栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# ナイトサファリ

帰りのフライト時間は、深夜24時過ぎ。
それまで時間があるので、最後のツアーに出発です。

向かったのは「ナイトサファリ」。夜のみオープンしている動物園。
昼間は昼寝をしている夜行性の動物たち・・・ここでは活動中の活き活きとした姿を見ることが出来ます。

一路シンガポール島の北部に車を走らせます。
マレーシアから出稼ぎに来ている人達が、小さなバイクをかっ飛ばして家路に向かう光景をよく見ました。

「ナイトサファリ」に到着!!
まだ「ナイト」という時間には早いのに、すでに多くのお客さんで賑わっていました。
ナイトサファリ

夜が更けてくるまでの時間を利用し、園内にある「ウルウルレストラン」で食事
ナイトサファリ

単品の料理などもありましたが、今回はツアーでのビッフェスタイルの食事。
肉を中心としたこんな料理や・・・
ナイトサファリ

軽い食事も用意されていました。
ナイトサファリ

スタートまでもう少し時間がある・・・。
園内にはたくさんのお土産やさん、そしてこんな施設も。
ナイトサファリ

そう、日本でも話題になった「ドクターフィッシュ」。
せっかくなので、初めて体験してみよう~。

15分で25シンガポールドル(1625円)。
ナイトサファリ

足を入れた瞬間、飢えたピラニアのごとくたくさんの魚が私の足に群がります。
と同時に、前を歩く観光客達も「何をしている??」と興味津々の顔で群がってきました。
「どんな気分?」と尋ねてくる人や、写真を撮影する人も。

終了後には、ちょっと足が軽くなった感じかな?
ナイトサファリ

前の広場ではお酒を楽しむ人も。
まさにテーマパーク。続々お客さんが来られ、ディズニーランド並の混雑になってきました。
ナイトサファリ

ファイヤーショーも始まり、熱気が増してきました。
ナイトサファリ

ナイトサファリは、歩いてまわるコースと、トラムと言われるバスに乗ってまわるコースが。
幸運にも日本人スタッフによる日本語解説付きのトラムを予約することが出来ました。
ナイトサファリ

トラム乗り場では多くの人が並び、熱気に満ちていました。
まさに「ジャングルツアー」の出発です!!
ナイトサファリ

真っ暗なジャングルをトラムがゆっくりと進んでいきます。
丁寧な日本語での解説を聞きながら・・。
ナイトサファリ

動物達を守るために、フラッシュ撮影は禁止。
檻や柵はない。草食動物は、トラムの目の前を横切ったり、すぐ横で草を食べていたり・・・。

臨場感ある1時間弱の旅になりました。
何枚か撮影を試みましたが、ブレてしまい失敗。^^;;
ナイトサファリ

時間があれば徒歩でジャングルを巡るコースで堪能したかったな~。
営業時間は19時~24時。私達が帰る頃にも、多くの人で賑わっていました。
ナイトサファリ

これで二泊四日のシンガポールの旅は終了。
お付き合い頂き、ありがとうございました。

朝10時前には成田空港に到着。
すぐさま、午後の会議のために成田エクスプレスで新宿へ。

車窓から見える日本の田園風景に癒されました。
千葉の車窓から
スポンサーサイト

# オーチャード通りから・・・

シンガポール随一のショッピングスポット「オーチャード通り」。
リトルインディアからタクシーに乗って向かいました。

通常の旅なら、何度もバスやタクシーで移動していると土地勘がつくものですが・・・。
一方通行の道路が多く、同じような道路を右へ左と進むので、どの方角に向かっているのかサッパリわからず。

突然街が開け、アイオン オーチャードという一番人気のショッピングセンターへ。
正面玄関からして、勢いある造形。

MRTオーチャード駅とも直結し、地下街もあり迷うほどの広さ。
行き交う人も多く、圧倒されっぱなし。
オーチャード通りから・・・

日系のデパート、伊勢丹もある!!
食品売り場ではちょうど日本フェアー中。たこ焼きの隣では、日本で見たことがない食品を実演販売中。
オーチャード通りから・・・

まだまだいろんなショップを歩き回りたいというので、ここで皆と別れひとりでホテルに戻ることにしました。
たぶん25分程度で着く距離ではと、唯一ガイドブックを持ち歩いている人から解説されて・・・。
でも私も・・・彼も・・・シンガポール初めてでしたよね。^^;;

知らない街をゆっくり歩きながら・・・私の好きな旅のスタイル。
少しぐらい時間がかかっても、楽しく過ごせそう~。

最初から躓くことに・・・。地下道で迷い自分の居場所が不明。
必死に出口を探し、地上への脱出成功!!再度、方角を見定め通りを歩いて行きます。
オーチャード通りから・・・

ここまでは街の写真を撮る余裕がありました。
ショッピング街が途切れ、通りが寂しくなってきました。

「まっすぐ進んで、右へ」という方向性しか頭に入れず、無謀に歩き出した私。
人の流れに沿って、ここら辺で曲がってみようと。

しばらく歩けば、あの巨大なマリーナベイサンズの姿が見えるだろうと気楽に考えていましたが・・・さすがシンガポール。空が周囲のビルで覆われ、遠くの風景さえ見えず。

住宅街を通り、モスク寺院を通り、ビジネスビル街を通り・・・自分はどこに向かっているんだろう。
先ほどのインド料理店で、旅の最後というわけでシンガポールドルを全部支払ってしまい無一文。
携帯電話も不通で、旅の仲間とも連絡着かず・・・見知らぬ街で迷子になってしまいました。

もしかしたら、違う方角に進んでいるのかも・・・

ちょうど工事中の作業員を見つけ、神にすがる想いで「where マリーナベイザンズ?」と。
なんでこんな場所に日本人が居るのか不思議そうな顔をされながら、「あっちだ」と指さしてくれました。
オーチャード通りから・・・

ここから俄然元気が出てきた!!
進むべき方向性が見えるだけでも、足取りが軽くなるモノですね。

そしてついに・・・
オーチャード通りから・・・

みえた!!目的地・マリーナベイザンズだ!!
オーチャード通りから・・・

もうこの時点で勇気凛々。
周囲の景色を楽しむ余裕も生まれ、一気に旅が楽しくなってきました。

シンガポール川を望んだり・・・
オーチャード通りから・・・

なんか良さそうな町並み。
オーチャード通りから・・・

あっ、川の対岸に見えるのは、先日行った「ラッフルズ上陸地点」。
行ってみたいと思っていた対岸に今立っているのか!!ひとりで感動・・・。
オーチャード通りから・・・

延々と迷子になりながら歩いてきて、ついにマリーナベイサンズが目の前に。
25分のつもりが・・・結局1時間40分のプチ旅行になりました。楽しかったけど・・・暑かった~
オーチャード通りから・・・

# リトルインディア

シンガポールには様々な人種の人が暮らしています。
その中で一番多いのはチャイニーズ系の約77%。次はマレー人系の14%、インド人系の8%。

それぞれの人種の人達が集まるアラブ人街や中華街、インド人街など特徴ある街が存在しています。
最終日のランチはリトルインディア(インド人街)に行って、カレーを食べようという話になりました。

タクシーを降りた瞬間・・・、まさにインドに降り立った気分に。
色彩豊かな建物に圧倒されます。
リトルインディア

昨夜この街に来た人の話では、通りに設置された看板の電光が綺麗だったとか。
リトルインディア

歩道まで建物の屋根が伸び、プチアーケード。
お店を覗くと、雑貨や食品が一杯。それもお安い!!
お土産にも良さそうなモノもあり、思わず足が止まってしまいます。
リトルインディア

お邪魔したのは、そんなリトルインディアの中にある一軒のインド料理店。
リトルインディア

二階のテーブル席に通されました。木工細工に囲まれた空間で異国情緒に浸れました。
リトルインディア

出されたメニューには、ビッチリと写真付きで紹介。
よくわからないので、勢いで次々注文をしていきます。
リトルインディア

ジェスチャーで頼んだビールは、巨大なピッチャーでした!!
リトルインディア

次々と登場するインド料理に舌鼓。
汗が自然と沸いてきます。
リトルインディア
リトルインディア
リトルインディア

いろんな種類のナンを出して貰い・・・
リトルインディア

数種類のカレーをみんなでシェアーしながら。
リトルインディア
リトルインディア

それぞれ個性的な味わいで、飽きません。
先ほどのビールもいつの間にか空に・・・。たっぷり飲んで食べて、ひとり1500円ほど。
大満足のランチタイムになりました。
リトルインディア

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2000件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

# カウンター(Visitor数)

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム