栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# なかがわ水遊園(大田原市)

栃木県唯一の水族館。それが那珂川畔にある「なかがわ水遊園」
日本最大級の「川の水族館」という特徴を持っています。

子供が小さな頃は一緒に何度か足を運びましたが、直近では十数年ぶり。
水族館が入っている、おもしろ魚館。大池に鯉のぼり!?
なかがわ水遊園

近くでよく見ると、鯉じゃなくて「鮎」。
6月1日から那珂川ではアユ釣りの解禁。300匹の鮎が泳いでいます。(7月2日まで)
なかがわ水遊園

大人600円の入館料を払って、水族館に。

お得情報をひとつ。
栃木県民の日を祝して、2017年6月10日(土)、11日(日)、15日(木)は入館料が無料!!
是非この機会に!!
なかがわ水遊園

那須岳から那須野が原、八溝の大地を流れる那珂川。
上流から下流それぞれに生息している魚が展示されています。

しなやかに泳ぐ川魚達。
海の魚たちと比べると色は地味ですが、ヤマメやイワナ、ニジマスなど知っているようで見分けが付かない。
見分け方の解説も書かれています。
なかがわ水遊園

川の主にも見える巨大な鯉。
美味そう~と思ってしまう。
なかがわ水遊園

魚達と触れ合うコーナーや
なかがわ水遊園

栃木県水産試験場で品種改良された三倍体のニジマス、「ヤシオマス」のお姿も。
なかがわ水遊園

ここで那珂川の魚たちは終了。
水中トンネルと通るとそこは、川は川でもアマゾン川!!
なかがわ水遊園

迫力あるお姿!!
那珂川の魚たちが可愛らしく感じる・・・。
なかがわ水遊園

ピラルクーやアロワナも優雅に泳いでいる。
なかがわ水遊園

ガラス張りになっている「アクアドーム」は、熱帯の花や植物も楽しめます。
なかがわ水遊園

人気のカビバラも。
なかがわ水遊園

最後には「あこがれの海ゾーン」。
サンゴ礁に色とりどりの魚達。映画「ファインディング ニモ」の世界が広がっています。
なかがわ水遊園

アマゾンを模した「アクアドーム」は、まさに熱帯植物園。
汗が停まらない。

ということで、館内にある「アマゾンカフェ」で一休み。
ここは冷房が入っていて、アマゾンとは思えない涼しさ。
なかがわ水遊園

ペルーで一番飲まれているコーラ「インカコーラ」200円を飲んでみることに。
黄金色に輝くコーラで、ビジュアル的にも摩訶不思議。飲んでみてもコーラというよりメローイエロー!?
珍しいコーラですので、一度お試しを。
なかがわ水遊園

「なかがわ水遊園」は、水族館だけではありません。
芝生広場、釣り池・つかみどり池、そして水の広場が園内に。
子供と一緒に水の広場で遊んだ記憶が蘇ってきました。
なかがわ水遊園

足を延ばしてみる価値ある公共施設ですよ。
なかがわ水遊園

なががわ水遊園に行く途中、さくら市で「きつれ川ポピーまつり」の案内看板が目に留まりました。

寄ってみると、300万株の見事なポピー畑に圧倒されました。
第14回きつれ川ポピーまつり」は、2017年6月18日まで開催されています。
きつれがわポピーまつり

〇「なかがわ水遊園」
住所:栃木県大田原市佐良土2686
電話番号:0287-98-3055
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日、夏休み期間は無休)、第四木曜日

開園時間:9時30分~16時30分(但し7月20日~8月31日の期間は、17時まで)
公式HP
スポンサーサイト

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 谷中湖(渡良瀬遊水地)

「野木ホフマン館」内に、「野木町煉瓦窯」以外にもう一つの展示室が。
そこでは渡良瀬遊水地を紹介していました。

水槽の中には、渡良瀬遊水地に生息している魚や藻屑ガニ。
植物や野鳥は写真で紹介されています。

そうか、歩いてすぐの場所にハートの形をした「谷中湖(渡良瀬遊水地)」があるのか・・・。
車でこの辺だろうな~と堤防越しに伺っていましたが、中に入ったことが一度も無い。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

この機会に周囲を散策し、「谷中湖」をこの目で見てみよう~
周囲の案内図があり、地図を見たらすぐ目の前じゃない!!
谷中湖(渡良瀬遊水地)

ということで早速徒歩で出発。
「野木ホフマン館」を出てすぐに目が留まったのは、立派な門構え。
乗馬クラブ クレイン栃木」がお隣にあったんです。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

そういえば、「野木町煉瓦窯」で煉瓦を作っていた会社「下野煉化製造会社(のちに「シモレン」)が乗馬クラブを経営していたのを思い出しました。今は経営者が変わりましたが、「野木町煉瓦窯」見学時に豪華なクラブハウスをチラ見。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

駐車場から見えた建物も乗馬クラブの「室内馬場」。
馬は51頭、会員数は600人を超え栃木県内で最大規模なんだそうです。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

道路にはポールが建てられ、大型車が入れないように規制されています。
2012年7月ラムサール条約に登録された湿地「渡良瀬遊水地」に踏み込んだ瞬間です。

面積は3300ヘクタール。
谷中湖の北側に用意されている駐車場を利用し、整備された公園等を散策するのが一般的。

ここ南東部は、この時期人通りもなく、たまに出逢うのは自転車だけ。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

渡良瀬川のかかる「野渡橋」もゲートが設置され、保護された場所だと再認識。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

雄大な河の流れを眺めながら、しばし足尾鉱毒事件に思いをはせる。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

この先に谷中村史跡保存ゾーンや子供広場ゾーンまで足を延ばそうと思いましたが・・・。
あまりにも広すぎ!!
谷中湖(渡良瀬遊水地)

堤防の先まで行ってみましたが、目的地ははるか先でした。
谷中湖もかすかに見える程度。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

やはりレンタサイクルを借りて周囲を回るのが正解だった・・・。
北エントランス周辺の道の駅、わたらせ自然館などで自転車が借りられます。

また、今回行った「野木ホフマン館」でも、無料で電動アシスト自転車やマウンテンバイクを借りられます。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

日本近代産業のシンボル「野木町煉瓦窯」と、近代化の弊害で生まれた「谷中湖」。
大人の散策に、そして子供を連れての歴史探訪はいかがですか?
谷中湖(渡良瀬遊水地)

〇「谷中湖(渡良瀬遊水地)」
公式HP
野木町煉瓦窯

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 野木町煉瓦窯(野木町)

国指定重要文化財の「野木町煉瓦窯」。

明治21年(1888年)、北関東最古のレンガ工場として設立。
明治23年(1890年)に完成した東窯が現存、2016年5月10日から一般公開が始まりました。

二か月足らずの7月30日には、見学者が一万人を突破。
多くの人で混み合っていたようですが、今はゆっくり見学できるみたい。

新四号線で一路、古河市に。
栃木県と茨城県のまさに県境。
そういえば、すぐそばの「谷中湖(渡良瀬遊水地)」の対岸には全国唯一の三県県境(栃木、群馬、埼玉)があるんだっけ。

国道四号線にも大きな看板が立っており、ナビと併用すれば比較的楽に目的地に到着しました。
広大な敷地にゆったり駐車場も完備。
遠くから見えた「煉瓦窯」も間近に見える。
野木町煉瓦窯

内部を見学したい方は、まずは敷地内にある「野木ホフマン館」に。
交流センターの機能もあり、研修室やカフェも完備されています。
野木町煉瓦窯

驚きは、煉瓦窯見学料は大人100円。中学生以下は無料。
受付でチケット購入し、専用出口から見学ルートに入場します。
野木町煉瓦窯

約1時間ごとに一回、ガイドによる解説付き見学ツアーが実施されています。
要所要所に図解入りの解説ボードが設置されていますが、せっかくなのでガイドさんに案内してもらおう。
(所要時間は約30分間)
野木町煉瓦窯

時間まで野木ホフマン館内にある展示室で事前勉強。
野木町煉瓦窯

ドイツ人「フリードリッヒ・ホフマン」が19世紀半ばに開発した赤煉瓦焼成用の「ホフマン窯」。
連続的に赤煉瓦を焼くことが出来る、まさに大量生産という産業近代化を象徴する存在。
日本に導入され、昭和26年には全国に50基あったようですが、現存するのは4基のみ。
それも正16角形の「ホフマン式輪窯」は、この野木町にあるものが唯一。
野木町煉瓦窯

昭和54年(1979年)に国の重要文化財に指定されました。
ここで焼かれた赤煉瓦は「立教大学池袋キャンパス本館」や「東京銀行協会ビル」などで、現在も利用されています。
野木町煉瓦窯

時間になり、解説付き見学ツアーが開始。
ツアーに集まったのは私だけ。なんと贅沢、マンツーマンでの見学ツアーになりました。
ヘルメットを着用して、いざ出発。
野木町煉瓦窯

関東大震災で、西窯、登窯は倒壊したものの、この東窯は昭和46年(1971年)まで現役として使われたのだそうです。
野木町煉瓦窯

一階の焼成室は全部で16室。
内部に入って行きましょう。
野木町煉瓦窯

温度約千度の高温で焼成したのは2室。
搬入、乾燥・余熱、焼成、冷却、、搬出と火の進行方向をコントロールすることで23日かけて一周し煉瓦を完成。
野木町煉瓦窯

天井にある小さな穴は、燃料である粉炭の投入口。
下部には煙道が開いており、中央の煙突に繋がっています。
1室で約一万四千個、一周すると約二十二万個の煉瓦焼成が可能とのこと。
野木町煉瓦窯

60キロの粉炭を担ぎ人力で二階に上がった階段。
足が上がりやすいよう、傾斜が出来ています。
野木町煉瓦窯

一階の焼成室が千度の高温だというのに、柱や梁が木材というのに驚かされました。
野木町煉瓦窯

規則的に並んだ投炭孔。
ここから粉炭を投入し、火をコントロール。地道な人の知恵と労力で巨大なホフマン窯が動いていたんですね。
野木町煉瓦窯

〇「野木町煉瓦窯」
住所:野木町野木3324-1
電話番号:0280-33-6667
定休日:月曜日、年末年始(国民の祝日開館、翌平日閉館)

営業時間:9時~17時(野木ホフマン館:9時~22時)
野木町HP栃ナビHP
野木町煉瓦窯

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2100件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# カウンター(Visitor数)携帯NOカウント

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム