栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 比叡山延暦寺(2013年4月)

三日目、最終日。

宿泊していた雄琴温泉から十数分で比叡山ドライブウェイに。
1958年に開通した約8.1kmの有料道路。険しい山道を通り延暦寺東塔駐車場を目指しました。

駐車場に停め山道を歩いていると、両脇に比叡山が生んだ名僧や伝教台紙の生い立ちを説明したボードが。
比叡山延暦寺

家康の側近であり、日光東照宮を造り上げた天海も比叡山で修行を積んでいたのか。
比叡山延暦寺

まずは大講堂でお参り。
あれ?家族のみんな周囲に見当たらない・・・。

奥さんは比叡山の説明ボードを一枚一枚入念に魅入っていて、未だ山道に。
比叡山延暦寺

子供達は大講堂脇にある鐘に興味津々。
50円で一回鐘をたたけるとのこと。長女が代表してひと突き。
比叡山延暦寺

比叡山の総本堂「根本中堂」。
織田信長により焼失したモノの、家光により復興した現在の建物。あまりの大きさに唖然とさせられました。

ちょうど山口から来られた団体客が入って来られ、一緒に説明を聞くことが出来ました。
本尊は薬師如来。現在で言うと病を治すお医者様のような存在だったのでしょうか。
比叡山延暦寺

朝早く行ったので、修学旅行や団体旅行の方々にさほど合わず、
靜かで落ちついた比叡山を楽しむことが出来ました。
比叡山延暦寺

比叡山ドライブウェイから見下ろした琵琶湖。
雄大な光景が広がるこの地で、日本の歴史が創られてきたんですね。

娘達のドラマロケ地巡りから始まった旅でしたが、私自身も十分楽しめました。
最後は私の我が儘に付き合って貰い、大学時代の友人がオープンさせたカフェに立ち寄らせて貰おう。
比叡山延暦寺
スポンサーサイト

# 雄琴温泉 湯元館

旅の拠点として二泊させて貰ったのは、琵琶湖を見下ろす高台に建つ「雄琴温泉 湯元館」さん。
湯元館

本館、南館、西館、月心亭の四棟の建物で構成されているホテルです。
内部は綺麗に改装され(現在も一部改装工事が進んでいるフロアーも)気持ちよく過ごすことが出来ました。
湯元館

私達が泊まったのは南館。
琵琶湖湖畔の反対側、山側の部屋でしたので眺望は残念でしたが、綺麗な和室のお部屋。

琵琶湖で取れた稚鮎や海老などの佃煮や、茹でたてのお饅頭などで長旅の疲れを癒してくれました。
湯元館
湯元館

食事は「近江牛のステーキ」や「しゃぶしゃぶ」を。
二泊したので、毎回地元の名産を使ったお料理が登場し、目や舌を楽しませて貰いました。
湯元館
湯元館

特に印象深かったのは「比叡の引き上げ湯葉 切りごまだし」
湯元館

肌がすべすべするアルカリ性単純温泉。
様々な大浴場が用意されていましたが、一番印象深かったのは月心亭11階にある露天風呂。

琵琶湖を眺めながらの朝風呂を楽しませて貰いました。

毎晩本館ロビーで1等近江牛1kgが当たるビンゴゲームを開催したりと、スタッフの皆さんのおもてなしが素敵でした。楽しい旅になりました、ありがとうございました。
湯元館

# 仁和寺(2013年4月)

京都に行ったのだから、さぞ美味しいモノを食べてきたことだろう~と思われる方も多いのでは。

今回の旅の主役は娘達。
スケジュール通り運転手を務めないと駄目出しを食らってしまうので、お昼はコンビニのパンをかじりながら。

二日目最後の目的地は「仁和寺」。真言宗御室派の総本山です。
仁和寺

白書院の南庭
仁和寺

北庭を魅入ってしまいました。
仁和寺

中門を通り金堂へ。
途中にある五重塔・・・
桜越しに見ても
仁和寺

林越しに見ても絵になります。
仁和寺

仁和寺といえば遅咲きの「御室桜」が有名。
訪れたときには蕾が膨らみ始めたくらいでした。ちょうど今見頃を迎えているようですよ。
仁和寺

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2000件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# カウンター(Visitor数)

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム