和 CUORE(栃木市)

2014-04-18
栃木市藤岡町の「和クォーレ」さん。
「Pizza世界チャンピオンが、2013年10月31日にオープン」とマスコミで大きく取り上げられました。

赤荻シェフのプロフィールは凄くて、
アメリカのピザ世界大会「WORLD PIZZA GAMES」ピザのアクロバット部門チャンピオンズリーグにて日本人初の優勝。ピザ技術の競技部門で、2009年~2013年連続優勝し、V5を達成等々の実績が書かれていました。

現在でもテレビや雑誌の取材が多く、お邪魔した日もテレビ朝日の取材が。
和クォーレ

経歴やマスコミの取り上げ以上に「あること」に強い興味を持ちました。
そのあることとは、和食&PIZZAが全面に打ち出されていること。ピッツァ以外にパスタやRiso(ごはん系)を出すのは想像出来ますが、メニューに「そば・うどん」があるんです。

この組合せに「なぜ?」と疑問がわき、興味を引かれました。そして調べてみると、深い想いがある様子。
是非実際お店にお邪魔して、食してみたい!!

栃木市街地を抜け、板倉に向かうのどかな道沿いにありました。
お店の隣の広々とした駐車場も完備。

電話番号検索で向かうとナビには、旧店名「藤よし」と出てきます。
元はお蕎麦、うどんのお店。洒落た外観に改修されていますが、どこか和テーストが残っています。
和クォーレ

玄関先にはピッツァを焼く釜。
店内はイタリアンのお店らしい室礼で、多くの奥様方で賑わっていました。

11時~17時までランチメニューが頂け、お値段は980円(外税)~とお手頃価格。
情報量が多いメニューで、頭の中で整理を試みようとしていると店長さんが詳しく説明をしてくれました。

店長さんのお客さんの扱いが上手。それも的確。
和クォーレ

三人でお邪魔し、二人はクォーレDランチ1380円。
メインはハーフサイズが二種類選べます。
それも種類豊富。多彩なピッツァ、パスタ、Riso、そして温かいそば・うどん、冷たいそば・うどんから。

私は一日限定10食「スペシャルランチ」1500円(外税)を頂くことにしましょう。
こちらもピザと並列してそば又はうどんの文字が。
和クォーレ

ピッツァ職人さんに「アクロバットピッツァ」を見せて欲しいと頼んだところ、快く応じてくれました。
デジカメ片手に釜前に。

あれよあれよと言ううちに、玉状のピザ生地が綺麗な円形に変わっていく。
時には宙を舞い、時には背中を周り・・・見事な技に見ほれてしまいました。

大きく伸ばしたピザ生地は、下のボックスへ。
そう先ほどは魅せるピッツァ。「お出しするピッツァは、今から丁寧にお作りします」とピザ職人さん。
なんてサービス精神旺盛なんだろう。
和クォーレ

Dランチの「前菜&サラダ」
和クォーレ

スペシャルランチは前菜が1品多い三点盛り
和クォーレ

そしてメインの登場。
ハーフサイズのピッツァを2つ頼んだAさん。
「魚介のピザ」
和クォーレ

半熟卵が乗った「ビスマルク」
これらをシェアーして頂いたのですが、ピッツァ生地自体にほのかな甘みがあり、具材なくてもそのまま頂けそう。
もっちりとした食感。そして焼き目が香ばしい~。

ランチタイムは腹持ちがイイ、モッチリ系の「ナポリピザ クラシカ」。
夜はお酒にも合うようにと外はサクッと中はもっちりの「ローマピザ」と生地自体を変えているのだそうです。
和クォーレ

Nさんは「明太子サラダうどん」のハーフ
刻み山葵も添えられたつけ汁につけて頂きます。
和クォーレ

私の一つ目のメインは「野菜たっぷりけんちん蕎麦」
どちらもハーフとは思えない、たっぷりサイズ。ピッツァとの競演です。
和クォーレ

蕎麦自体もコシがあって美味しい~。
うどんを頂いたNさんも、満足した様子。

ピッツァ、パスタ、ごはん、そば、うどんと多彩で、厨房機器もオペレーションも大変なのは重々承知した上で、自信も持って提供しているんだと食べてみて感じました。
和クォーレ

Nさんのハーフピッツァは「4種のチーズピザ」
和クォーレ

私のもう一つは「カプリチョーザ」
色んなモノをお腹一杯食べられ、大満足。
和クォーレ

きまぐれドルチェと
和クォーレ

ドリンクを頂き、気持ちよくお店を後にしました。
和クォーレ

お店においてあった雑誌。
この本一冊丸ごと、赤荻シェフの紹介やピザ回しの解説が掲載されていました。

通常これほどの実力者なら、ピッツァ一本でやっていく!!と考えるはず。
でも旧店の味も継承しての開業。
和クォーレ

元の「藤よし」さんは、赤荻シェフのお父さんが27年間経営していたそば・うどん屋さんでした。
自分が生まれ育った父親の味を消すことなく、看板メニューとして残している・・・そこに込められた想いを考えると、ジーンと来てしまいます。

そして想いだけではない。味の裏付け。
食べてみて、自信を持ってお客さんに出しているのも感じました。

今後お店の継承をどうしようかと悩まれる飲食店オーナーも多いことでしょう。
「和クォーレ」さんのチャレンジは、そんな彼らにも注目されています。

蕎麦とピッツァの競演。まさに親子の競演に見えました。
「和クォーレ」と書かれた大きな看板には、今でも「藤よし」の名が刻まれています。
和クォーレ

○「和 CUORE(ワクォーレ)」
住所:栃木市藤岡町大前1251-23
電話番号:0282-62-1177
定休日:不定休

営業時間:11時~22時(L.O21時)、但し金・土曜日、祝日前日は23時(L.O22時)まで
公式HP公式フェイスブック栃ナビHP
和クォーレ
FC2 Management
カテゴリ :イタリアン トラックバック:(-) コメント:(1)
tag :

ZIG MEAT DINNING(宇都宮市)-3

2014-04-17
宇都宮市役所近く、いちょう通り沿いにある「ZIG MEAT DINNING」さん。
久しぶりに美味しいハンバーグを頂こうと、お邪魔してきました。

昨年は「ランパス」に登場し、ランチタイムは予約で満席という状況が続いていました。
知って頂くという当初の目的は達成し、ランパスを卒業した様子。安心してお店に行けそう~。
ZIG MEAT DINNING

でも市役所の近くですので、12時~13時までは混み合いますのでご注意を。
この日は無事に席を確保できました。

ランチはハンバーグやZIGハンバーガーや日替わりなどお肉尽くし!!
ZIG MEAT DINNING

今回は「和牛100%粗挽きハンバーグ 160g」1200円をお願いしました。
奥の厨房ではオーダーが入ってからお肉を成形し、熱い鉄板の上で焼き始めた!!

こちらのランチは至れり尽くせり。
「サラダ」は、アンチョビなども入った自家製ドレッシング。これが癖になる味わいなんです。
ZIG MEAT DINNING

スッキリと柔らかい味わいのスープも付いています。
ZIG MEAT DINNING

空腹だった胃袋が落ちついた頃・・・ハンバーグの登場。
160gでも結構なサイズ。
ZIG MEAT DINNING

ナイフを入れると、ギュッと詰まっていた肉汁があふれ出て来る~。
これは!!男前なハンバーグ!!

挽肉の中に大きめにカットされたお肉も混ざり、歯ごたえ抜群。
ソースをかけなくても、これだけで十分に美味しい。食材の良さが伝わって来ます。
これならワンサイズ大きい、220gでもいけたかも。
ZIG MEAT DINNING

パンかライスか選べ、ライスはお代わり自由。
ライス自体も美味しいのが嬉しい。
ZIG MEAT DINNING

ここにドリンクも付いてきます。
ZIG MEAT DINNING

シェフ自家製のデザート+180円を追加させて頂きました。
「チーズケーキ」。濃厚ですが後味スッキリ。
ZIG MEAT DINNING

お昼にばかりお邪魔しているので、是非夜にもお邪魔してみよう。
ステーキなど元気になるメニューが満載。
ZIG MEAT DINNING

宴会コースも用意されているようなので、誰か誘ってみようかな。
ZIG MEAT DINNING

○「ZIG MEAT DINNING」
住所:宇都宮市中央2-1-2
電話番号:028-678-4429
定休日:日曜日

営業時間:平日11時~14時(L.O13時30分)、17時~24時、但し土曜&祝日はディナー営業のみ
公式フェイスブックぐるなびHP栃ナビHP
ZIG MEAT DINNING
カテゴリ :ステーキ・ハンバーグ トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

宮崎商店(宇都宮市)

2014-04-16
所用で池袋から東武東上線に乗って下赤塚駅に。

駅を降りるとそこには昔ながらの商店街が。
八百屋さんでは店先のバナナや苺が、お肉屋さんでは揚げたてコロッケが美味しそう~。
角のたばこ屋さんは、今では見かけなくなった昭和の姿のまま。おばあさんがちょこんと座って自か売りしてる!!

宇都宮ではスーパーの進出で、町々にあった商店街が姿を消してしまいましたが、
人情溢れる個人商店が頑張っている姿を見て、羨ましくなってしまいました。
下赤塚駅

宇都宮にも、長く愛され続けている個人商店が。

今なお多くのお客さんに支持される続けるために、日々の努力を惜しまない。
「このお店でしか」味わえない、磨きあげられたスペシャルコンテンツと出逢えます。

新四号線の東側を南北に走る辰街道。
鬼怒通りと国道123号線との中間あたり、近くの人には有名な「宮崎商店」さんがあります。
私の友人も、ここの刺身は最高だとよく立ち寄っているとのこと。

お邪魔するのが初めてで、1回通り過ぎてしまいました。
のどかな風景が広がる場所にポツリと。
鬼怒通り方面から来られるときには、左手にテニスコートを目に入ったらまもなく右手にお店が。
宮崎商店

南側に小さく「みやざき」と看板がありますが・・・
緑のダイドーブレンドコーヒー、おそうざいの店を目印に行かれた方がイイかもしれません。
宮崎商店

入って真っ先に目に飛び込んできたのは、お刺身コーナー。
それも、マグロの刺身の多さにビックリ。

生活雑貨一式がそろう昔ながらの商店に、これだけの鮮魚を用意されているとは・・・。
時間が時間なら、多くの人が買い物に足を運ばれているのが伺えます。
宮崎商店

お惣菜類もたくさん!!
スーパーの惣菜売り場より充実しているかも。今日は刺身と惣菜を肴に自宅で晩酌だ!!
宮崎商店

天然本まぐろの中トロが680円(外税)、本まぐろも580円(外税)。
こんなにお安くていいのかな?
宮崎商店

本まぐろの中トロ。
脂がのっていて、日本酒の肴にピッタリ!!
宮崎商店

子供達とのまぐろ争奪戦に負け、チャーシュー335円(外税)に肴をスイッチ。
これも柔らかく美味しい~。お酒も進んで「天鷹心」720mlを一本ペロリと。
宮崎商店

まぐろ以外の刺身も、下手なスーパーとはレベルが違う。
「活〆シマアジ」480円(外税)
宮崎商店

「活〆平目」480円(外税)
宮崎商店

そしてご飯が進んだ「マーボー豆腐」は何と280円(外税)
こんな美味しいお惣菜屋さんが近くにあったら、奥さんは楽だろうな~。
宮崎商店

○「宮崎商店」
住所:宇都宮市石井町2552-3
電話番号:028-661-2240
定休日:日曜日、祝日

営業時間:9時~19時30分
公式ブログ栃ナビHP
カテゴリ :その他の物販店 トラックバック:(-) コメント:(1)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>