栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# ウラジオストク-13(最終章)

ついにウラジオストク最終日。
まだ三日間もいないのに、肌に馴染む街でした。

この日は晴天。昨日の寒さが嘘のよう。
朝方でも-5度、暖かいです。

ホテルの窓から見える光景。
青空に氷で覆われた真っ白い海が綺麗に見えます。
ウラジオストク

私達は再び鷲の巣展望台にいました。
ウラジオストク

昨日と同じ光景のはずなのに、天候が変わると印象がこれほど変わるモノか・・・。
寒くていられなかった昨日と違い、のんびりと風景を楽しみたい気分。
ウラジオストク

あっ、軍艦が一艘いない。どこに出航したの?
行き先が日本でないことを祈っています。
ウラジオストク

ここにお土産屋さんを見た記憶が無い。
何処にあるかと疑問に思っていると、ガイドさんが展望台の下に続く階段を下っていく。

あった、展望台下に9時から営業しているお土産屋さんがあったんです。
ウラジオストク

ビザ、マスターの他、日本のJCBも使えます。
店員さんは、片言の日本語も話せました。

マトリョーシカなどの民芸土産がたくさん。見ているだけで楽しい。
我が家用に1200ルーブル(1ルーブル=約2円)のマトリョーシカを購入。でもすぐどこかに仕舞われちゃうんだろうな。
ウラジオストク

空港に向かう車窓から、工事中のビル、そして途中で工事がストップしているビルを見かけました。
ウラジオストク

ロシアAPEC開催に合わせるように、金角湾沿いにオープン予定だった「ヒルトンホテル」。
2012年完成予定が、いまだに未完成。現在は工事車両なども無く野放し状態。
少々混沌とした状態があるのも感じました。

これからどんな街になっていくのでしょうか。

勝手にイメージしていたロシアとは、実際の姿は大いに違っていました。
そう、いい意味で裏切られました。

笑顔を見せながら丁寧に応対してくれましたロシア人ガイドのマリーナさん。
社会主義体制の放棄と連邦制の崩壊をもたらしたペレストロイカが民主化の道を開き、人々の意識も変えつつあるように感じました。数年後には、もっと笑顔あふれる街になるのかも。
ウラジオストク

「近くて遠い国」ロシア。
知らないことから来る不気味さ、恐ろしさが私の中にありました。

今回現地の人達と触れあうことにより、身近な国になった気がします。
日本に一番近いヨーロッパ。親日家が多く、日本人に対する眼差しは優しかったです。

このブログをきっかけに、ロシアに少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。
これからウラジオストクにも暖かい季節がやってきます。夏には35度になる日もあるのだとか。
日本では見られない大草原、手つかずの自然を満喫出来るようですよ。

今回ご一緒頂いた皆さま、大変お世話になりました。

日本から同行して下さった旅行会社のT社長、そしてロシアのマリーナさん、ドライバーの方(親近感わきました)本当にありがとうございました。

エカチェリーナ二世のエルミタージュ美術館も行ってみたいな~。
もっと知りたい・・・。ロシア探訪のきっかけをくれた旅になりました。
ウラジオストク
スポンサーサイト

テーマ:ロシア - ジャンル:海外情報

# 賑わうスーパー、あれ?グム百貨店(ウラジオストク-12)

ルースキー島橋近くの断崖には、日本海に向けて設置された要塞を見ることが出来ました。
こちらは砲台付き。冬場は車で行くのは危険だそうでそのままスルー。

要塞博物館や市場(ルイノック)、浦潮本願寺記念碑、与謝野晶子碑なども見る予定でしたが、あまりの渋滞で時間オーバー。地元のスーパーとお土産を買うグム百貨店に行って市内観光を終了することに決定!!
ウラジオストク

強烈な渋滞。乗ったバスは車をかいくぐりながら中央広場近くのスーパーに。
駐車場があるのに、スーパー前の路上に駐車する人々。

内部の写真は撮っていないのですが、ウラジオストク市民の生活が垣間見られ非常に楽しかったです。
日本のスーパー同様、棚にはビッチリと商品が並んでいます。(ソ連時代とは隔世の感があるのでは)
明るく衛生的。ロシアにいるのを忘れました。

ズラリと並んだウォッカ達。種類豊富で値段も数百円からと手頃。
ウラジオストクの工場で作られたチョコレートやケーキもふんだんに並んでいます。

ハムやチーズ、魚の干物の占有スペースは多め。
お肉はブロックで量り売り、魚も一尾そのまま保冷ケースに並んでます。

スーパーの大きさからすると野菜売り場は小さかったのが印象的でした。
入口そばの見慣れない自動販売機は、コンタクトレンズ専用のもの。
支払いはルーブルはじめ、ビザやマスターのクレジットカードが使えます。
ウラジオストク

大方のお土産はスーパーで完了。
あとはグム百貨店でマトリョーシカなどの民芸土産を買えばOK。

目立つ看板も掲げていない築100年は経つだろうビルに入っていくガイドさん。
ここがグム百貨店の玄関なんです。
ウラジオストク

古い建物を上手に改装し、カフェや時計、宝石店、化粧品店など入っています。
お土産屋を目指し、二階の階段を上がろうとしたら・・。
階段途中でロープが張られ、通行禁止。別の階段を探すも、そこも閉鎖。

地元ガイドさんも知らないうちに、一階のみの店舗になってしまった様子。
階段わきにあった宝石屋さんの店員さんに、二階のお土産屋さんはどこに行ったのか尋ねるガイドさん。
「知らないわ、裏にでも移ったんじゃない!」(推定)とロシア語で。

お土産やさんを捜しに、グム百貨店の建物裏手。
古くても正面は綺麗に手入れされていましたが、裏側は・・・
ウラジオストク

日本では立ち入り禁止の判定が下りそうな崩壊寸前と感じる建物、いまだ現役として活躍しています。
結局見つからず・・・、最終日に違うお土産やさんに行こうという話になり夕食に。
ウラジオストク

向かったのは「東方茶楼」という名の大きな中華レストラン。
ウラジオストク

二階の大広間にズラッと並んだ回転テーブル付の円卓。
中国人と思われる女性が給仕してくれました。
ウラジオストク

中華ですが、紹興酒はなくアルコールはビールとウォッカ。
他にお客さんが一組いるだけでしたので、怒涛のごとく次々と料理が運ばれてきます。
ウラジオストク

最初は一皿ずつ撮っていましたが、あっという間にテーブルが料理で埋め尽くされました。
料理の味はウラジオストクアレンジ。日本でも中国でもなく一風変わっています。
ウラジオストク

みなさん、ほとんど箸が進みませんでした。不味いわけではなく・・・。
一日観光でバスの乗り降りを繰り返していた私達。日中で寒すぎて胃がまったく動かなかった様子。
昼間のロシア料理が全然消化していないようでした。見ているだけでお腹一杯!!
ウラジオストク

宴も終了かと言うとき、三日間お世話になったロシア人ガイド「マリーナさん」・・・。
この日私の誕生日だと言うことを知ったマリーナさんからのケーキのプレゼント。

あまりの嬉しさに、ケーキ撮影を忘れました。
本当にありがとうございました。

すっかり日が落ち、二日目のウラジオストクの夜が始まりました。
BARやナイトクラブ、サウナなど、夜遊びするお店があるようですよ。
でも街中はどこも薄暗く、ロシア語が通じる人が居ない状況では夜出歩かないのが無難でしょうね。
(つづく)
ウラジオストク

テーマ:ロシア - ジャンル:海外情報

# ルースキー島で見た日本海(ウラジオストク-11)

2012年ロシアAPECの会場になったルースキー島。
今まではウラジオストク港からフェリーで行く必要がありました。

そのため市中心部から金角湾で対岸に渡る「ゴールデンブリッジ」や、ルースキー島を結ぶ「ルースキー島橋」が完成。その橋を使い、ルースキー島へドライブ!!

ゴールデンブリッジを渡るとすぐに綺麗な建物が。
ここが2013年にオープンした「ロシア・国立沿岸オペラ・バレエ劇場(プリモスキー・オペラ・バレエ・シアター)」。
日本人のバレリーナも活躍しているようで、本場のバレエを見てみたい!!
ウラジオストク

湾の対岸は住宅エリアになっていました。
同じようなマンションが建ち並びます。ソ連時代には、国民に無償で一室が与えられたとのこと。
現在でも秘密警察や軍の関係者には、無償提供されているのだそうです。
ウラジオストク

世界最長の斜張橋、1104mのルースキー島を渡り出し海を見ると・・・
凍った海から流氷が流れ出しています。
この中の一つがもしかしたら北海道まで流れていくのかも。
ウラジオストク

2012年ロシアAPEC終了後、首脳会議の会場は極東連邦大学として使われています。
実に広大な敷地。でも周辺には商業施設や居住施設はなし。
敷地内に駐車場は確保されていますが、ここでも路上駐車を多く目にしました。
ウラジオストク

ルースキー島には日露戦争時設置された要塞を見ることが出来ます。
その中のひとつに。
ウラジオストク

現在では砲台は取り除かれ、中は暗闇に包まれていました。
ウラジオストク

「ここの裏手から見る日本海が綺麗なんです」とガイドさん。
冷たい風が吹きすさぶ中、足を運ぶことに。
足下がすべて凍っています。ツルンと滑れば、断崖から日本海にジャンプしてしまうかも・・・。
ウラジオストク

断崖から見た景色・・・人工物は皆無、静かな海と大地が広がっている。美しい・・・。
プロのカメラマンなら、寒さに耐え最高のショットが撮れるんでしょうね。5分も体が持ちませんでした。
(つづく)
ウラジオストク

テーマ:ロシア - ジャンル:海外情報

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2100件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

# カウンター(Visitor数)携帯NOカウント

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム