栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# 小三郎(栃木市)

北風吹きすさぶ中、外で一時間以上いたので体の芯から冷え切ってしまった。
特にこの日は強風が吹き荒れ、体感温度は0度を下回る。

せっかく佐野に来たので、佐野らーめんを頂こうという話になり・・・。
名物の「生姜らーめん」で温まることになりました。

生姜らーめんといえば、旧50号線沿いにある「小三郎」。
ラーメン好きの人には知らない人はいないという有名店です。
小三郎

オープンの11時ちょっと過ぎに訪れましたが、駐車場には車がビッチリ。
すでにウェイティングしている人もいるではないですか!!
小三郎

ちらっと店内をみると、第一陣の人達がすでにラーメンを口にしている。
オペレーションがスムーズですので、待っていてもしばしの我慢と判断。
名前を書いて、席が空くのを待とう~。
小三郎

寒い中待っている人々。でもみなさん凄く穏やか。
これが日常の風景と達観しているからなのでしょうか?
店員さん達がキビキビと動き、誠実なオーラがお客さんに伝わっているという要素も大きいと感じました。

ついに店内に。
テーブル席、小上がりの席、そしてカウンター席。みなさん美味しそうにラーメンを頂いている。
小三郎

メニューはシンプル。
大別すると、醤油ラーメン、生姜ラーメン、つけ麺の三種類。
「餃子も凄いんですよ!」とラーメン通さん。
小三郎

私はもちろん「生姜らーめん」750円(税込)
鶏ガラ、鰹節、香味野菜の出汁に、塩と醤油のカエシを加えた美しいスープ。
上質な旨味で、飲み進めても疲れない。
小三郎

千切りと生姜には刻みチャーシューが加えられている。
スープに溶かしながら頂くと、あら不思議。鼻がスッと抜けて爽快な気分。
穏かで優しいスープに、ピリッとしたアクセント。これはよく合う。
小三郎

手もみの自家製麺はコシがあり、スープも絡み実に美味しい。
チャーシューもしっとりと、口の中で解れます。
小三郎

通常の倍はあるだろう「ぎょうざ」は5個で400円。
さすがに一人では食べきれず、みんなで頂きました。
具がギッチリと埋まり、一個でも大満足。
小三郎

お店が遠くて・・・。
並ぶのは苦手・・・。
という人には、テイクアウトやお取り寄せもしてくれるみたいです。
小三郎

毎日食べても飽きないらーめんですよ。
(Yさんが食べた、チャーシューめん)
小三郎

〇「小三郎」
住所:栃木市大平町西水代2865-1
電話番号:0282-43-0414
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、詳細は下記の公式HPを参照ください。

営業時間:11時~19時30分(準備中なし)
公式HP栃ナビHP
小三郎
スポンサーサイト

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 中華料理 大華飯店(宇都宮市)Part2

約10年ぶり。
宇都宮市役所南にある「中華料理 大華飯店」にお邪魔してきました。
大華飯店

驚くことに、10年前と値段はほぼ一緒。
定食は750円(税込)。但しメニュー数は現在は19種類まで増幅しています。
壁には手書きのメニューがズラリ。
大華飯店

何を頼もうか・・・迷うことしばし。
若い男性客ばかりかと思いきや、女性のグループ客が大いににはビックリ。
但し定食系ではなく、らーめんなどの単品を注文していた様子でした。
大華飯店

「生姜焼き定食」750円(税込)を注文。
厨房から豪快に鍋を振る音が聞こえて来る~。

ついに定食の登場です。
大華飯店

玉葱が多めなですが、生姜の辛さと玉葱の甘さが相まって、食欲誘う甘辛さが実にイイ。
柔らかい豚肉が、食べても食べても玉葱の合間から登場してきます。
大華飯店

ご飯はまさに丼サイズ。
一食で、この量の白米を食べたのは久しぶり。
大華飯店

冬だというのに額から汗が滴り落ちて来た。
残すなんて罰当たりは出来ないと、必死に食らいつき無事完食。
今晩は夕飯食べないでもいいかな?
大華飯店

〇「中華料理 大華飯店」
住所:宇都宮市一条1-6-5 新泉ビル
電話番号:028-638-7325
定休日:日曜日、祝日

営業時間:11時~14時30分、17時~20時
栃ナビHP

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# 丸高屋 西三島店(那須塩原市)

新年、初めての外食は那須塩原市の「丸高屋 西三島店」でした。

東北自動車道、西那須野塩原ICを降り、国道400号線沿いにあるらーめん店。
すでに外まで長い行列が出来ていました。
椅子や暖房器具が配置され、ありがたい配慮。
丸高屋 西三島店

「大吟醸味噌」!?
大吟醸といえば、日本酒で耳にすることはありますが・・・。
どんならーめんなのか、想像がつかない。
丸高屋 西三島店

外には日本酒の樽がズラリと並べられている。
らーめん店とは思えないビジュアルに、ワクワクさせられました。
丸高屋 西三島店

やっと席が空き、さあ頂くことにしましょう。
丸高屋 西三島店

私は「丸高屋味噌らーめん」799円(税別)
まずはスープを一飲み。口の中で広がる味噌の香り。ふくよかな旨味がたまらない。
それでいてしつこくないので、飲んでいても飽きが来ません。

炙りチャーシューも香ばしく、軽快。
丸高屋 西三島店

丸高屋の普通盛りは、通常のお店より確実に多い。
食べても食べても麵が出てくる・・・という印象。メニューに「小さめ」がある理由がわかりました。
丸高屋 西三島店

メニューの裏側に、大吟醸味噌というネーミングの理由が。
スープには大吟醸の酒粕が、麺には大吟醸の酒が加えられているんです。
日本料理によくお酒を入れますが、らーめんにもお酒の効力は偉大なんですね。
丸高屋 西三島店

Kさんは「旨辛野菜味噌らーめん」850円(税別)
丸高屋 西三島店

Yさんは2月28日までの限定メニュー「濃厚あさり味噌らーめん」900円(税別)
丸高屋 西三島店

そして・・・驚きのメニューを注文したのはNさん。
「ドデカ!からあげ味噌らーめん」899円(税別)
らーめんにからあげという組み合わせにもビックリですが、その大きさに思わず仰け反りました。
ドンブリをも超えるからあげ。一本かと思ったら、大きなからあげが二個。
うまそう~!!からあげが大きすぎて、ドンブリが小さく見える!!
丸高屋 西三島店

ということで「ドデカ!からあげ 4個」580円をみんなでシェアー。
那須塩原市美原町の新京飯店オーナーがプロデュースしたからあげ。
丸高屋 西三島店

一個でもこの大きさ。
カリッと揚がった胸肉。油が軽く気持ちよく頂けました。
丸高屋 西三島店

ついでに「焼き餃子6個」390円もみんなで。
千本松牧場「那須ポーク」を使った餃子は、ニンニクも効いていて味が濃い。
寒いとこの味の濃さが嬉しい~。

いやーついつい食べ過ぎてしまいました。
黒ウーロン茶が飲み放題の理由がわかった気がしました。
丸高屋 西三島店

〇「丸高屋 西三島店」
住所:那須塩原市西三島4-183-3
電話番号:0287-36-8180
定休日:年中無休(元旦は除く)

営業時間:11時30分~22時
栃ナビHP
丸高屋 西三島店

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
掲載したお店や場所が2000件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

# カウンター(Visitor数)

# アクセスカウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# フリーエリア2

# フリーエリア4

# フリーエリア

# 提携サイト

# QRコード

QR

# 検索フォーム