FC2ブログ

栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 鯉とうなぎのまるます家(北区赤羽)Part2

横浜からの帰り道、赤羽で長男と待ち合わせ。
日々節制した生活をしているようなので、昼飯をご馳走してあげようと途中下車。

赤羽駅北口を出て「一番街」へ。
目指すはあの有名店。男同士で行くには最適!!
鯉とうなぎのまるます家

昭和25年創業「鯉とうなぎのまるます家」は駅から歩いてすぐ。
午前11時と早い時間帯なので、余裕かと思いきや・・・。

満席!!
でも幸いなことに、冷房がきいた店内で待つことが出来ました。
鯉とうなぎのまるます家

待つこと十数分。席が空き、昼飲みの開始!!
まるます家は「ひとり三杯(ジャン酎なら1本)まで」しか飲めないルールになっています。
すでに飲酒している人は入店NG。泥酔せず楽しくお酒が飲めるようにと、ありがたい配慮。

早速ジャン酎1100円を注文。
ジャン酎とは、ジャンボ酎ハイの略。1リットルの大瓶で、7度のアルコール度数。
そのまま飲んでもOKですが・・・。
鯉とうなぎのまるます家

ライムやレモンなど別途注文できます。
レモン150円を頼むと、くし切りか輪切りか絞りか選べます。
頼んだのは絞り!!
鯉とうなぎのまるます家

お客さんで大賑わいなのに、注文したものは早くて確実。
「赤身まぐろ刺し」800円
鯉とうなぎのまるます家

「鯉生刺し」600円
泥臭さを感じさせない。コリッとした歯ごたえが楽しい。
最初毛嫌いしていた長男も、私の分まで食べていました。
鯉とうなぎのまるます家

「新たまねぎフライ」400円
鯉とうなぎのまるます家

「地鶏唐揚げ」600円
ニンニクが効いて、お酒にピッタリ。
鯉とうなぎのまるます家

「たらこ焼き」450円
鯉とうなぎのまるます家

「もろキュー」300円
鯉とうなぎのまるます家

〆はもちろん、うな重。
「亀重」2500円、「特上重」3000円の二種類。
私はすでにお腹いっぱいだったので、長男だけ注文。
鯉とうなぎのまるます家

漬け物と肝吸いも付いてきます。
鯉とうなぎのまるます家

長男は鰻を食べるのは四年ぶりだそうで、フタを開ける前から興奮気味。
「特上重」のオープンです。
鯉とうなぎのまるます家

身がふっくらとしていて美味しそう~。
高騰が叫ばれている中、東京で2500円~うな重が頂けるなんてありがたい。
見渡すとお酒など頼まず、うな重を食べに来店された人も多く見かけました。
鯉とうなぎのまるます家

店先で次々と鰻の蒲焼が焼き上がっていく。
お持ち帰りは2300円と2800円。
あっ!土産として買って帰れば良かった・・・。
鯉とうなぎのまるます家

〇「鯉とうなぎのまるます家 総本店」
住所:東京都北区赤羽1-17-7
電話番号:03-3901-1405
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)、月一連休あり
2018年の夏季休暇は、8/20-22

営業時間:10時~21時30分(但し、土日祝日は9時から営業、日曜日は21時閉店)
公式ツイッター食べログHP

# すし処 みや古分店(北区赤羽)Part2

JR赤羽駅南改札を出て西口へ。
そこから歩いて一分もかからない路地奥のお店に向かいました。
すし処 みや古分店

先月お邪魔したばかり
「すし処 みや古分店」。
再びお祝いの席で使わせていただきました。
すし処 みや古分店

カウンター席に座っての宴。
今回も感動のお料理が並びました。
すし処 みや古分店

「フグの白子 スッポンの餡」
下に硬めのシャリが忍ばせてあり、柚子の香りと生姜の辛さが絶妙。
すし処 みや古分店

「京都大枝塚原の白子筍の沢煮、穴子」
なんて素敵な歯ごたえなんだろう~。初めての食感に感動。
通常穴子が圧倒的な存在感があるはずなのに・・・。まさに二枚看板。
すし処 みや古分店

「タラの芽の天ぷら 鯛の白子」
なんて贅沢な一品なんだろう~。

このまま一品一品書いていたら書き終わりそうもないので・・・。
写真から少しでも美味しさが伝わってくえると嬉しいです。
すし処 みや古分店

「鮎魚女 菜の花の葛餡」
すし処 みや古分店

「毛蟹のミソ 酢飯 クチコ キャビア」
すし処 みや古分店

「十日熟成金目鯛 スッポンのお出汁」
すし処 みや古分店

「蕪のすり流し 白子の酒蒸し」
すし処 みや古分店

「コハダ」
すし処 みや古分店

「海老の黄身おぼろ」
すし処 みや古分店

「宮城の赤貝」
すし処 みや古分店

「青森のサクラマス」
すし処 みや古分店

「ダルマイカ」
すし処 みや古分店

「イサキ」
すし処 みや古分店

「銚子の中トロ」
すし処 みや古分店

「穴子」
すし処 みや古分店

グラスで頂いた日本酒
すし処 みや古分店

料理に合わせて日本酒をチョイスして頂きました。
この日お付き合いいただきましたA社長、ありがとうございました。
すし処 みや古分店

〇「すし処 みや古分店」
住所:東京都北区赤羽西1-4-16
電話番号:03-3901-5065
定休日:不定休

営業時間:12時30分~15時(水~日曜日:要予約)、17時30分~23時
公式HP

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

# すし処 みや古分店(赤羽)

JR赤羽駅南口から歩いて1~2分。
こんな近くに、隠れ家のようなお寿司屋さんがあったとは・・・。

駅東の喧騒が嘘のよう。
周囲は落ち着いた住宅街という雰囲気が漂う。

さらに細い路地に進んでいく。
グーグルマップで予習をしていたので自信をもって路地に入れましたが、初めの方はたどり着くまでがドキドキ。
これがまた、楽しいものです。
すし処 みや古分店

黒い外壁に、暖簾がかかている。
ここが「すし処 みや古分店」。
すし処 みや古分店

外灯に店名が書かれているだけで、大きな看板はありません。
今宵はこちらでの宴。
すし処 みや古分店

靴を脱いで店内に。
8席のカウンターに4人掛けのテーブル席。
奥には個室があるようようです。

一見さんでお邪魔しましたが、店主が温かく迎い入れてくれました。
その笑顔を見て、表情が緩む私達。長年通っているかのような居心地の良さを感じました。
すし処 みや古分店

夜のカウンター席は1万5千円(税別)~。
おまかせで、次々とリズムよく料理が運ばれてきます。

「蕪のスリ流し」
綺麗な甘さが心地いい。
すし処 みや古分店

「静岡県 早掘りの竹の子」
すし処 みや古分店

「鯖の棒寿司」
すし処 みや古分店

「穴子」
すし処 みや古分店

「てっぴ大根」
ふぐのお出汁がたっぷり含んだ大根。
すし処 みや古分店

「ふぐのみかわ、白子」
すし処 みや古分店

「甘鯛 菜の花の葛餡」
すし処 みや古分店

「ふぐの白子、キャビア、アワビの煮汁」
すし処 みや古分店

これらの美食のお供として、ご主人チョイスの日本酒も堪能させて貰いました。
すし処 みや古分店

ここから握りのスタート。
「コハダ」
すし処 みや古分店

「まきえび」
すし処 みや古分店

「大分のかんぱち」
すし処 みや古分店

「はまぐり ともがけ(煮汁をかけて)」
すし処 みや古分店

「さくらます」
すし処 みや古分店

「すみいか 雲丹入り」
すし処 みや古分店

「ホッキガイ」
すし処 みや古分店

「明石のアマガレイ」
すし処 みや古分店

「出水の鯵」
すし処 みや古分店

「雲丹」
すし処 みや古分店

パリッとした海苔に包んで
すし処 みや古分店

「鮪の中トロ」
すし処 みや古分店

「穴子」
すし処 みや古分店

「しま海老入りの玉」

こちらの素敵なお店を紹介してくださった「mocamamaさん」、誠にありがとうございました。
またお邪魔したいと思わせてくれるお店に、出逢うことが出来ました。
すし処 みや古分店

〇「すし処 みや古分店」
住所:東京都北区赤羽西1-4-16
電話番号:03-3901-5065
定休日:不定休

営業時間:12時30分~15時(水~日曜日:要予約)、17時30分~23時
公式HP

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」を。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2250件、ブログ記事は4900件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# カウンター(Visitor数)

# カウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# 最新記事

# カテゴリ

# 月別アーカイブ

# カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア(楽天)

# フリーエリア

# QRコード

QR

# 検索フォーム