FC2ブログ

栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 太平山 とちぎ あじさいまつり2018

太平山県立自然公園にて「太平山 とちぎ あじさいまつり」が2018年6月15日(金)~7月1日(日)の期間開催されています。ブログを見返すと、11年ぶり。

休日、久しぶりに朝から気持ちいい青空が広がっていたので、朝食を済ませてすぐに家を飛び出しました。
太平山 とちぎ あじさいまつり

ナビの設定は、「栃木市平井町681」。
あじさい坂駐車場に案内してくれます。
「あじさいまつり」開催中は「有料」。(大曲駐車場は無料 )平日300円、土日500円となっています。
太平山 とちぎ あじさいまつり

あじさいを愛でながら、太平山神社を目指そう~。
9時前ということで、行き交う人はまだ少ない。写真を撮りながらのんびり行こう。
太平山 とちぎ あじさいまつり

約千段の石段。両脇に約2500株のあじさいが植えられています。
このあじさいは、1974年にライオンズクラブが植樹したのが始まり。
太平山 とちぎ あじさいまつり

太平山で産出する石を使い「のづか積み」という技法で作られた石段。
緩やかな勾配で、非常に楽に登れました。
太平山 とちぎ あじさいまつり

西洋あじさいをはじめ、額あじさい、山あじさいなど多彩なあじさいが植えられ、飽きることはありません。
太平山 とちぎ あじさいまつり

途中、手水舎で一休み。
キラキラと光る水面に、心が洗われる思いです。
太平山 とちぎ あじさいまつり

11年前は太平山神社にたどり着くまで、結構大変だった記憶があるのに・・・。
なんて快調なんだ!!体力が若返ったのかも!

と、思いきや、この看板以降、石段がキツくなり・・・。
太平山 とちぎ あじさいまつり

踊り場に着いては一休み。
「美しいあじさいを愛でるついでに休んでる」と自分に言い訳しながら。
太平山 とちぎ あじさいまつり

気温が上がってきて、じんわり額に汗が。
でも美しい花を見て目が癒やされて、苦ではない。
太平山 とちぎ あじさいまつり

太平山神社に到着。
早速、日頃の加護に感謝を。(お礼をするだけで、願はかけないようにしている)
太平山 とちぎ あじさいまつり

展望台に向かおう~。
まだ時間が早かったので、「山田屋」「亀屋」は準備中。
太平山 とちぎ あじさいまつり

パッと視界が開け、関東平野が一望に。
富士山は見えませんでしたが、遠く筑波山は確認できました。
太平山 とちぎ あじさいまつり

展望台周辺は休憩所になっています。
自動販売機は通常の値段。観光地価格ではなく嬉しい限り。
太平山 とちぎ あじさいまつり

そうこうしているうちに、「亀屋」さんがお店を開いた!!
「ラムネ」150円(税込)を購入。山を駆け上がる風が心地良い!!

本来は太平山名物、「玉子焼」「焼き鳥」「だんご」を頂きたいところ。
準備中ですので、ラムネで十分。
太平山 とちぎ あじさいまつり

下山の段になり心の余裕も出来たことから、上りより周囲の風景を楽しむことが出来ました。
太平山 とちぎ あじさいまつり

朝方までの雨を抱えたあじさい。
太平山 とちぎ あじさいまつり

江戸末期、栃木市を焼いた「水戸天狗党の本陣」。
感慨深い。
太平山 とちぎ あじさいまつり

準備中だった「あじさい茶屋」が営業開始。
太平山 とちぎ あじさいまつり

ゆっくり、ゆっくり。
急がずに、周囲の風景を楽しみながら登っていかれて下さい。
太平山 とちぎ あじさいまつり

上りでは無視した、パワースポットの「太平山弁才天 窟神社」にもお参り。
太平山 とちぎ あじさいまつり

SNS時代を象徴するように、あじさいで作られた「花冠」や「ブーケ」が置かれ自由に写真が撮れるコーナーが。
見知らぬお姉さまから、写真を撮ってくれるよう依頼が。嬉しそうな表情を写真に収めることが出来ました。
太平山 とちぎ あじさいまつり

あじさいの開花が例年より早めだという観光協会の方。
「あじさいまつり」は7月1日まで開催しますが、早めにお越しくださいとのこと。
太平山 とちぎ あじさいまつり

カメラ片手の若い女性客も多く見かけましたよ。
太平山 とちぎ あじさいまつり

○「太平山 とちぎ あじさいまつり2018」
栃木市観光協会公式HP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 東高野山 医王寺(鹿沼市)

宮入そば」に行く途中、気になる建物を見かけました。

樹齢感じる木々たちより、頭一つ抜け出して建つ茅葺屋根の建物。
お蕎麦を頂いた帰りに、寄らせて貰いました。

「東高野山 医王寺」。
765年、勝道上人によって開山したお寺とのこと。
東高野山 医王寺

長くなだらかな上り坂。
薬師坂と呼ばれる参道をゆっくりゆっくりと登っていく。
東高野山 医王寺

仁王堂をくぐって中に。
1665年に再興されたと言われる「金堂」が見えてきました。
東高野山 医王寺

この建物が、最初に目に飛び込んできた茅葺屋根の建物。
江戸時代の建物で、境内にある建物の多くは栃木県指定有形文化財に指定されています。
東高野山 医王寺

私が小さな頃は、茅葺屋根の家をよく目にしたものですが・・・。
今では目にするのも珍しい貴重な建物。それもこれほど風格あるお寺が近くにあったとは・・・。
東高野山 医王寺

「唐門」
まるで陽明門のように飾りが施されている。
見学しているのは私だけ。独占させて貰い、申し訳ない気分に。
東高野山 医王寺

「弘法大師堂」と「地蔵堂」
東高野山 医王寺

「講堂」
東高野山 医王寺

「客殿」
東高野山 医王寺
東高野山 医王寺

素晴らしいお寺を巡り会えました。
幸せな日々に、感謝です。
東高野山 医王寺

○「東高野山 医王寺」
住所:鹿沼市北半田1250
電話番号:0289-75-2399

公式HP公式ブログ栃ナビHP
東高野山 医王寺

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 日光山温泉寺(日光市)

そういう年齢になったのか・・・。

仕事休みに温泉に通うようになりました。
これで三週連続。

この日は奥日光湯元温泉にある「日光山温泉寺」を目指して車を走らせました。
全国でも珍しい、日帰り温泉施設があるお寺。
冬期は閉めており、4月には開いているはず・・・。

戦場ヶ原を通り抜け、湯ノ湖に。道路には雪は無く、スイスイ車を走らせる。

昨年の今頃はまだ寒く結氷していた湯ノ湖ですが、氷はなくすでに春の装い。
半袖Tシャツの外国人が、湖畔設置されたイスに腰かけ寛いでいる。
日光山温泉寺

無料駐車場周辺には、除雪時に積み重ねられた雪。
初夏から冬に逆戻りした気分。

しかしこの日の気温は17度。
ゆっくりと雪が溶けていく様子が伺えました。
日光山温泉寺

「日光山温泉寺」の入口が見えて来た。
世界遺産になっている「日光山輪王寺」の別院。

日光を開山した「勝道上人」が788年に温泉を発見、薬師瑠璃光如来様をお祀りしたのが始まりのお寺。
石灯篭が奥へと促してくれています。
日光山温泉寺

少し歩くと、本堂や鐘が。
ここが「日光山温泉寺」。
日光山温泉寺

本堂に近づき、引き戸を開けてみようとしましたら・・・閉まってる。
別棟の窓は、雨戸が閉められていて人の気配も無し。

改めて公式HPを見たら、期間は4月中旬~11月下旬と書いてありました。
私が来たのが少し早かったみたい。
初夏のような気候になったので、早とちりしちゃいました。
日光山温泉寺

建物の奥に回り、入浴施設だろう建物をパチリ。
換気用に開けられた窓から、温泉の硫黄の香りが漂ってくる~。

猫が日陰なのに、建物に寄り添うように丸まり暖を取っていました。
温泉で建物自体が温かいのでしょう。
日光山温泉寺

この温泉寺の真横が、奥日光湯元温泉の泉源地。
周辺は湯ノ平湿原と呼ばれ、遊歩道が設置されています。

温泉には入れませんでしたが、周辺を散策してから家路に着くことに。
日光山温泉寺

歩いて行くと、「泉源」発見。
日光山温泉寺

近づくと硫黄の香りが強くなってきます。
パイプが引かれており、周辺の宿に繋がっている様子。
日光山温泉寺

覗いてみると、滾々と温泉が湧きだす様子が伺えました。
日光山温泉寺

湯ノ湖付近はまだ観光客も少なく、春到来を心待ちにしているみたい。
近くの山々には雪が残り、アルプスにでも来たような気分にさせて貰いました。(行ったことはありませんが・・・苦笑)
日光山温泉寺

〇「日光山温泉寺」
公式HP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」を。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2300件、ブログ記事は4900件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# カウンター(Visitor数)

# カウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# 最新記事

# カテゴリ

# 月別アーカイブ

# カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア(楽天)

# フリーエリア

# QRコード

QR

# 検索フォーム