オステリア ポルタロッサ(宇都宮市)-4

2014-11-24
11月22日でオープン一周年を迎えた「オステリア ポルタロッサ」さん。
楡木街道にある「フードオアシスオータニ鶴田店」の北側に広がる住宅地にお店を構えています。

以前は街道からも洒落た建物がよく見えたのですが、住宅も建ち並び見えづらくなってしまいました。
それが隠れ家的な驚きをもたらせてくれることでしょう。

知る人ぞ知るお店・・・。
デートなどで使ったら男性の評価がグンと上がることでしょうね。
オステリア ポルタロッサ

店内もお洒落です。
天井にはシャンデリア、周囲には間接照明が。
テーブルクロスの上には素敵なグラスやラギオールのフォークやナイフが並びます。
オステリア ポルタロッサ

今回は「ヴェルデ」1800円(税込)をお願いしました。
サラダ+前菜3品、パスタ、パニーノ、ドルチェ、ドリンクという内容で、パスタ、パニーノは数種類からチョイス。

まずは「サラダ+前菜三品」
一皿目から立体的な盛りつけで、記憶に残る~。

手前のグラスには温かい「カボチャのスープ」。濃厚でカボチャ本来の甘さが素直に伝わって来ます。
スープの上にはカボチャの種のオイル。このオイルがスープの美味しさを引き立てます。
サラダにはミントの香りが・・・気持ちいい。
オステリア ポルタロッサ

奥には二種類の生ハム。燻製の香りが魅力のスペックとトスカーナの生ハム。ワインに合いそう。

カプレーゼは初めて頂くタイプ。なんとグリーントマトが丸々一個。トマトに温かくしてトロトロにしたモッツァレラを。
食感しっかり、素朴な味わいのトマトをチーズの旨味がしっかりサポート。温かいので今の季節にピッタリ。
オステリア ポルタロッサ

パスタは・・・限定5食という文字に惹かれ「栃木県産栗と新潟コシヒカリのリゾット」
栗本来の味わいをきちんと届けてくれる・・・大人のリゾットに仕上がっていました。
存分に栗が投入され、米の芯の残り具合も私好み。
オステリア ポルタロッサ

パニーノも数種類から。
様々な具材をパンで挟んだものがズラッと並んでいましたが、寒い日でしたので「ピッツェッタ」を。
小さなサイズのピッツァ。トマトソースとチーズというシンプルな具材。おっ!トマトソースは自家製の様子。
香ばしく焼かれ、熱々。これはイイ!!
オステリア ポルタロッサ

ドルチェも美しい器に乗せて。
和栗のジェラート、リンゴとピンクペッパーのソルベのフルーツ添え、カボチャのプリン。
どれも実に美味しい。
プリンは形になっているのが不思議なくらいフワフワまろやか~。
オステリア ポルタロッサ

最後にコーヒーを頂き〆。
ご主人が厨房、奥様がサービスをされており、キリッとした雰囲気の中に温もりを感じるお店です。
オステリア ポルタロッサ

○「オステリア ポルタロッサ」
住所:宇都宮市鶴田町522-5
電話番号:028-678-6616
定休日:木曜日、第三水曜日

営業時間:11時30分~14時(13時30分L.O)、18時~22時(21時35分L.O)
公式HP公式フェイスブック
カテゴリ :イタリアン トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

笊蕎麦 ふくや(宇都宮市)-11

2014-11-23
宇都宮も街が鮮やかに色づいてきました。
遠方に足を運ばなくても、近くの公園、街路樹の美しさに心癒されます。
豊郷台

2014年11月22日~24日「2014日光そばまつり」が日光だいや川公園で開催されています。
晴天に恵まれ、多くのお客さんでさぞかし賑わったことでしょう。

この日は宇都宮市役所近くにある「笊蕎麦 ふくや」さん。
遠くに足を運ばなくても、新そばを味わうことが出来ます。
笊蕎麦 ふくや

「笊蕎麦 ふくや」さんの蕎麦は「常陸秋そば」。
直接農家さんから仕入れ・・・
笊蕎麦 ふくや

店内にある選別機、脱皮機、そして玄関先の石臼で毎日製粉。
笊蕎麦 ふくや

この日もそばを挽く音が気持ちよく迎入れてくれました。
笊蕎麦 ふくや

温かいお蕎麦もありますが、この日も「ざるそば」600円+大盛り150円(税込)
シンプルに新そばを楽しませて貰おう。
笊蕎麦 ふくや

木箱に入った生そばを大釜でサッと茹で、流水そして氷水でギュッとしめる。
流れるような一連の動きは美しく、眺めているだけでも飽きることがありません。
笊蕎麦 ふくや

スッと通るのど越し、コシもしっかりしていて美味しいおそばに仕上がってる。
新そばを頂くということは、今年もそろそろ終わりに近づいているということ。

気が早いかなと思いながらも、「年越し蕎麦の予約」をしてきました。一人前550円(税込)
来週の月曜日からは12月。新年を迎える準備を始めないと・・・。
笊蕎麦 ふくや

○「笊蕎麦 ふくや」
住所:宇都宮市一条1-6-5 新泉ビル1F
電話番号:028-638-0298
定休日:火曜日、最終水曜日

営業時間:11時~18時
栃ナビHP
カテゴリ :蕎麦・うどん トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

國酒の仕業(宇都宮市)

2014-11-22
「蔵元の様子、杜氏のお人柄をお伝えしながら、お客様にゆっくりと日本酒を味わっていただきたい」と語る店主。
でもこの日は特別でした。

日本酒愛好家の中で「凄いお店が出来るようだ」と話題沸騰。一気に情報が広がりました。
2014年11月15日のオープン日には、待ちに待った人々で大賑わい。
歓喜の声で溢れた一夜となりました。

お店の名前は「國酒の仕業(こくしゅのしわざ)」さん。
大通りから足利銀行宇都宮中央支店を上河原通りを少し北に進んだ場所。
明治時代からある大谷石の蔵での開店。(8月末まで私もよく通った人気イタリアンがあった蔵です)

外にあったテラスが綺麗に取り払われ、大谷石の質感が夜のライトに照らされ美しい。
國酒の仕業

玄関先には蔵元前に飾られる杉玉が。
ドアを開けると有名な日本酒がお出迎え。なんと200種類以上の日本酒を置いているんだそうです。
入手困難と言われているお酒がズラリと並ぶ姿は圧巻です。
國酒の仕業

一階はカウンター8席、2人用テーブルが2席。
お邪魔した時には、すでに一階席は満席。
どんな銘柄が置いているのか、いくつかある冷蔵庫の中を覗いています。

今回は通常前日までの予約専用の二階席を使わせて貰いました。
階段を上がるとそこには・・・コタツ席!!なんて居心地がいいんだ!!
國酒の仕業

壁には額に入った日本酒のラベル。
天井は立派な梁が通り、まさに寛げる空間です。
國酒の仕業

メニューを見ると、宇都宮市の飲食店ではなかなかお目にかかれない料理名が並んでいます。
ご主人は山形県米沢市で飲食店を営んでいた方。
ですので、山形名物の「玉こんにゃく1個10円」などご当地ものやそばや寿司もある!
國酒の仕業

どれもこれも美味しそう~。
お若いご夫婦二人で切り盛りされているので、今日は飲み中心でお願いすることにしました。
國酒の仕業

一階にある冷蔵庫から好きな日本酒を選んで頂くのだそうですが、
二階のコタツに入ったら・・・出られない、否・・・出たくない。

奥さんにお奨めの日本酒を選んで持ってきて貰いました。
最初の一本、「十四代 本丸 本醸造」。何と一合500円。

色んな日本酒を飲んで頂こうと、半合売りもしていてこのお酒なら明瞭会計250円で頂けます。
お酒をまろやかにすると言われている錫の器で頂きました。
國酒の仕業

二杯目は同じ十四代ですが、純米吟醸 播州愛山。こちらは一合800円。
ネットで売買されている十四代は一升、2~3万円というビックリ価格。
気軽に飲める価格で出してくれる・・・最高の幸せです。
國酒の仕業

お通しは「キクラゲ」300円。
コリコリとした食感がいい。
國酒の仕業

「山形名物 玉こんにゃく」6個で60円!!
”0”がひとつ抜けているわけではございません。
國酒の仕業

「いぶりがっこ」380円
國酒の仕業

「大根とキャベツのピリ辛漬け」380円
完全に飲み助の肴、オンパレード!!
國酒の仕業

「我酒」600円はご主人自ら醸した日本酒。
高畠産亀の尾を全量使用した純米吟醸。
國酒の仕業

この日一階には日本酒大好き飲み友Fさん達がいらっしゃっており、
Fさんお薦めの「豊盃 純米吟醸山田穂」900円。感動の味わい。色んな味わいが一気に押し寄せる。
國酒の仕業

ふっくらと美味しい「煮穴子」880円
國酒の仕業

「刺盛り(2~3人前)」1980円。
國酒の仕業

途切れることなく日本酒を頂いたのですが、日本酒は利尿作用が少ないお酒。
「和らぎ水」も出してくれ、嬉しいことに「米鶴の仕込み水」!!
國酒の仕業

山形県天童市のお酒「六根浄 純米酒」600円。
國酒の仕業

新潟のお酒「山間 純米吟醸」750円
國酒の仕業

宮城のお酒「伯楽星 純米吟醸」650円
國酒の仕業

福島のお酒「飛露喜 純米吟醸」
日本酒ってこんなに表情豊かなのか・・・・。それぞれ個性的な味わい。
改めて日本酒に魅了されました。
國酒の仕業

最後の方はイイ感じに酔いが回って記憶がないのですが、何故か「冷たい肉そば」680円の写真が残っていました。
記憶が無くても、料理の写真は撮り忘れない。習慣とは恐ろしい。

またまた素敵なお店がオープンし、JR宇都宮駅周辺でのはしご酒が益々楽しくなりそう~。
國酒の仕業

○「國酒の仕業」
住所:宇都宮市大通り5-2-8
電話番号:028-612-4992
定休日:未定(しばらくは無休での営業)

営業時間:18時~24時
公式ブログ
國酒の仕業
カテゴリ :ダイニングバー・居酒屋 トラックバック:(-) コメント:(2)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>