FC2ブログ

栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# ミハシカフェ(宇都宮市)-35

イルミネーションが輝いている。街には多くの人々。
例年以上に宇都宮は、師走の賑わいを見せています。

街なか、みはし通りにある「ミハシカフェ」。
この日は予約のお客さんで満員御礼でした。
ミハシカフェ

私達は二階の個室。(要予約)
隠れ家のように落ち着いて食事に会話にと楽しむことが出来ました。
ミハシカフェ

冬の「ミハシカフェ」と言えば、ジビエ。
狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣が頂けます。
檻の中で飼育された食用の鳥獣とは違い、溢れんばかりの生命力を頂けます。
ミハシカフェ

この日は、蝦夷鹿、山鶉、山鳩、そして・・・ひぐま!!
ひぐまと言えば、これ!!
北海道土産「木彫りの熊の置物」(逆襲バージョン)
ミハシカフェ

おっと、迫力半減。
獰猛そうなひぐまのイラストが、玄関に飾られていました。
ミハシカフェ

コース料理は五千円~。
まずは「北海道、真鱈の白子フリット」からスタート。
会話が盛り上がり、詳細な味わいレポートをメモしなかったので簡単に写真でご紹介。
ミハシカフェ

「根菜類のサラダ仕立て」
帆立とトリュフが上に。
ミハシカフェ

パンはおかわりOK
ミハシカフェ

ワインを頂きながら
ミハシカフェ

「ズワイガニのリゾット」
レモン風味でサッパリと頂けました。
ミハシカフェ

「ひぐまのパイ包み ペリグーソース」
ミハシカフェ

「蝦夷鹿 赤ワインソース」
ミハシカフェ

「山鶉 グリーンペッパーソース」
命を頂き、力が湧いてくるようです。
ミハシカフェ

「オレンジのシブースト」
ミハシカフェ

エスプレッソで〆。
例年通り年末年始営業する「ミハシカフェ」。
以前二荒山神社に初詣の帰りに、寄らせて貰ったのをよく覚えています。
そのかわり、2018年1月4日(木)~1月9日(火)までお休みになります。
ミハシカフェ

○「MIHASHI CAFE(ミハシカフェ)」
住所:宇都宮市中央5-1-20
電話番号:028-635-0808
定休日:火曜日・第一・三月曜日、年始休暇2018/1/4~1/9

営業時間:11時~14時、18時~22時
栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# ミハシカフェ(宇都宮市)-34

末娘と街中でランチ。
その前に釜川で4月9日までやっている「かまがわ川床桜まつり」を覗いて行こう~。

釜川の「御橋」から「出雲橋」の区間、川に川床を設置し、しだれ桜を川底から見えげて楽しもうという試み。
もちろん川床が撤去されてからも、川沿いの桜を楽しめます。
かまがわ川床桜まつり

御橋からみはし通りを南に進んですぐ、「ミハシカフェ」にお邪魔しました。
末娘とお邪魔するのは久しぶり。
ミハシカフェ

店内に暖かな春の日差しが注ぎ込む。
光自体、うっすらと花の香を纏っているみたい。
ミハシカフェ

12時になると、あっという間に満席状態に。
温かくなり、そぞろ歩きをしながら外食を楽しむ人が多くなってきたのでしょうか。

ランチは1500円(税別)
前菜、メイン料理、デザート、ドリンクをそれぞれ数種類からチョイスすることが出来ます。
ミハシカフェ

娘は「アジのカルパッチョ」
ソース、クスクス、アジのカルパッチョ、サラダの多層構造。
ミハシカフェ

私は「宇都宮産グリーンアスパラ」
シャキシャキとした歯ごたえ。
まだ細いアスパラですが、汁がジュワッとあふれ出す。
ミハシカフェ

熱々のパンはお代わりOK。
ミハシカフェ

温野菜。
十種類以上の野菜が彩り豊かに温野菜として登場。
食材の甘味、酸味、苦みが綺麗に、そして優しく頂ける。
ミハシカフェ

娘のメイン料理
「アンガス牛のステーキ」+500円
モチッとした弾力が凄い。噛むほどに旨味が溢れだしてきます。
柔らかく脂肪分が多いお肉が多いご時世では、嬉しい一皿。
こういうお肉を嬉しそうに食べられるようになったのかと、娘の成長にビックリ。
ミハシカフェ

私は本日の魚料理「サワラのポワレ」。
魚偏に春と書いて鰆。
今の気分にピッタリなメイン料理。
ミハシカフェ

デザート、「チョコレートのムース」
以前食べたことがありますが、すごーく濃厚なんですよね。
ミハシカフェ

私は「ティラミス」
ふわっとした口どけです。
ミハシカフェ

ドリンク、娘は「テペスカ」。イタリアの桃の紅茶。
私は「カプチーノ」。久しぶりに娘と二人きりのデート。

嬉しくなって、食後久しぶりにパルコ宇都宮店へ。
オープンして20年経つんですね。
最上階のレストラン街が無くなって、エステなどのサロンばかりになっていて驚かされました。
ミハシカフェ

○「MIHASHI CAFE(ミハシカフェ)」
住所:宇都宮市中央5-1-20
電話番号:028-635-0808
定休日:火曜日・第一・三月曜日

営業時間:11時~14時、18時~22時
栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# ミハシカフェ(宇都宮市)-33

二荒山神社から南、城址公園方向へ。
朱色の御橋(みはし)を渡って左手にあるのが、「ミハシカフェ」。

まさにフランスのカフェを思わせるお洒落なお店で、昼からワインを楽しめるんです。
先日バスで街中に行ったとき、頭に浮かんだ時にはすでに東武百貨店そばにいました。

ということでリベンジ!!
でもお酒を飲めない状況でしたので、食事だけも楽しませて貰おう~。
ミハシカフェ

ドアを開けるとさすが人気店。
テーブル席はほぼ埋まっていて、カウンター席に座らせて貰いました。
おっ!オーパスワンや、1966年の年代物のワインが。
ご主人はソムリエであり、チーズプロフェッショナルの資格者。飲みたいのをグッと我慢。
ミハシカフェ

ランチは1500円(税別)
前菜、メイン、デザート、ドリンクが数種類から選べます。

前菜は「イカのフリット」を。
ふんわり優しくフリットされたイカ。そこにクスクスが繊細さを演出。ピリ辛の味付けでワインに合う。
ミハシカフェ

パンはお代わりOK。
一個目は前菜と共に・・・。
ミハシカフェ

ミハシカフェのランチと言えば「温野菜」。
冷房で体が冷えてしまったという女子には、たまらない一品になるはず。
体の中から野菜の優しい温もりがジワーと。
ミハシカフェ

メインは「本日の魚料理」イサキを頂きました。
塩気を効かせ、汗ばむ夏にはピッタリ。フワッとした身がたまらない。
ミハシカフェ

デザートは「白桃のコンポート」
桃を半身、食べやすくカットされ、バニラアイスとフランボワーズのソースで。
今しか食べられない嬉しいデザート。
ミハシカフェ

最後のエスプレッソでキリリと〆。
仕事がひと段落した店主とマダムとしばしの談笑。至高の時を過ごさせて貰いました。
ミハシカフェ

○「MIHASHI CAFE(ミハシカフェ)」
住所:宇都宮市中央5-1-20
電話番号:028-635-0808
定休日:火曜日・第一・三月曜日

営業時間:11時~14時、18時~22時
栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」を。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2250件、ブログ記事は4900件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# カウンター(Visitor数)

# カウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# 最新記事

# カテゴリ

# 月別アーカイブ

# カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア(楽天)

# フリーエリア

# QRコード

QR

# 検索フォーム