栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 一八<ARAKAWA>(宇都宮市)-3

宇都宮の繁華街、オリオン通りから路地に入ってすぐ。
ネオンも輝くこの街に、ひっそりと佇む一軒の日本料理店。

「御りょうり荒川」が、「割烹 一八」の場所に移転。
店名を「一八<ARAKAWA>」に改めてから、4月で三周年を迎えます。
一八<ARAKAWA>

今回使わせて貰ったのは新館。
カウンター席とテーブル席。
まるで京都の料理屋さんに来たような気分。
一八<ARAKAWA>

ご主人と会話を楽しみながら、確かな仕事ぶりを間近で見ることが出来ました。
包丁を持つ姿は、美しい~。
一八<ARAKAWA>

今回お願いしたのは会席コース「月」7000円(すべて税別)
お昼は3000円で「松花堂弁当」を頂くことが出来ます。
一八<ARAKAWA>

早速料理を頂くことに。
「前菜」
蛍烏賊や蕗という旬の食材、かんぴょうという郷土の食材が、見事な料理に変身。
食材の良さと確かな腕を感じさせてくれました。
一八<ARAKAWA>

「お椀」
ハマグリの潮汁。スッキリとした綺麗な旨味がたまらない。
一八<ARAKAWA>

「お造り」
平目、インドマグロ、赤貝、甘海老。竹の子の皮を皿がわりに。
一八<ARAKAWA>

「凌ぎ」
お稲荷さんの桜蒸し。お稲荷さんを桜の葉に包み蒸しあげた一品。
桜の香り、しっとりとした食感、ほのかに甘い味わい、すべて感動もの。初めて頂く料理でした。
一八<ARAKAWA>

「焼物」
甘鯛の鱗焼き。自家製のわさび漬けを添えて。
パリパリとした皮にふっくらとした身。美味しいだけでなく、楽しさも与えてくれます。
一八<ARAKAWA>

「強肴」
京都山城の竹の子。エグミは皆無
今年は成長が遅く竹の子が高騰しているとニュースで見たばかり。初物を頂く・・・幸せです。
一八<ARAKAWA>

「強肴2」
平目のワタ、イカの沖漬け
お酒の肴にピッタリ。
一八<ARAKAWA>

この日は大分出身の方がいたので、ビールの後は「大分麦焼酎・二階堂」
一八<ARAKAWA>

「煮物」
ニシンと竹の子の炊き合わせ。
一八<ARAKAWA>

「 御食事」
蒸し寿司、しじみ汁
先ほどの煮物付近から、カメラのピントが大甘になってまいりました。
これはカメラが悪いのではなく、私の目のピントがぼやけて来たということ。麦焼酎恐るべし。
一八<ARAKAWA>

「デザート」
そしてなぜかデザートでピントがドンピシャリ。デコポンととちおとめのデザートです。
美味しい料理の数々、非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。
ご主人の荒川さん、スタッフの皆さん、大変お世話になりました。
一八<ARAKAWA>

○「一八<ARAKAWA>」
住所:宇都宮市江野町3-3
電話番号:028-632-6101
定休日:月曜日

営業時間:11時30分~14時、17時~21時
ぐるなびHP栃ナビHP
一八<ARAKAWA>
スポンサーサイト

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 味問屋 明日香 宇都宮店(宇都宮市)-5

お祝いの席。
宇都宮記念病院北側にある「味問屋 明日香 宇都宮店」にお邪魔しました。
味問屋 明日香 宇都宮店

ここは大きな生け簀があるお店。
栃木県に唯一ある水族館「なかがわ水遊園」は、淡水魚メインの水族館。(あこがれの海コーナーに、海水魚も居ます)
まさに海が無い栃木県民としては、たくさんの種類の海の魚達が見られる貴重なお店です。

玄関を入ると、たくさんの蟹が手をふってお出迎え。
味問屋 明日香 宇都宮店

生け簀を囲むように席が設けられています。
子供達なら、料理より泳ぐ魚たちに目が行ってしまいそう。
味問屋 明日香 宇都宮店

タイやヒラメ、ふぐなどと共に・・・。
「ホウボウ」発見!!
味問屋 明日香 宇都宮店

「クエ」もいる!!
私が一番楽しんでいるみたい。
味問屋 明日香 宇都宮店

生け簀がある場所から奥に入った個室を使わせて貰いました。
味問屋 明日香 宇都宮店

お願いしたのは「楓コース」5500円。
おめでたい鯛をメインに、桜を随所に取り込んだ春らしいコース料理でした。

「春野菜の炊き合わせ 橙のジュレ」
味問屋 明日香 宇都宮店

「サーモンの手毬寿司 桜の葉巻き」「ふきのとう、百合根、海老、蛍烏賊」「白魚、タコの桜煮、百合根」
味問屋 明日香 宇都宮店

「鯛の薄造り」
味問屋 明日香 宇都宮店

たまり醤油、ポン酢の他、葉に巻きコチュジャンで頂くのも美味しい。
味問屋 明日香 宇都宮店

「煮物」ぜんまい、桜餅や桜鯛を使った春めいた煮物
味問屋 明日香 宇都宮店

「焼き物」ズワイガニと竹の子のグリル
味問屋 明日香 宇都宮店

「椀物」。牛しぐれ、飛竜頭
味問屋 明日香 宇都宮店

日本酒は三合を頼むと、竹の筒に入れて。
澤姫や四季桜・・・栃木の酒を楽しませて貰いました。
味問屋 明日香 宇都宮店

土鍋で炊いた鯛めしの登場です。
味問屋 明日香 宇都宮店

もちろん鯛のカシラを綺麗にほぐして・・・。
味問屋 明日香 宇都宮店

これが絶品で、ご飯が進む進む
味問屋 明日香 宇都宮店

〆は、はるかという品種のみかんのジュレ。
はるかの甘さ、イチゴの酸味が実に美味しい~。
味問屋 明日香 宇都宮店

〇「味問屋 明日香 宇都宮店」
住所:宇都宮市仲町3-12
電話番号:028-643-1917
定休日:無休(年末年始は除く)

営業時間:11時30分~15時、17時~22時
公式HP栃ナビHPホットペッパーHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# うな亭(宇都宮市)Part2

「うなぎを食す」
まさに大人の贅沢。

昼間、大人七名で「うな亭」の暖簾をくぐりました。
宇都宮市役所近く、いちょう通り沿いにある老舗の鰻屋さん。

換気扇の前で一旦足が止まる。
この下に居るだけで、ご飯が進むこと間違いなし。
うな亭

黙々と鰻を焼いている料理人さん。
そこにいるだけで絵になります。
うな亭

早速鰻を注文しよう~。
明快な「献立」。無印か上か特上か。
「しらやき」と「焼き鳥」で、お酒が飲みたい!!という心の叫びは、胸にしまっておこう。
うな亭

悩んだ挙句、「上 うな重」3300円を注文。
真ん中を選ぶとは、日本人ぽい。

早々に「上 うな重」が登場。
ふたを開ける瞬間・・・鼓動が高まる。
うな亭

待て。
心を落ち着かせるために「香の物」をパクリ。
うな亭

「肝吸い」でリラックス。
うな亭

では、いざ!!
立ち上る香りにクラッ。
うなぎの照りにクラッ。
横、横、縦。三枚というトリプルアタックにクラッ。
そしてとろける旨さにクラッ。

七名会話が一切なく、黙々と一心不乱にうな重にかぶりつく。
いや~美味しかった、ご馳走様~。
うな亭

○「うな亭」
住所:宇都宮市中央2-2-3
電話番号:028-635-5802
定休日:日曜日、祝日

営業時間:11時~14時、17時~21時
食べログHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2000件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# カウンター(Visitor数)

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム