栃木県宇都宮市から、ふら~と発信中です。

# THE STANDARD BAKERS(宇都宮市)

首都圏から大型観光バスが続々と訪れ、観光スポットになりつつある「宇都宮市大谷エリア」。
大谷石の地下採掘場を見られる「大谷資料館」周辺は、大型駐車場も完備され受け入れ態勢が整ってきました。

本日、2018年4月18日グランドオープンするのが、「THE STANDARD BAKERS」。
大谷平和観音がある大谷公園の入り口にあった、築50年の建物(旧・大谷レストハウス)をリノベーション。
石の街・大谷に、新しい賑わいが生まれそうです。
THE STANDARD BAKERS

お邪魔したのはプレオープン中のある日。
目の前にある、市営大谷駐車場に車を停めて。
無料駐車場で、ここを起点に大谷寺や大谷公園などを楽しむことが出来ます。
THE STANDARD BAKERS

この日も目的、レストランでランチ。
その後併設のベーカリーで、パンを購入し家路につくこと。

外からでもパンを焼く風景が見える。
近所が「パンを焼くイイ香りが我が家にも漂ってくるんだよ」とニコニコ顔で話してくれました。

入って左手のレストランコーナーへ。
オープンキッチンになっています。

外から柔らかい日差しが差し込む。
二階にも席があるようで、次々とお客さんが階段を登っていく。
THE STANDARD BAKERS

ランチは1200円(すべて税込)~。
サラダ、スープ、ドリンクがセットになっています。

15時からのカフェタイムには、ケーキなども楽しめるようです。
今回は「野州いっこく鶏のソテー~ブルゴーニュバターソース 那須御養卵のオムレツ~」1600円(税込)をお願いしました。
そこに「日替わりランチデザート」+250円を追加。

まずはスープ、「人参のポタージュ」。
これが宇都宮では口にしたことがない、ふわふわメレンゲのようなポタージュ。
THE STANDARD BAKERS

サラダも色彩鮮やか。
栃木県産の野菜を使っているとのこと。
苺とブルーベリーが添えられ、爽やかなビネガーが一枚一枚のリーフに綺麗に乗っている。
THE STANDARD BAKERS

ライスかパンかを選べ、もちろんパン。
焼きたてのパンを楽しませて貰いました。
THE STANDARD BAKERS

メインディッシュ。
野州いっこく鶏とは、足利と鹿沼でしか育てられていない希少な鶏だそうです。
皮はパリッと、身はふっくらと焼き上げられ、美味しく頂きました。
添えられているイタリアンオムレツもふっくらなめらか。チーズもたっぷり。
THE STANDARD BAKERS

ドリンクはコーヒーをチョイス。
キリッとした苦み、余韻も美しい~。
THE STANDARD BAKERS

+250円の「日替わりランチデザート」。
レモンのケーキをチョイス。
しっとり爽やかレモンの風味。コーヒーともよく合います。
THE STANDARD BAKERS

食後にはベーカリーコーナーでお買い物。
焼きたてのパンがたっぷり棚に並んでいました。
THE STANDARD BAKERS

こちらでテイクアウトのドリンクを買い求める人も多く見かけました。
これからの季節、水出しコーヒーとパンを片手に、大谷公園で寛ぐのもイイかもしれませんね。
THE STANDARD BAKERS

ということで、家路につく前に大谷公園に立ち寄ってみよう~。
「天狗の投石」という珍しい石が崖の上に・・・。まさに石の街!!
THE STANDARD BAKERS

歩いてすぐに「大谷公園」到着。
太平洋戦争終戦後、6年かけて手彫りで掘られた「大谷平和観音」。
像の高さは88尺8寸8尺(26.9m)、圧巻の大きさです。
THE STANDARD BAKERS

久しぶりに像後方の展望台に登ってみよう。
大谷平和観音のお尊顔を間近に拝む。
後方には廃墟となった「山本園大谷グランドセンター」が見える。
THE STANDARD BAKERS

見下ろすと、日本最古の石仏「大谷観音」を祀る「大谷寺」が。
平安時代、弘法大師の作と伝えられている石仏ですので、是非一度はご覧になってください。
THE STANDARD BAKERS

〇「THE STANDARD BAKERS」
住所:宇都宮市大谷町1159
電話番号:028-652-5588
定休日:火曜日(7月・8月は無休、火曜日が祝日の場合は営業)

営業時間:平日10時~18時、土日祝日9時~18時
       ランチタイム11時30分~15時(L.O14時30分)、カフェタイム15時~
公式HP公式フェイスブック
THE STANDARD BAKERS

(追伸)
何といっても、「クロワッサン」230円。そして「ベーコンと玉葱のタルティーヌ」300円。
「大谷バケット」320円、「ベーカーズブレット」320円と美味しいパンを堪能させて貰いました。
THE STANDARD BAKERS

テーマ:栃木の食べ歩き - ジャンル:グルメ

# 飯屋SUN(日光市)

男体山のような見事な盛りのローストビーフ丼が食べられるらしい。

二十代、三十代なら写真映えする「特盛り」が食べられたかもしれないが、私もいい年齢。
美味しく食べきれるのは「並盛り」、せいぜい頑張っても「大盛り」が精一杯だ。
と思ってました。

食べた後だから言える。
「特盛り」も美味しく食べれる自信あり!!
否、正確に言うと「特盛り」を食べたかった、と。

日光宇都宮道路、大沢ICを降りてすぐ。
コメリ今市大沢店斜め向かい、新里街道沿いにオープンした「飯屋SUN」。

元はラーメン店だった店舗。
スタイリッシュな建物で、駐車場もたっぷり用意されています。
飯屋SUN

玄関入ってすぐの四人掛けのテーブル席に座らせて貰いました。
奥にもテーブルが並べられ、ゆったりと配置されていたのが印象的。
飯屋SUN

すでに有名ブロガーさんがUPしていたので、事前情報もバッチリ。
でもランチメニューが増えた様子。
ステーキ丼Wやローストビーフカレーも美味しそう~。
飯屋SUN

事前情報にあった「生姜焼き」や「唐揚げ」は?
と思ったら、裏側にちゃんと記載されていました。
飯屋SUN

この日厨房から提供された料理のほとんどが、「ローストビーフ丼」。
やはり絶対的なセンター。次点でステーキ丼が続きます。

そうそう、土日のランチの問い合わせが多いようですので情報を追加しておきます。
(この書きっぷりからすると、祝日もOKかも・・・)
飯屋SUN

今回お願いしたのは「ローストビーフ丼 大盛り」950円(税別)
この時点ではライス220g、ローストビーフ110gを絶対食べきろうと心に誓い、注文させて貰いました。

早速セットに付いてくるソフトドリンク。
ホットコーヒーをチョイス。大きめのコップにたっぷり。
飯屋SUN

続いてサラダ。
リーフ達の鮮度がイイ。お客さんの入りの良さが伺えます。
ドレッシングも好み。
飯屋SUN

スープは「とき卵とキノコのスープ」
旨みたっぷり、身体が温まります。
飯屋SUN

さほど待つことなく、お目当ての「ローストビーフ丼」が運ばれてきました。
こんもりと盛られた姿は、惚れ惚れするほど立派。
サッパリと味に変化を与えるレモンが、あとあといい仕事をしてくれます。
飯屋SUN

普通のポテサラかなと口にすると、ムース状のポテト。
ローストビーフと共に食べると、平和な牧草地帯が目に浮かびます。
飯屋SUN

ローストビーフ自体の美味しさも、お伝えしないと。
時間をかけてゆっくり火入れされたビーフは、美しい紅色。

口に入れるととろけるような柔らかさです。
絶妙な薄さに切られているので、口の中で旨みが舞います。
飯屋SUN

半分にはクリーミーなわさびのソース(さほど辛さは感じません。)
飯屋SUN

半分には甘みもあるオニオンソースがかけられ、このソースの競演も見事
テーブルに置かれている黒胡椒を振りかけると、また味わいが変わる。
飯屋SUN

頂上に乗っている半熟卵と絡ませると、コクが出てさらに旨し。
最後はスプーンで、ソースも綺麗に。ペロリ。

大盛りなのに、飽きることなく最後まで美味しく頂けました。
飯屋SUN

会計を済ませると厨房の奥から店主らしい人が、「ありがとうございました」と。
思わず、「ご馳走様でした、美味しかったです」と厨房に向かって声をかけていました。
飯屋SUN

〇「飯屋SUN」
住所:日光市木和田島1571-282
電話番号:0288-28-9013
定休日:水曜日、第三木曜日

営業時間:11時~14時、17時~22時
公式HP公式フェイスブック


(追伸)
後日の数名で再訪。
こちらが、「ローストビーフ丼 特盛り」1200円(すべて税別)
あたまひとつ跳びぬけていました。
飯屋SUN

「ローストビーフカレー」980円
こちらもたっぷりのローストビーフ!!
飯屋SUN

ステーキ丼を頂こうと思うも、その日はステーキが完売。
「若鶏の唐揚げ定食」680円をお願いしてみました。

柔らかい唐揚げがたっぷり。
ほんのり酸味あるマヨ系ソースが唐揚げとバッチリ合っていました。
飯屋SUN

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# キマグレイチバ(宇都宮市)

雀宮の人気洋食店「キマグレイチバ」。
2017年12月21日、今泉町に移転しリニューアルオープンをしました。

早速お邪魔しようと何度か試みましたが、駐車場は一杯。
玄関口に並んでいる方がいたりと、早速の人気ぶりに驚かされました。

休日満を持して、オープン時間前にお店に到着。
お店が開くのを待つことに。
11時15分玄関が開くときには、7~8名の列が出来ていました。
キマグレイチバ

専用駐車場は新幹線高架下。
柱と柱の間に告知看板が付いています。
キマグレイチバ

但しお店の正面部分ではなく、ひとつ北側のスペース。
お間違えないようにしてください。
キマグレイチバ

待っている間にランチ内容を確認。
前菜・スープ・パンORライス・好みのメイン料理が付いて1000円(すべて税別)
食材の高騰などで値上げするお店が多い中、この値段設定は嬉しい。
キマグレイチバ

店内は思った以上に広々。
キッチンの様子が伺えるカウンター席に座らせて貰いました。

駐車場は一杯でも、席は余裕があるというケースが多いかもしれません。
キマグレイチバ

メニューを見ると、選べる「メイン料理」が実に多彩。
ハンバーグやグラタン、ロールキャベツ。オムライスやカレーライスもある。
本日の肉料理は「若鶏のチーズクリームソース」OR「豚ロースのカツレツ」。
本日の魚料理は「海老フライ」や「白身魚のムニエル」とどれにしようか迷うぐらい。
キマグレイチバ

「キマグレイチバ」と言えば・・・「オムライス」。
今日は「オムライス(とろとろの裏)」1000円+「ランチデザート」200円+「ランチドリンク」100円=1300円(税別)を。

まずは前菜
サーモンとブリのマリネ、二色のソースで。
見た目も美しい。
キマグレイチバ

温かなスープも付いてきます。
キマグレイチバ

メインの「オムライス」。
たっぷりドミグラスソースの中央に、こんもり浮かぶオムライス。
とろとろ状態の裏を表面にしているので、ソースと良く絡みます。
丸みある美味しさで、気持ちよく頂けました。
キマグレイチバ

本日のデザート200円は「リンゴのケーキ」
キマグレイチバ

ホットコーヒー100円を頂きご馳走様でした。
FKD宇都宮店に行かれた際にでも、是非立ち寄ってみてください。
キマグレイチバ

〇「キマグレイチバ」
住所:宇都宮市今泉町177-4
電話番号:028-612-2234
定休日:月曜日、日曜日夜の部

営業時間:11時15分~14時45分(O.S14時)、18時~23時(O.S22時15分)
栃ナビHP
キマグレイチバ

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

# プロフィール

pool

Author:pool
2005年8月アメブロで「栃木を楽しむ」を。
2011年8月FC2に移り「とち、フラ~」をスタートさせました。

掲載したお店や場所が2200件、ブログ記事は4700件を超えました。
ブログでは過去の記事を探すのに一苦労。
リンク集を別途用意しています。

「栃木 プール」で検索し「栃木県の公共プール情報」のホームページから「お奨めのお店」ページへ。過去の記事に飛ぶことが出来ます。
(すでに閉店&変更あるケースも。ご了承下さい)

# カウンター(Visitor数)

# カウンター(Hit数)

# オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

# 最新記事

# カテゴリ

# カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

# フリーエリア2

# フリーエリア4

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

# フリーエリア5

# フリーエリア(楽天)

# フリーエリア(アマゾン)

# フリーエリア

# QRコード

QR

# 検索フォーム