栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 馬鹿’sハウス(宇都宮市)

お肉というと、牛・豚・鶏を思い浮かびますが・・・。
魚も種類により味わいが多岐にわたるように、お肉だって実に表情豊か。

オリオン通りを歩いていると、一枚の看板に目が留まりました。

「馬鹿’sハウス」
馬・鹿・羊(ラム)のお肉が食べられるらしい。これは面白い!!
馬鹿’sハウス

軽快に階段を登り、ビルの通路を抜け、さらに階段を登る。
本当にこの道で正解なのか・・・。街中で迷子になった感覚が実に面白い。
ついにお店を発見。
馬鹿’sハウス

恐る恐る入ってみると、店内はカジュアルな雰囲気。
「馬鹿’sハウス」という怪しげなネーミングからの想像とは違い、清潔感がありお洒落~。

空いた窓から外を眺めると、釜川を上から見下ろす光景が。
爽やかな風と共に、登って来て良かったな~という想いが湧いて来た。
馬鹿’sハウス

メニューには様々な馬・鹿・ラム・合鴨料理がズラリ。
どれを食べたらイイか、迷うくらい。
実は来る前に会食があり、お腹が9分目という状態。もう入る余地は少なそう~。
馬鹿’sハウス

その時目に飛び込んできたのが「はじめました」の文字。
はじめたのは冷やし中華ではなく、「馬鹿呑み」
60分飲み放題+馬OR鹿一品ついて、1500円(税別)というプラン。何という嬉しいプランなんだ!!
それも一人~OK!!
馬鹿’sハウス

馬・鹿の2品を付けた「馬鹿呑み」2000円を注文しました。
まずは生ビールから・・・。なんと益子焼のグラスに注いでの提供。
口当たりがまろやかで、実に美味しい~。

その後、ジントニック、角ハイボールなど、60分を満喫。
一人なので、会話もなくひたすら飲む!!充実した時間を過ごさせて貰いました。
馬鹿’sハウス

料理が運ばれてきた!!
旨そうなビジュアルで、見ているだけで酒の肴になる!!
馬鹿’sハウス

「馬刺特上赤身」
馬鹿’sハウス

そして絶妙な火入れ状態の「鹿肉ステーキ」
馬鹿’sハウス

お腹一杯で追加の料理を注文出来ずにごめんなさい。
しっかり馬鹿を満喫させて貰いました。

パーティープランも用意されていますので、団体でワイワイと普段口に出来ないお肉を味わってみてはいかがでしょうか?
馬鹿’sハウス

〇「馬鹿’sハウス」
住所:宇都宮市曲師町5-4 3F
電話番号:028-306-2334
定休日:月曜日

営業時間:18時~24時
公式フェイスブック栃ナビHPぐるなびHP
馬鹿’sハウス
スポンサーサイト

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# Cafe&Bar Baum(日光市)

木々の緑が、五月の雨で濃くなっていく・・・。
雨の日光も美しい。

ちょっと足を延ばして、日光へ。
東武日光線 下小代駅近くにあるお店を目指しました。
Cafe&Bar Baum

事前に公式HPなどで予習をしていたので、駐車場もバッチリ。
踏切手前に数台分の駐車場が確保されています。
Cafe&Bar Baum

そこから線路沿いを歩いていくと・・・。
Cafe&Bar Baum

お店を発見!!「Cafe&Bar Baum(バウム)」。
まさに超が付くほどの隠れ家。
草木に覆われた古民家。どんなドラマが始まるのか、想像するだけでワクワクさせてくれます。
Cafe&Bar Baum

オープンの12時になった。
「雨の中ご来店、ありがとうございます」と笑顔で出迎えてくれたマダム。
Cafe&Bar Baum

カフェ好きにはたまらない室礼。
カウンター席やテーブル席、席によって景色が変わっていく。

店内写真はこの一枚のみにさせて貰います。是非お自分の目で愛でてくださいね。
各テーブルに生花が飾られ、店主のおもてなしの気持ちが伝わってきます。
Cafe&Bar Baum

黒板にはディナータイムの料理やドリンクがズラリ。
ビールやお酒も、初めて見る銘柄が並びます。
夜ここで飲み食いしたら、居心地が良くて家に帰りたくなくなるかも・・・。

