栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# とんかつ 阿佐佳(宇都宮市)-3

650円で本当にイイの?

昭和を思い出させる値段設定で、お邪魔した日も12時には満員御礼。
席が空くのを待つ人が、玄関先に並んでいました。
とんかつ 阿佐佳

宇都宮高校からJR日光線の陸橋を超えてすぐ、栃木街道沿いにある「とんかつ阿佐佳」。
お店の前と、栃木街道向かい側にも駐車場が完備されています。
とんかつ 阿佐佳

玄関を開けると、すでに大勢のお客さんが。
みなさん、食べる気満々。

11時30分~14時のランチメニューをご覧ください。
四桁になるメニューはありません。ロースかつ定食でさえ、650円(すべて税別)。
とんかつ 阿佐佳

8%の消費税を入れても、702円というリーズナブルさ。
会計をスムーズに済まそうと、常連さんは「2円」を財布に入れてランチを頂くとのこと。

前回は専門店もビックリという「ハンバーグ定食」。
650円とは思えない本格派。この日もとんかつ屋さんなのに、ハンバーグを注文する人が多数いました。

今日は前回と変えて「チキンカツ定食」650円をお願いしました。
たっぷりキャベツ、揚げたてのチキンカツ。
とんかつ 阿佐佳

普通盛でもガッツリ大盛サイズ。
向かいに座った方が+50円で大盛ごはんを注文。
茶碗にギュッと詰まったご飯がもっこりと、頭一つ飛び出していました。
とんかつ 阿佐佳

カリッと揚げられたチキンカツ。
身は柔らかく、ご飯が進みます。特製ソースは甘辛く、食欲を誘います。
とんかつ 阿佐佳

食後にはホットコーヒーも。
しっかりと美味しいコーヒーで、最後まで満足させて貰いました。
とんかつ 阿佐佳

テイクアウトのお弁当を受け取りに来られる方も多く見かけました。
ハンバーグ弁当が650円。お弁当もリーズナブル。

夜のメニューを見ても嬉しい価格設定でした。
とんかつ 阿佐佳

○「とんかつ 阿佐佳」
住所:宇都宮市西川田町1027-16
電話番号:028-645-0632
定休日:水曜日

営業時間:11時30分~14時(L.O)、17時30分~20時30分(L.O)
栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# やまなか茶屋(日光市)

宇都宮市の中心地から車で約30分程度。
日光宇都宮道路、土沢ICを降り日光街道方面に向かうと左手にお店の看板が見えて来た。

防風林に守られた立派な古民家。
ここが2015年5月にオープンした「やまなか茶屋」。
やまなか茶屋

築210年超、江戸時代に建てられた古民家を改装して作られたお店。
新聞にも取り上げられた「うどんとカフェの店 みず家」が、店主の奥様の実家であるこの建物に移転オープンされたのだそうです。

日光の隅々を紹介しているブログ「日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記」で、「やまなか茶屋」の紹介記事を読んでからお邪魔するまで、随分時間が経ってしまいました。
やまなか茶屋

入ると店主の朗らかな笑顔で迎い入れてくれました。
こちらの人気メニューは、「ソースかつ丼」と「うどん」(特に、クリーミィーたらこうどんが人気だとか)。
どちらも楽しめる「ソースカツ丼セット」1500円(税込)をお願いしました。
やまなか茶屋

料理が出来上がるまで少し店内を見させて貰おう。
土間の部分は靴を脱がずに食事を楽しめるテーブル席。
太い梁と柱を見ることが出来ます。

土間の先には囲炉裏。
やまなか茶屋

そして座敷間が続きます。
こちらでも食事が楽しめるよう、テーブルがセッティング。
やまなか茶屋

神棚の隣には一枚の貼り紙が。
なんと「隠し部屋」があるのだそうです。
盗賊などが侵入してきた際に隠れるのを目的に作られたとか。
やまなか茶屋

少し高台に建てられた建物。
広々とした緑が窓から望めます。外にもテーブル席。
これからの季節、気持ちよさそう~。
やまなか茶屋

運ばれてきたお水をゴクリ。
なんてまろやかで美味しい水なんだろう~。
地下30メートルからくみ上げられた地下水とのこと。日光の大地で清められたお水はさすがに美味しい~。
やまなか茶屋

お膳に乗って、「ソースかつ丼セット」が登場しました。
やまなか茶屋

見事なフォルム。
器からはみ出るほどのソースかつが乗っている!!
やまなか茶屋

堂々たる厚みのかつ。
歯切れがよくサクサクと入って行きます。

穏かな表情のソースは癖が無く飽きがこない。
豚の綺麗な旨味が伝わってきました。
やまなか茶屋

うどんは温かいものと冷たいものと選べ、冷たいうどんをチョイス。
こちらのサイズは半サイズ。
やまなか茶屋

小鉢と香の物も付いてきます。
やまなか茶屋

セットは食後のコーヒーも付いてきます。
「やまなか茶屋」のコーヒーはこだわりの「ロイヤルクイーンブレンド」。
やまなか茶屋

酸味、苦みが抑えられ口当たりがまろやかですが、ジーンと豆の旨味が後味として残ります。
美味しさの余韻を楽しみながら、お店を後にしました。
やまなか茶屋

〇「やまなか茶屋」
住所:日光市土沢1072
電話番号:0288-30-3305
定休日:第一・三水曜日、木曜日(1~3月は、水曜日、木曜日)

営業時間:11時~15時30分(L.O15時)
栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 千のじ 五福(宇都宮市)-5

お盆で帰省した長男とふたりでランチ。
「お肉が食べたい」という要望を受け、ステーキや焼肉などが頭を過りましたが・・・。

お邪魔したのは、人気ベーカリー「ペニーレイン 鶴田店」南側の住宅街にあるお店。
「千のじ 五福」。7月で10周年を迎えたとんかつ専門店です。

約5年ほど前に、長男と娘を連れてお邪魔したお店。
その時のことを長男はちゃんと覚えていました。
千のじ 五福

店名の「千のじ」とは、オーナーの実家が1838年創業の魚屋さん。
江戸時代の屋号が「千のじ」とのこと。

ですので、とんかつ専門店ですが刺身などのお魚料理も魅力のひとつ。
「千のじ定食」1575円(税抜)をお願いしました。
千のじ 五福

ヒレカツ、海老フライ、野菜フライ。
衣がサクサクで、食べていて楽しい~。
千のじ 五福

お刺身盛り合わせも付いてきます。
このお刺身だけでも、ご飯が一膳食べられる。
千のじ 五福

長男は「ロースかつ定食」1575円(税抜)
千のじ 五福

ヤシオポークというブランド豚を使用しています。
千のじ 五福

お店の提案通り、すりごまを直接とんかつに乗せて。
美味しそうにペロリと完食。
千のじ 五福

デザートは「自家製ヨーグルトのムース プラムソース添え」
千のじ 五福

そしてドリンクも付いてきます。
「人参とリンゴのジュース」と「アイスコーヒー」でご馳走様でした。
千のじ 五福

○「千のじ 五福」
住所:宇都宮市鶴田町948-2
電話番号:028-611-1809
定休日:月曜日(夏季休暇:2017/8/21~24)

営業時間:11時~14時30分、17時~21時30分
公式ブログ栃ナビHP
千のじ 五福

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2100件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# カウンター(Visitor数)

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# 提携サイト(楽天)

# フリーエリア

# QRコード

QR

# 検索フォーム