CLOCKWISE(宇都宮市)-7

2014-09-02
フェイスブックに一枚の写真がUPされている・・・。
これが無性に食べたくなって、昼時にお店にお邪魔することに。

お邪魔したのはホットドッグ専門店「CLOCKWISE(クロックワイズ)」さん。
6月20日で5周年を迎えたお店です。

パッと目を惹く店舗。オープン当時と変わらずお洒落~。
簗瀬小学校近くの「セブンイレブン 宇都宮簗瀬1丁目店」並びにお店があります。
CLOCKWISE

店内でイートイン出来るスペースがありますが、テイクアウトされる方も多くおり・・・。
CLOCKWISE

駐車場はお隣に一台分しかないのでお気を付けて。
縦列駐車であと一台くらいは入れるようです。
事前に電話予約をしておけば、待たずに商品を受け取れますよ。
CLOCKWISE

そう「CLOCKWISE」さんはオープン当時からずっと作り置きをせず、オーダーが入ってから一本一本焼き上げています。
ですので出来立てのホヤホヤの美味しいホットドッグが頂けるんです。
CLOCKWISE

今回お目当てのホットドックとは・・・。
8月22日から期間限定で登場した「タイサラダホットドッグ」530円(税込)を頂くこと。
-----------------------------------------
パクチー好きのみなさまにお知らせ!

キャベツ・アーリーレッド・にんじんのサラダに、香菜の複雑な味わいをプラスした甘くて辛い特製のピーナッツドレッシングをかけ、さらにローストピーナッツとたくさんの香菜をトッピングしたアジアンなホットドッグです。
-----------------------------------------
CLOCKWISE

テイクアウトで購入し、いざ頂こう~。
CLOCKWISE

包みが2つあるのを気づいてしまいましたか?
ホットドッグとサブフード「オニオンリング」300円(税込)も購入していたんです。

袋を開けるとまさにタワー!!
アツアツサクサク、オニオンの甘みが最高なんです。私のお気に入りの一品。
CLOCKWISE

ついに実物「タイサラダホットドッグ」とのご対面です。
パクチー満載!!美味しそう~。
CLOCKWISE

この味わいは初体験。
パクチーが主役として立っているものとばかり思っていましたが・・・。
特製ピーナッツドレッシングの甘さと香ばしさ、そこに軽快なサラダとジューシーなソーセージが。

パクチーは黒子的な存在。サッパリ軽快にまとめています。
少し苦手と言う人にも、美味しく頂けるのではないでしょうか。

限定商品ですので、新感覚のホットドッグをお早めにお召し上がり下さい。
CLOCKWISE

○「CLOCKWISE(クロックワイズ)」
住所:宇都宮市簗瀬1-32-12-101
電話番号:028-639-5430
定休日:水曜日

営業時間:11時~18時
公式HP公式フェイスブック栃ナビHP
クロックワイズ
FC2 Management
カテゴリ :その他の飲食店 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

スズヤヨシモリ(宇都宮市)-5

2014-09-01
早いモノで、今日から9月。

一気に過ごしやすい日が増えてきました。
少しでも気温が下がると涼しく感じ、温かいものが食べたくなる。

ということでお邪魔したのは屋板町にある「スズヤヨシモリ」さん。
TVでも取り上げられた有名お好み焼きやさんで、都内からこの地に移転して丸三年が経ちました。
スズヤヨシモリ

砂田街道から一本西に入った「佐々木記念クリニック」がある通り沿いにお店があります。
三年前最初にお邪魔した時にはお店の場所がわからず、右往左往したのもいい想い出。
スズヤヨシモリ

この夏より、日光天然氷のかき氷も提供を始めた様子。
玄関先には「松月氷室」さんの旗が掲げられています。

一杯、昔シロップが450円、オリジナルシロップが600円で頂けるとのこと。
この夏場、周辺の子供達に喜ばれたことでしょうね。
今月9月も、松月氷室さんの氷を使ったかき氷が頂けますよ。
スズヤヨシモリ

店内は、お子さん連れも嬉しい畳の部屋とテーブル席に分かれています。
各テーブルには鉄板が組み込まれていますが、お好み焼きは調理場で焼き上げて運ばれて来ます。
返しが苦手で・・・という方、ご安心してください。
スズヤヨシモリ

どれにしようか迷うくらいの品揃え。
実は興味津々ガン見していたのは、お酒のページ。
獺祭・純米大吟醸50が850円、ワインもボトルで1550円~あるんです。のみたい・・・。

その気持ちをグッと抑えて、お好み焼きの「豚玉」750円(税込)と何か一品食べてみたい。
いつもニコニコ朗らかな女将さんにお奨めを尋ねると、
「近頃良く出るのが「サラダ風チーズトン平」1100円。ハーフも出来ますよ」と嬉しい言葉。

「サラダ風チーズトン平」ハーフ550円(税込)。
これでハーフサイズ!?と思うほどの大きさ。
どうやって食べようかと思案していると、女将さんがクルリと巻いて見本を見せてくれました。
スズヤヨシモリ

卵の風味が気持ちいいふんわり薄手の生地。
野菜がたっぷり入っており、特にトマトの酸味でサクサク行ける。
そこにチーズや肉の旨味が乗って美味しい~。あれよあれよと言ううちに、一枚完食!!
スズヤヨシモリ

続いて「豚玉」750円(税込)
「食べきれなかったら、タッパがありますのでお持ち帰りできますよ」と優しく女将さんが言ってくれたのに・・・。
美味しい、美味しいと食べ進めていたら、一枚綺麗に頂いちゃいました。
スズヤヨシモリ

平日はお得なランチメニュー(11時~14時)が用意されています。
サラダ・ドリンク・ミニアイスがセットで付いて来て、豚玉だと950円(税込)。

+250円で、ミニアイスを日光天然氷のかき氷ハーフサイズに変更することが出来ます。
熱々のお好み焼きを頂いた後は、さっぱりとしたかき氷で〆てはいかがですか。
スズヤヨシモリ

○「スズヤ ヨシモリ」
住所:宇都宮市屋板町317-1
電話番号:028-656-8488
定休日:水曜日

営業時間:11時~14時、17時30分~22時(L.O21時)
栃ナビHP
お好み焼き、もんじゃ焼き スズヤヨシモリ
カテゴリ :お好み焼き トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

ラ クルヴァ(宇都宮市)Part2

2014-08-31
いつもお昼時に前を通ると駐車場には車が一杯。
駒生町にある「ラ・クルヴァ」さんに、夜久しぶりに家族でお邪魔しました。
ラ クルヴァ

この日は飲食店の繁忙期、お盆も過ぎてゆったりと。
老舗のカフェを思わせる落ちついた店内で、のんびり食事を楽しませて貰いました。
ラ クルヴァ

夜もお得なコースが用意されていましたが、子供達がどれだけ食べられるのか・・・
様子見をしながら単品での注文をさせて貰いました。
ラ クルヴァ

たくさん注文して取り分けましたので、簡単にご紹介していきましょう。
「ライスコロッケ(3個)」600円(税込)
ラ クルヴァ

「ジャガイモのフライ アヒージョバター」420円(税込)
ラ クルヴァ

「ポカリスエットで漬けたピクルス盛り」350円(税込)
ラ クルヴァ

「シャンピニョンのアヒージョ」450円(税込)
ラ クルヴァ

「パンの盛り合わせ」550円(税込)
ラ クルヴァ

「契約農家と作る野菜 オーガニックサラダ」600円(税込)
タイトルに偽りなく、味が濃い野菜達。特に人参の甘さにニンマリ。
ラ クルヴァ

「イタリアンDIPサラダ ラ・クルヴァのバーニャカウダ」1200円(税込)
ラ クルヴァ

パスタは自家製生パスタも含め、数種類からパスタをチョイス出来ます。
「アマトリチャーナ」950円(税込)
細めのパスタで、辛さと相まって軽快に頂けました。
ラ クルヴァ

「ラグーボロネーゼ ミートソース」950円+生パスタ250円
自家製生パスタはフェットチーネでソースとよく絡みます。
ほっこりさせられる旨味あるソースで、子供達も大喜び。
ラ クルヴァ

「マルゲリータ」1450円(税込)
ラ クルヴァ

「カルトッチョ。魚介パスタの包み焼き」2003円(税込)
イタリアの包み焼き。紙などで包むところをピッツァ生地で包み揚げしてあります。
ラ クルヴァ

ピッツァ生地のほのかな塩気と、魚介のスープが良く合います。
パスタも食べられますので、一挙両得。
ラ クルヴァ

これにてお腹一杯、フィニッシュのはずでしたが・・・。
奥さんは「昇天ティラミス」450円(税込)
ラ クルヴァ

長女は「ロワイヤルシフォン」550円(税込)とドルチェも追加。
ラ クルヴァ

お店の手前側には、カフェスペースが。
雰囲気があってイイ感じ。12時~カフェタイムを実施していますよ。
ラ クルヴァ

2014年9月23日には「ラ・クルヴァ十一周年記念ライブ」が開催されます。
ボーカルに布上智子さんを招き、日本のブラジル音楽界を代表するギタリストなども登場するとか。
カフェライブ、そしてディナーライブは二部制で行われます。
ラ クルヴァ

○「ラ・クルヴァ」
住所:宇都宮市駒生町1358-5
電話番号:028-652-5900
定休日:月曜日(祝日の場合は、その翌日)

営業時間:ランチタイム・・・11時30分~14時30分
       カフェ・・・・・・・・12時~16時30分
       ディナータイム・18時~23時(L.O21時30分) 日曜日は20時(L.O)
公式フェイスブック栃ナビHP
カテゴリ :イタリアン トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>