る「トラム」に乗り込むことに。
バス同様、こちらの路面電車も何と二階建て。
香港島へ

乗り込むと今は利用していない古いハンドルが。
香港島へ

さて細い階段を登り二階席へ。
ひとつひとつの椅子が小さめに作られています。欧米人だと苦労しそうなサイズ。
香港島へ

やはり上からの眺めは最高。街がよく見渡せます。
おっ、ハッピーバレー競馬場だ。高層マンションに囲まれるように、芝生の空間がポッカリ開いています。

ゆっくり走るトラム。ここだけは高速に動く現在の香港のスピードとは別世界。
降りるときに、2.3香港ドル(23円)支払ってトラムともさよなら。
香港島へ

そして香港島ともサヨナラするときが。
行きは海底トンネルを潜って車で上陸しましたが、帰りはスターフェリーに乗って。

香港島と九龍半島を結ぶフェリー。大勢の市民が利用していました。
片道5分程度。料金は2.5香港ドル(25円)とお安い!!

乗り込むときに何気なく海を見ていると、小さな船がゴミを回収中。
こういう活動のお陰で、綺麗なビクトリア湾を作っているんですね。
香港島へ

こちらのフェリーも二階建て。
昔は欧米人のみが二階部分を利用できたんだそうです。現在は普通に人は二階、大きな荷物等は一階部分に。
香港島へ

香港島の船着き場からは、マカオ行きの船が出航する所でした。
香港島へ

ちょっとした船での旅行。
普段経験できないことを体験できる・・・やはり旅って面白い!!
香港島へ
スポンサーサイト

# ホテル日航香港

今回泊まらせて貰ったホテルは、尖沙咀の東端にある「ホテル日航香港」。
周囲には様々な施設・飲食・お店があり、非常に便利でした。
ホテル日航香港

目の前には免税店があり、大陸から来た中国団体客を乗せたバスが次々と。
買い物に興味が無い人達が早めにお店の外に出るので、時間によって歩道は中国人で埋め尽くされることも。
ホテル日航香港

ロビーはコンパクトにまとまっていて、ホテル内で迷うようなことは皆無でした。
ホテル日航香港

宿泊させて貰ったのは四階の角部屋。
最近改装したとのことで、綺麗な部屋でした。
ホテル日航香港

ベットルームはお隣は居間として使用。ひとりで利用するのは勿体ないくらい。
色んな人達との交流の場として活躍して貰いました。

ある日は大人数で、ある日は男性と二人きりで・・・(変なことはないですよ^^;
ホテル日航香港

窓からはビクトリア湾が一望できました。
ホテル日航香港

さて明日も早いので、今晩は早めに寝ましょう~。
ホテル日航香港

# オープントップバス

香港ではバスやトラムは二階建て。
高いビルに囲まれた道路を走る姿は格好いい!!

香港観光というと、二階建てバスの天井を取っ払った形のオープントップバスが有名。
食事の後は、オープントップバスに乗って市内を行脚することになりました。
オープントップバス

細い階段を上り二階席へ。
今まで見ていた風景と違う~。人混みは見えず、まるで香港をひとりで独占したような気分。
オープントップバス

上から見るとこういう構造。
二階部分には手すりしかない状況ですので、日本では許可降りないでしょうね。
オープントップバス

次々とバスが集結。
乗っているだけで、なぜか楽しい~。
オープントップバス

出発進行!!
手を伸ばせば届きそうな看板達。その中をバスが疾走します。夜風が気持ちいい!!
オープントップバス

窓や天井が無いので、見上げると巨大高層ビルが視界一杯に。
オープントップバス

本当ならこのバスは夜の女人街で降りることになっていたのですが、誰も降りようという人はいずそのままホテルまで直行することになりました。

みんなバスがこんなに好きだったのか・・・初めて知りました。
オープントップバス

# 上海小南国(北京道一号ビル10F)

香港は一方通行が多く、バスやタクシーを使っていると右へ左へと方向を変え、旅行者にはどの辺を走っているのかサッパリわからない・・・。

この日連れて行かれたのは北京道といわれる場所。
周囲には様々なブランドショップの巨大看板が掲げられいる所を見ると、相当の繁華街のよう・・・。

帰国後調べたら、ペニンシュラホテルのすぐ北側に位置し、両替商密集エリアなんだそうです。
ホテル日航香港から歩いて10分もせずに到着出来た場所だったんですね。
上海小南国(北京道一号ビル10F)

北京道一號(One Peking Road)というビルの10階がこの日の夕食会場。
見上げるだけで首が痛くなる・・・^^
上海小南国(北京道一号ビル10F)

エレベーターを降りるとすぐ「上海小南国」の入口。
高級感漂います。
上海小南国(北京道一号ビル10F)

窓からはビクトリア湾が一望できました。
時間を増すごとに、夜景が美しく輝きだして来ます。
上海小南国(北京道一号ビル10F)

バーカウンターや個室も完備。
デートなどの他、接待などでも使われるんでしょうね。
上海小南国(北京道一号ビル10F)

いざディナータイムのスタート。
次々出てくるお料理に対応出来ず、口に出来なかったモノも多数・・・。
日本では早食いの部類に入る私ですが、香港人には敵わないということがよ~くわかりました。

まずは冷たい前菜
「特製上海麩の醤油煮」
上海小南国(北京道一号ビル10F)

「ピーマンとキクラゲのわさびソースがけ」
上海小南国(北京道一号ビル10F)

「クラゲわの香酢和え」
上海小南国(北京道一号ビル10F)

「鴨の上海タレ風味」
上海小南国(北京道一号ビル10F)

「野菜の中華湯葉巻き」
上海小南国(北京道一号ビル10F)

「骨付き豚肉の甘酢ソース」
上海小南国(北京道一号ビル10F)

スープ「鶏細切りとフカヒレの煮込み」
上海小南国(北京道一号ビル10F)

メイン料理
「野生海老の塩」
上海小南国

「ハタ」料理(フィレの野菜炒め)
上海小南国

「豚バラ肉とマッシュルームの煮込み」
上海小南国

「マーボー豆腐」
上海小南国

「野菜炒め」
上海小南国

「干し貝柱と卵白の炒飯」
上海小南国

点心「小籠包」
上海小南国

デザート「五福臨門」
上海小南国

会話を満喫させて貰ったお陰で、ほとんど食べた記憶がない・・・。
写真に収められただけ、幸いと思うべきなんでしょうね。

途中特別のショーが行われました。
何か登場してきたぞ!!
上海小南国

有名なライオンダンス。
清の時代に確立された踊りで、福を招き入れ邪悪を蹴散らす縁起が良いモノ。
鐘やドラムの演奏と共に、前足1人、後ろ足1人の計2名がドラゴンの中に入っています。

最後はお酒を飲ませ、暴れ狂っていたライオンはぐっすりお休みを。
上海小南国

また窓からは毎晩20時から13分間開催される「シンフォニー・オブ・ライツ」が見ることが。
対岸の高層ビルからサーチライトが放たれ、幻想的な風景を楽しむことが出来ました。
上海小南国

# 豊明苑粉麺焼腊茶餐廳(香港)

朝の散策も終わり、宿泊しているホテル近くまで帰って来ました。
市政局百周年記念公園がある周辺には、たくさんの飲食店が店を並べていました。
豊明苑粉麺焼腊茶餐廳

ちょっと早めの昼食を頂こう~。
大勢のお客さんで賑わう一軒のお店が目に留まりました。「豊明苑粉麺焼腊茶餐廳」。

茶餐廳とは大衆食堂というような意味。いざお店に入ってみよう~。
豊明苑粉麺焼腊茶餐廳

テラス席も大勢いましたが、中もお客さんで大賑わい。
周囲を見渡すと、さきほどの青空市場の肉屋で見かけた光景を思い出されました。
豊明苑粉麺焼腊茶餐廳

メニューはテーブルに。小さな文字でビッチリ書かれている~。
何が何だかわからない・・・。全部値段が「元」だ。元持ってないぞ!!
豊明苑粉麺焼腊茶餐廳

そんな不安そうな顔をしていたら、日本語で書かれたメニューを持ってきてくれました。
ラーメンだけでも凄い種類が列挙されているではないですか。
豊明苑粉麺焼腊茶餐廳

Aさんは「肉入りラーメン大椀」44香港ドル(440円)
豊明苑粉麺焼腊茶餐廳

Bさんは「牛肚入りラーメン大椀」44香港ドル(440円)
どちらも肉の存在感が半端無い。麺は細麺でたっぷり入っていました。
豊明苑粉麺焼腊茶餐廳

私は「肉入り炒飯」68香港ドル(680円)
これひとり分??と目を疑うほどの大盛り。味は意外とあっさり系で途中飽きてきたので激辛のラー油を加えて。
豊明苑粉麺焼腊茶餐廳

「とりの足のからあげ」60香港ドル(600円)はみんなで。
イヤー食べた食べた!!このお店もさほど待つことなく、料理が速攻で運ばれて来ました。
さて・・・と思うまもなく、お店の人が会計のため後ろでスタンバイ。いや~スピードが違います。
豊明苑粉麺焼腊茶餐廳

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2100件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# カウンター(Visitor数)携帯NOカウント

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム