栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 出流ふれあいの森(栃木市)

出流山満願寺の帰り、「出流ふれあいの森」にも立ち寄らせて貰いました。

栃木市が運営している森林公園。
満願寺からすぐの場所にありました。

満願寺奥之院に向かう山道でも見ることが出来た「秋海棠」。
来る途中にいくつもの「開花中」のノボリが。
出流ふれあいの森

広々とした駐車場に車を停めると・・・。
山奥の公園にも関わらず、カメラ片手の人々があちらこちらに。
出流ふれあいの森

公園内を流れる出流川の土手沿いに、ぎっちりと「秋海棠」が咲いています。
8月中旬から9月下旬の開花の季節。
清流とピンクの小さな花々を写真に収めようと、多くの人が来られていました。
出流ふれあいの森

圧巻の光景。
真剣にカメラを構える方々に申し訳ないので、短時間にコンデジで数カット。
失礼いたしました~。
出流ふれあいの森

ここは大自然の中、キャンプやバーベキューが楽しめる場所。
出流ふれあいの森

コテージも用意されていました。
帰宅してから奥さんに行ったことを告げると、子供たちが小さな頃、母子で何度か訪れたことがあったとか。
全長75mのロングローラー滑り台などがあり、子供達も大喜びだったそうです。
出流ふれあいの森

ここに訪れたのは昼食をとるため。
園内のそば処「やまぶき」へ。公園の管理棟も兼ね、キャンプの受付などもこちらで行っています。
出流ふれあいの森

先に注文&会計を済ませるスタイル。
「一升」や「五合」の蕎麦は、家族連れには大評判なんでしょうね。
出流ふれあいの森

「天もりセット」800円+蕎麦大盛100円(すべて税込)をお願いしました。
セルフで水を。うわ~ここのお水も美味しい~。
名水で打つからこそ、評判のお蕎麦になるんですね。
出流ふれあいの森

蕎麦をすすり
出流ふれあいの森

揚げたての天ぷらを頂く
出流ふれあいの森

何と栗が添えられてる。
あっという間に夏が過ぎ、これから日増しに秋が深まっていく・・・。
出流ふれあいの森

〇「出流ふれあいの森」
住所:栃木市出流町417
電話番号:0282-31-0810
栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 出流山満願寺(栃木市)

坂東三十三観音霊場の第17番札所として長年信仰の地として賑わった「出流山満願寺」。
もっと深く知りたいと、再び足を運びました。
(ちなみに第18番は日光山中禅寺・立木観音、第19番は天開山大谷寺・大谷観音、第20番は獨鈷山西明寺・益子観音)

足利時代に作られた一対の仁王尊像がにらみを利かす山門を超えて境内に。
出流山満願寺

あちらこちらに真っ赤に燃える彼岸花が咲いている・・・。
緑と赤とのコントラスト。美しい~。
出流山満願寺

山奥に突然の五階建てビル。
1966年に建てられた本坊。現在は使われておらず、隣の二階建ての建物に機能が移されています。
出流山満願寺

出流川を渡り石の階段を進んでいきます。
出流山満願寺

右手の森の中には、鐘楼。
出流山満願寺

奥に進むと、八間四面入母屋造りの立派な本堂が。
現在の建物は江戸中期のもので、弘法大師ご敬刻の千手観世音菩薩がご本尊として安置されています。
出流山満願寺

今日の目的は、この本堂からさらに奥にある「奥之院」を参拝すること。
大人300円を支払い、片道2~30分の旅に出発です。
出流山満願寺

出流川に沿って登り、源泉である大悲の滝を目指すのが最初のミッション。
出流山満願寺

御詠歌が書かれた看板が山道に建てられています。
番号が書き添えられ、30番から進むごとに数字が減っていく・・・。
大体の距離感がわかり、励みになりました。(最後は、やられました)
出流山満願寺

歩く山道には、たくさんの美しい花が咲いていました。
出流山満願寺

「秋海棠」。
園芸用として江戸時代初期に大陸から持ち込まれ、のちに野生化した植物。
8月中旬から9月下旬にかけて小さなピンクの小花を咲かせます。
出流山満願寺

出流川を石橋で何度も渡って山奥に。
出流山満願寺

足もとには大きめの石がゴロリ。
滑りやすいので、足元に注意しながら歩を進めてください。
出流山満願寺

建物が見えて来た。
ここは休憩所と呼ばれる場所。やっと一休みが出来る。
出流山満願寺

ベンチシートに腰掛け一休み。
フッと視線をあげると、目の前には「奥之院」と「大悲の滝」が!!
出流山満願寺

落差約8m。出流川の源泉。
修行者が心身を清めるための滝で、初心者の方には有償で指導や行衣レンタルのサービスがあります。
鍾乳洞から流れ出る水は、一年中水温が一緒なんだそうです。
綺麗な水で、思わず口にしたいと思うほど。
出流山満願寺

滝からのマイナスイオンで歩いて火照った体が鎮まってきた。
子宝に恵まれなかった下野の国司の奥方が祈念し、のちの日光を開山した勝道上人を授かったとされる奥之院。
垂直に切り立った崖の中腹にある奥之院にいざ!!
出流山満願寺

石段、100段以上。
滝の冷気で鎮まった体が、再びヒートアップしてきた。
出流山満願寺

ついに朱色に塗られた奥之院に到着。
一見するとガランとした空間。賽銭箱の先に目を移すと・・・。
出流山満願寺

山肌にポッカリと穴が開いており、なにか立像らしきものが見える・・・。
少し経つと人感センサーが反応し、パッと電灯がついた。
出流山満願寺

近くに進み穴を覗き込むと、鍾乳石で自然に出来た十一面観世音菩薩の後ろ姿のご尊像が。
出流山満願寺

近くに図解された案内看板が置かれています。
出流山満願寺

山道を進む道中、すれ違う人とあいさつしたり、お寺に奉仕にこらえた尼さんと奥之院でお話しさせて貰ったり。
一期一会の参拝になりました。

本坊まで降りてきて、境内にあるお土産屋さんに立ち寄りました。
水飲み場がなく、水筒やペットボトルを持って行かなかったので、ちょっとした脱水症状!?
出流山満願寺

ソフトクリーム250円、ところてん150円(ともに税込)。
喉も潤い、疲れが飛んでいく~。
お土産屋さんのお女将さんから出流山の歴史(江戸時代から現在まで)を教えて貰い、知的欲求も満たされました。
出流山満願寺

大悲の滝のお水をろ過したものを飲ませて貰いました。
柔かな口当たりで、観音様の微笑みのような温もり感じる美味しいお水でした。
出流山満願寺

〇「出流山満願寺」
住所:栃木市出流町288
公式HP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 中禅寺湖クルージング(日光市)

2017年8月10日、東武鬼怒川線にSL「大樹」が営業開始。
そして同日、中禅寺湖では新船「男体」が運航を開始しました。

休日久しぶりの青空。
東武興業のツイッターで、新船「男体」の運航スケジュールを確認し、午前8時過ぎに宇都宮を出発しました。

いろは坂をのぼり奥日光、中禅寺湖畔に。
宇都宮は晴天でしたが、中禅寺湖は重い雲に覆われていました。

山の天気は移り変わりが激しい。
一枚だけ青空の風景が撮れましたので、冒頭に掲載させて貰います。(男体山と「けごん」)
中禅寺湖クルージング

中禅寺湖クルージング。
小学生の頃、一度乗ったような記憶がある程度。
公式ホームページを調べると、乗り場は4か所ある様子。

メインになる「船の駅中禅寺」は周囲の有料駐車場に車を停める必要がありますが、「立木観音前のりば」だと無料の「歌ケ浜駐車場」利用できるので便利。ここから乗船することにしました。
中禅寺湖クルージング

出稿は10時20分。
早めに到着したので、英国大使館別荘
中禅寺湖クルージング

イタリア大使館別荘を見学。
この周辺は見どころ満載です。
中禅寺湖クルージング

新船「男体」が寄港。
中禅寺湖畔にある「千手ヶ浜ドック」で組み立てられた大型船。450人もの人が登場できます。
中禅寺湖クルージング

一階席。
後方にはトイレも完備
中禅寺湖クルージング

二階席
中禅寺湖クルージング

最前部には、特別展望個室が用意されています。
8名様まで使え、料金は4千円。(8人で使えば、ひとり500円)
中禅寺湖クルージング

早速展望デッキにあがり、外の空気を満喫する人達。
男体山も大きく見える。
中禅寺湖クルージング

今回はDコース(名所廻り)、一周コース。
大人1250円、小人630円(すべて税込)、所要時間55分。
中禅寺湖クルージング

出航。
現在も利用され、湖側からしか伺うことができない「ベルギー大使館別荘」
中禅寺湖クルージング

そして「フランス大使館別荘」。
まさに今でも夏の外交が中禅寺湖で繰り広げられている・・・。
中禅寺湖クルージング

あっという間に「船の駅中禅寺湖」のりばに。
バスで日光観光をされる人は、一番利用しやすい乗り場です。
中禅寺湖クルージング

ボート乗り場にもなっており[第10回中禅寺湖スワンボートレース」が2017年9月5日に開催されます。
参加費1000円、当日の受付OKですよ。
中禅寺湖クルージング

停泊中、2020年開業予定の「リッツカールトン日光(仮)」の建築予定地を望む。
右手に「星のや日光」、左手木々に囲まれた場所に建築されます。
現在は旧「日光レークサイドホテル」の解体工事が進んでいました。
中禅寺湖クルージング

再び多くのお客さんを乗せ、「菖蒲ケ浜」乗り場に。
竜頭ノ滝からの流れが、この浜から中禅寺湖に注がれます。
中禅寺湖クルージング

「菖蒲カ浜キャンプ場」が望め、その奥には現在休業中の「日光プリンスホテル」が。
2019年度以降、会員制ホテルとしての再開を検討しているというニュースが日経新聞に取り上げらえました。
中禅寺湖クルージング

とみていると・・・大粒の雨が。
あっという間に展望デッキから人が消え、いるのはわたし一人。
中禅寺湖クルージング

その後、中禅寺湖唯一の島「上野島」。
勝道上人と天海上人の遺骨が祀られています。
中禅寺湖クルージング

紅葉シーズン一番のビュースポット「八丁出島」。
中禅寺湖クルージング

そして船から見る「英国大使館別荘」。
手をふってくれる人が。
中禅寺湖クルージング

紅葉に包まれる中禅寺湖を味わうために多くの観光客が足を運ぶことでしょう。
一足早く違った視点から中禅寺湖を満喫されてはいかがでしょうか?
中禅寺湖クルージング

〇「中禅寺湖クルージング」
公式HP公式ツイッター
中禅寺湖クルージング

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2100件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

# カウンター(Visitor数)

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム