栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 谷中湖(渡良瀬遊水地)

「野木ホフマン館」内に、「野木町煉瓦窯」以外にもう一つの展示室が。
そこでは渡良瀬遊水地を紹介していました。

水槽の中には、渡良瀬遊水地に生息している魚や藻屑ガニ。
植物や野鳥は写真で紹介されています。

そうか、歩いてすぐの場所にハートの形をした「谷中湖(渡良瀬遊水地)」があるのか・・・。
車でこの辺だろうな~と堤防越しに伺っていましたが、中に入ったことが一度も無い。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

この機会に周囲を散策し、「谷中湖」をこの目で見てみよう~
周囲の案内図があり、地図を見たらすぐ目の前じゃない!!
谷中湖(渡良瀬遊水地)

ということで早速徒歩で出発。
「野木ホフマン館」を出てすぐに目が留まったのは、立派な門構え。
乗馬クラブ クレイン栃木」がお隣にあったんです。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

そういえば、「野木町煉瓦窯」で煉瓦を作っていた会社「下野煉化製造会社(のちに「シモレン」)が乗馬クラブを経営していたのを思い出しました。今は経営者が変わりましたが、「野木町煉瓦窯」見学時に豪華なクラブハウスをチラ見。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

駐車場から見えた建物も乗馬クラブの「室内馬場」。
馬は51頭、会員数は600人を超え栃木県内で最大規模なんだそうです。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

道路にはポールが建てられ、大型車が入れないように規制されています。
2012年7月ラムサール条約に登録された湿地「渡良瀬遊水地」に踏み込んだ瞬間です。

面積は3300ヘクタール。
谷中湖の北側に用意されている駐車場を利用し、整備された公園等を散策するのが一般的。

ここ南東部は、この時期人通りもなく、たまに出逢うのは自転車だけ。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

渡良瀬川のかかる「野渡橋」もゲートが設置され、保護された場所だと再認識。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

雄大な河の流れを眺めながら、しばし足尾鉱毒事件に思いをはせる。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

この先に谷中村史跡保存ゾーンや子供広場ゾーンまで足を延ばそうと思いましたが・・・。
あまりにも広すぎ!!
谷中湖(渡良瀬遊水地)

堤防の先まで行ってみましたが、目的地ははるか先でした。
谷中湖もかすかに見える程度。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

やはりレンタサイクルを借りて周囲を回るのが正解だった・・・。
北エントランス周辺の道の駅、わたらせ自然館などで自転車が借りられます。

また、今回行った「野木ホフマン館」でも、無料で電動アシスト自転車やマウンテンバイクを借りられます。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

日本近代産業のシンボル「野木町煉瓦窯」と、近代化の弊害で生まれた「谷中湖」。
大人の散策に、そして子供を連れての歴史探訪はいかがですか?
谷中湖(渡良瀬遊水地)

〇「谷中湖(渡良瀬遊水地)」
公式HP
野木町煉瓦窯
スポンサーサイト

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 野木町煉瓦窯(野木町)

国指定重要文化財の「野木町煉瓦窯」。

明治21年(1888年)、北関東最古のレンガ工場として設立。
明治23年(1890年)に完成した東窯が現存、2016年5月10日から一般公開が始まりました。

二か月足らずの7月30日には、見学者が一万人を突破。
多くの人で混み合っていたようですが、今はゆっくり見学できるみたい。

新四号線で一路、古河市に。
栃木県と茨城県のまさに県境。
そういえば、すぐそばの「谷中湖(渡良瀬遊水地)」の対岸には全国唯一の三県県境(栃木、群馬、埼玉)があるんだっけ。

国道四号線にも大きな看板が立っており、ナビと併用すれば比較的楽に目的地に到着しました。
広大な敷地にゆったり駐車場も完備。
遠くから見えた「煉瓦窯」も間近に見える。
野木町煉瓦窯

内部を見学したい方は、まずは敷地内にある「野木ホフマン館」に。
交流センターの機能もあり、研修室やカフェも完備されています。
野木町煉瓦窯

驚きは、煉瓦窯見学料は大人100円。中学生以下は無料。
受付でチケット購入し、専用出口から見学ルートに入場します。
野木町煉瓦窯

約1時間ごとに一回、ガイドによる解説付き見学ツアーが実施されています。
要所要所に図解入りの解説ボードが設置されていますが、せっかくなのでガイドさんに案内してもらおう。
(所要時間は約30分間)
野木町煉瓦窯

時間まで野木ホフマン館内にある展示室で事前勉強。
野木町煉瓦窯

ドイツ人「フリードリッヒ・ホフマン」が19世紀半ばに開発した赤煉瓦焼成用の「ホフマン窯」。
連続的に赤煉瓦を焼くことが出来る、まさに大量生産という産業近代化を象徴する存在。
日本に導入され、昭和26年には全国に50基あったようですが、現存するのは4基のみ。
それも正16角形の「ホフマン式輪窯」は、この野木町にあるものが唯一。
野木町煉瓦窯

昭和54年(1979年)に国の重要文化財に指定されました。
ここで焼かれた赤煉瓦は「立教大学池袋キャンパス本館」や「東京銀行協会ビル」などで、現在も利用されています。
野木町煉瓦窯

時間になり、解説付き見学ツアーが開始。
ツアーに集まったのは私だけ。なんと贅沢、マンツーマンでの見学ツアーになりました。
ヘルメットを着用して、いざ出発。
野木町煉瓦窯

関東大震災で、西窯、登窯は倒壊したものの、この東窯は昭和46年(1971年)まで現役として使われたのだそうです。
野木町煉瓦窯

一階の焼成室は全部で16室。
内部に入って行きましょう。
野木町煉瓦窯

温度約千度の高温で焼成したのは2室。
搬入、乾燥・余熱、焼成、冷却、、搬出と火の進行方向をコントロールすることで23日かけて一周し煉瓦を完成。
野木町煉瓦窯

天井にある小さな穴は、燃料である粉炭の投入口。
下部には煙道が開いており、中央の煙突に繋がっています。
1室で約一万四千個、一周すると約二十二万個の煉瓦焼成が可能とのこと。
野木町煉瓦窯

60キロの粉炭を担ぎ人力で二階に上がった階段。
足が上がりやすいよう、傾斜が出来ています。
野木町煉瓦窯

一階の焼成室が千度の高温だというのに、柱や梁が木材というのに驚かされました。
野木町煉瓦窯

規則的に並んだ投炭孔。
ここから粉炭を投入し、火をコントロール。地道な人の知恵と労力で巨大なホフマン窯が動いていたんですね。
野木町煉瓦窯

〇「野木町煉瓦窯」
住所:野木町野木3324-1
電話番号:0280-33-6667
定休日:月曜日、年末年始(国民の祝日開館、翌平日閉館)

営業時間:9時~17時(野木ホフマン館:9時~22時)
野木町HP栃ナビHP
野木町煉瓦窯

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 英国大使館別荘記念公園(日光市)

2016年7月1日から一般公開が始まった「旧英国大使館別荘」。
中禅寺湖畔に建ち、2008年まで利用された建物を栃木県が譲り受け復元公開されました。

明治中頃から昭和初期にかけて、大使館や外交官の別荘が中禅寺湖畔に40棟以上建てられました。
国産避暑地として中禅寺湖畔は発展。ベルギーやフランスの大使館別荘は、現在も利用されています
英国大使館別荘記念公園

大鳥居があるT字路を南に。立木観音、半月山方面に進んでいきます。
立木観音を過ぎ、歌ヶ浜駐車場(無料)に車を止めて徒歩で。

案内看板がきちんと設置され、歩道も整備されています。
英国大使館別荘記念公園

湖畔沿いの歩道を歩くこと十分足らず。森林浴&湖面を渡ってきた冷風に癒されます。
宇都宮から車で一時間ちょっとで来られる避暑地。この日宇都宮は30度を超えましたが、ここは気温22度。

開館は午前9時。
30分以上早く着いてしまいました。

幕末維新に来日した英国外交官アーネスト・サトウが明治29年(1896年)に建てた個人の山荘。
その後英国大使館別荘として100年以上使われました。

サトウと言っても、日系人ではありません。
サトウ(Satow)の姓は西スラブ系ヴェンド人に由来し、祖先はドイツ・ヴィスマール北東のサトウ(Satow)村付近の出身。

明治5年(1872年)に初めてこの地を訪れ、3年後には英文のガイドブック「日光案内」を刊行。
国際避暑地としての礎を作りました。
英国大使館別荘記念公園

湖畔沿いに建てられたのではなく、高台に建てられた山荘。
三段組の石積みも立派。
英国大使館別荘

湖畔にはボートハウスを作ったアーネスト・サトウ。
残されたウィンチが当時の様子を伺わせます。
英国大使館別荘記念公園

開館時間に。
チケット販売機でイタリア大使館別荘も見学できる共通券を購入し、館内に。
英国大使館別荘記念公園

広縁の前の戸をスタッフの方が開けていきます。
英国大使館別荘

オープンテラスに!!
なんて気持ちいいんだろう~。
英国大使館別荘記念公園

一階にはアーネスト・サトウや建物を紹介する展示室。
生麦事件や薩英戦争、下関戦争など、大変な時代を生き抜いて来られた方なのだと知ることが出来ました。
いさかいが絶えなかった日英関係。そこから日英同盟に繋がっていく・・・。感慨深いです。
英国大使館別荘

二階からの眺望はさらに素晴らしい。
なぜ湖畔じゃなく、高台に山荘を建てたのか理解できました。
アーネスト・サトウがこよなく愛した白根山もよく見えます。
英国大使館別荘記念公園
英国大使館別荘記念公園

白根山はどこかって?
遊覧船の船首あたり、頭一つ飛び出しているのが白根山です。
英国大使館別荘記念公園

二階の英国文化交流室「Tea Room 南4番Classic」では、英国紅茶やスコーンなどが楽しめます。
英国大使館別荘記念公園

営業時間は10時~16時30分(L.O15時30分)
オープンまで時間があったので、二階のテラスでのんびりと中禅寺湖を眺めて過ごしました。
英国大使館別荘

頼んだのは紅茶とスコーンを一緒に楽しめる「スコーンセットA」1500円(税込)
駐日英国大使館のレシピを譲り受け、館内で焼き上げるスコーン。
ブルーベリージャムとクロテッドクリームが添えられています。
英国大使館別荘記念公園

紅茶は「ヨークシャーティー」をチョイス。
たっぷり三杯楽しめました。懐かしい味わいの紅茶。器は英国のバーレイ社のもの。
英国大使館別荘記念公園

土日は多くのお客さんで賑わう「英国大使館別荘記念公園」。
「平日や雨の日はゆったり過ごせますよ」とスタッフ談。

帰るころには、多くの人がテラス席で寛ぐ姿を見かけました。
英国大使館別荘記念公園

○「英国大使館記念公園」
住所:日光市中宮祠2482
観覧料:大人200円、小人100円(二か所共通観覧料は、大人300円、小人150円)
小人は4歳以上、中学生まで

英国大使館別荘記念公園から歩いて二、三分。
昭和3年(1928年)に建てられ、平成9年(1997年)まで歴代の大使が使用していた「イタリア大使館別荘」が。

こちらは2000年10月から公開されています。
イタリア大使館別荘記念公園
イタリア大使館別荘記念公園
イタリア大使館別荘記念公園

○「イタリア大使館別荘記念公園」
住所:日光市中宮祠2482
観覧料:大人200円、小人100円(二か所共通観覧料は、大人300円、小人150円)
小人は4歳以上、中学生まで

(共通)
開館機関:4月1日~11月30日
休館日:6月~10月は無休、4月・5月・11月は毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
開館時間:9時~17時(4月、11月11日~30日は、16時閉館)
公式HP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2000件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

# カウンター(Visitor数)

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム