栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# の崎屋(鹿沼市)

私達には懐かしく、若い人には新鮮感覚。
「コッペパン専門店」が次々とオープンし、人気を集めています。

2017年12月、ヨークベニマル鹿沼店内にオープンしたのは、「こっぺぱん専門店 の崎屋」。
買い物帰りに気軽に買い求めることが出来ます。

今回は仕事で鹿沼市に行っていたSさんが、お店の写真と共に大量のコッペパンを買ってきてくれました。
の崎屋

大きく分けると、「おやつこっぺ」と「おかずこっぺ」。
手軽な値段で豊富なメニューから選べます。

Sさんも悩んだ挙句、ついつい多めに。
お腹空いた時間帯に買い求めるのは、危険かもしれませんね。
の崎屋

帰って来て、早速店開き。
油紙に包まれたこっぺぱん。片手でパクリと頂けるサイズです。
の崎屋

「いちご練乳クリーム」240円、「フルーツこっぺ」280円
の崎屋

「粒ピーナッツ」220円、「あげこっぺぱん」180円
の崎屋

「じゃむマーガリン」180円、「あんこマーガリン」180円
の崎屋

私は「じゃむマーガリン」を頂きました。
昔ながらのコッペパン。ほのかなパサつき感が昔を思い出させてくれました。
じゃむやマーガリンがたっぷり。17時過ぎのおやつタイム。夕飯抜きになりました。
の崎屋

〇「の崎屋」
住所:鹿沼市西茂呂2-23-14 ヨークベニマル鹿沼店内
電話番号:080-9674-3161
定休日:不明

営業時間:9時30分~19時
公式HP

テーマ:栃木の食べ歩き - ジャンル:グルメ

# のこコッペ(鹿沼市)

運転免許証の更新で、鹿沼市にある「栃木県運転免許センター」に。

新しい免許証には、「平成35年の誕生日」と有効期限が記載されていました。
実は前回の昭和、平成切り替え時期に、更新期限の10日後に気が付き失効させた痛い想い出が。
もうそろそろ西暦表記で記載して欲しいものです。

ということで、久しぶりの鹿沼市。
行ってみたいと思っていたお店に、お邪魔することにしました。

そこは東武日光線の新鹿沼駅近くにある「のこコッペ」。
国道293号線沿いにお店がありました。
のこコッペ

駐車場はお店の裏側(東側、愛光(眼鏡屋さん)さんの隣に用意されていました。
のこコッペ

お店の外、そして店内にも座れる場所が用意されていました。
黒板には本日のメニューがズラリ。組み合わせも可能だそうです。

お値段が150円(すべて税込)~と良心的。
近くの男子高校生が、一本だけ買って行った。
のこコッペ

コッペパンの他、店内で焼いているメロンパン、アップルパイも。
店内に焼きたてパンのいい香りが広がっていく~。

お姉さんがひとりで切り盛りしているお店。
合間の会話から、穏やかな人柄が伝わってきました。
のこコッペ

家に帰り店開き。
ズラリとコッペパンが並びます。
のこコッペ

あれ?これでは何が入っているかわからない・・・。
安心してください、包装に書いてあります。
「あんバター」150円、「ピーナッツバター」150円、「カスタード」180円
のこコッペ

私は懐かしい「あんバター」や粒粒感ある「ピーナッツバター」が好きですが、子供達は「カスタード」が気に入った様子。たっぷりクリームが挟まっています。
のこコッペ

惣菜が挟まった食事系のコッペパンもボリューム満点。
「卵」「ポテトサラダ」のハーフ&ハーフを作ってくれました。180円
食べ応えもあり、しっかりお腹にたまります。
のこコッペ

デザート系のコッペパンも。
「フルーツ生クリーム」250円
もちろんこちらは子供たちが真っ先に。見た目も迫力満点です。
のこコッペ

焼きたてのメロンパンも我が家で大好評。
「紅茶」「チョコチップ」「ハチミツ」、各200円。
日替わりメニューも用意されていますよ。
のこコッペ

〇「のこコッペ」
住所:鹿沼市鳥居跡町1008-2
電話番号:090-4707-0037
定休日:月曜日、第一・三日曜日(但し2018/3/5(月)営業→3/6(火)代休、3/19(月)営業→3/20(火)代休になります)

営業時間:11時~売り切れ次第終了(14時~15時配達の為留守します)
栃ナビHP
のこコッペ
(北は下です)

テーマ:栃木の食べ歩き - ジャンル:グルメ

# コッペパン専門店 ピエトラ(真岡市)

真岡市に来たのなら、あのお店にも是非立ち寄ろう~。

「コッペパン専門店 ピエトラ」。
ナビに住所を登録し車を走らせる。

真岡市街地から北へ。
東に進路を変え、五行川を渡った所で看板が目に飛び込んできました。

勝手に「街中にあり、学生が帰宅途中に立ち寄る」とイメージしていましたが・・・。
まったく予想に反していました。
コッペパン専門店 ピエトラ

奥さまや会社員などお客さんが次々と。
駐車場に次々と車が停まっていきます。

コッペパンと言うと「学生のおやつ」という印象でしたが、現実はファン層・用途が幅広い。
お友達への手土産、部下への差し入れ等で、大量購入する方々も見かけました。
コッペパン専門店 ピエトラ

まるで西部劇に出てきそうな店舗にも、ワクワクさせられます。
若い人なら、某テーマパークに迷い込んだ印象を持つことでしょう。
コッペパン専門店 ピエトラ

室礼も凝っています。
イタリア語で「石」を意味する「ピエトラ」。
石が置かれており、コッペパンに見えるから不思議です。
コッペパン専門店 ピエトラ

黒板にはズラリとメニューが描かれています。
種類豊富で何にしようか迷ってしまいます。
コッペパン専門店 ピエトラ

ショーケースをみると、品薄状態。
ご安心を。注文後に出来立てを作って提供してくれました。
コッペパン専門店 ピエトラ

自宅に戻って店開き。
ひとつひとつがズッシリ重い。

「あんマーガリン」150円、「レアチーズ風クリーム」170円、「モンブラン&ホイップ」200円
「ハム玉子」200円、「ベーコンとコーンポテサラ」210円、「キーマカレー&チーズ」230円、「トマト煮チキン入りチェダーチーズ」240円
コッペパン専門店 ピエトラ

「ベーコンとコーンポテサラ」を取り出してみました。
袋を開けると食欲誘うパンのいい香り~。
コッペパン専門店 ピエトラ

ふっくらとしたコッペパンに具材が惜しげなくサンドされています。
一口目からポテサラに出会える~。
なるほど、重いはずです。
コッペパン専門店 ピエトラ

この日の夕飯はコッペパン。
もっちりとした食感が心地よく、競うように食べてしまいました。
コッペパン専門店 ピエトラ

〇「コッペパン専門店 ピエトラ」
住所:真岡市田島1135-2
電話番号:0285-82-9292
定休日:日曜日、月曜日

営業時間:11時~18時(売り切れ次第終了)
公式HP公式ブログ栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」を。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2200件、ブログ記事は4700件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# カウンター(Visitor数)

# カウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア(楽天)

# フリーエリア(アマゾン)

# フリーエリア

# QRコード

QR

# 検索フォーム