ランチは1300円(税込み)。二種類から選べます。
+300円でデザートも付けられる。数種類から選んだのは「ゴルゴンゾーラのチーズケーキ」

まずは「野菜のマリネとサラダ ミラノサラミと共に」
シャキッと新鮮な野菜がお皿にたっぷり。葉一枚一枚に綺麗に味が乗っている。
Cafe&Bar Baum

ジャガイモと春菊のフリッタータ。
ケールのマリネ、キャロットラペも美味しい。
Cafe&Bar Baum

ご飯かパンか選べます。
自家製天然酵母のパンをチョイス。

小麦の香りが立ち、味わいが濃いパンで美味しい~。
パンとデザートはマダムが作っているとのこと。テイクアウトして家族にも食べさせたい。
Cafe&Bar Baum

「森林鶏のロースト 旬野菜と共に メープルマスタードソース」
美しいお皿。彩りも綺麗。
Cafe&Bar Baum

皮はパリッと、身はモッチリ。火の入れ方がお見事。
メープルマスタードソースとの相性も抜群。
奇抜な場所、そして店構えという見た目だけではなく、料理の中身が想像を超えていた。

ここのご主人、どこで修業していたんだろう。
帰り際にどうしても気になって尋ねてみると・・・。納得。しっかりと腕を磨かれてきた料理です。
Cafe&Bar Baum

深い苦み、余韻も素晴らしいコーヒーを頂きながら・・・
Cafe&Bar Baum

デザートの「ゴルゴンゾーラのチーズケーキ」を頂く。
ホイップしたばかりの生クリームの上には、酸味ある苺がたっぷり。
そしてこのチーズケーキ。ワインにピッタリ合いそうな大人のデザートに仕上がっていました。
Cafe&Bar Baum

お隣はマダムのお父さんが経営している木工家具工房「森のふくろう」。
「また来ます」と言葉を残し、気持ちよくお店を後にしました。
Cafe&Bar Baum

〇「Cafe&Bar Baum(バウム)」
住所:日光市小代260-5
電話番号:0288-25-7210
定休日:月曜日、月1回不定休あり

営業時間:12時~23時(L.O22時)
公式HP公式フェイスブック栃ナビHP
Cafe&Bar Baum

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# バン・マリー(日光市)

爽やかな五月晴れ。
ちょっと足を延ばし、娘の同僚さんお奨めの洋食屋さんに行ってみよう~。

旧今市市内。
日光街道から市役所前交差点を南に。
宇都宮地方法務局・日光支局の北側にお店がありました。

お店の名前は「バン・マリー」。1982年創業の老舗洋食屋さん。
レストラン バンマリー

まさに洋食屋さんのイメージ通り。
花に包まれ、地元の人に愛されているお店だと伺える。
レストラン バンマリー

11時30分~はランチタイム。
それにしても・・・9時30分オープンとは早いな~と思いながら店内に入って行くと・・・。
レストラン バンマリー

入口にショーケースが。
その中に美味しそうなケーキが並んでいるではないですか。
クロワッサンやスコーンも。
ケーキや焼き菓子を買われる方。デコレーションケーキをオーダーされる方など、次々と来店されている。
レストラン バンマリー

尋ねると、パティシエの修業をされていた娘夫妻が戻り、2016年にケーキ店を併設されたのだそうです。
お母さん、息子さん、娘さんとが醸し出す優しい空気に包まれた店内。
なんて寛げる空間なんだろう~。
ランチを食べ終わったら、ケーキをテイクアウトさせて貰おう。
レストラン バンマリー

ランチは1000円(すべて税込)~。
Dランチ「帆立のムニエル」1400円をお願いしました。

「サラダ」
レストラン バンマリー

「スープ」
レストラン バンマリー

そして「帆立のムニエル」
大粒でふっくらと焼き上げられ、ご飯も気持ちよく進みます。
レストラン バンマリー

添えられている「人参のグラッセ」にビックリ!!
こんなに美味しいグラッセは初めて。
レストラン バンマリー

目の前は、「りんご街道」と呼ばれている通り。
ドリンクは迷わず「りんごジュース」
レストラン バンマリー

デザートも手作り。「ミルクのジェラート」
新鮮な牛乳が詰め込まれた一品。爽やかな甘味が気持ちいい。地元農家さんの苺ジャムを添えて。
+200円で、ショーケースからお好きなケーキに変更も出来ます。
レストラン バンマリー

しばし和やかに、店主達との会話を楽しませて貰い家路につきました。
ランチ以外にカフェとしても楽しめそうです。
日光観光の際に立ち寄られてみてはいかがでしょうか。
レストラン バンマリー

夜には買ってきたケーキを。
「シュークリーム」250円、「チーズケーキ」420円、「サヴァラン」450円、「旬のフルーツタルト」420円
レストラン バンマリー

そして「ピスタチオとクランベリーのケーキ」500円。
洋食を食べにお邪魔したのに、美味しいケーキも食べられた!!凄く得した気分!!
レストラン バンマリー

〇「バン・マリー」
住所:日光市今市本町20-4
電話番号:0288-22-6972
定休日:月曜日

営業時間:9時30分~18時30分(ランチタイム11時30分~14時)
公式HP公式フェイスブック栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2100件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# カウンター(Visitor数)携帯NOカウント

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム