SORA(宇都宮市)

2016-02-14
一度行ってみたいと思ていた居酒屋さん。
宇都宮中央警察署の西側、飲食店が数多く立ち並ぶ下戸祭にお店はあります。

お店の名前は「SORA」。
入れ替わりが激しいという飲食業界で、10年営業を続けるお店はわずか一割程度と言われています。

昨年春、十周年ののぼりが出ていましたので、すでにその一割に勝ち残ったということ。
多くの人を惹きつける魅力を味わいたいと思っていました。この機会を作ってくれたA君ありがとう~。
SORA

あれ?意外と小さなお店かと思いきや、二階に広々とした部屋が用意されていました。
古民家を自らの手で改装した店舗。どこか懐かしく、居心地の良さを感じます。
席は掘りごたつになっていたので、足を延ばせ楽々。のんびりお酒を楽しめそう。
SORA

お通し350円は「レバーペースト」。
お酒にピッタリの一品。生ビール500円などで早速乾杯です。
SORA

今回はプチ同窓会。
それぞれ年月を重ね様々な人生を歩んできたのに・・・。
逢った瞬間当時の学校の光景が目の前に広がり、一瞬で学生時代に戻れるから不思議ですね。

とりあえずの「茶豆」280円に「塩煎りぎんなん」490円
これだけでもお酒が進みます。
SORA
SORA

一番人気という「シーザーチーズと黒胡椒の鶏唐揚げ」650円
ふんわり柔らかい大きな唐揚げの上に、とろーりチーズ。サラダ仕立てになっており、文句なしの美味しさ。
「若鶏の唐揚げ~おろしポン酢」630円は、さっぱり和風。
SORA

炭火で焼いた焼き鳥は1本180円。
おまかせ6本980円を。皆遠慮していたレバー、食べてみるとくさみがなく新鮮さを感じました。
SORA

見慣れないドリンクを発見。
人気の「生キウイサワー」550円は甘さ控えめで飲みやすかったです。

その後限定酒「黒龍 純米吟醸」800円、「獺祭 純米大吟醸」900円を。
なかなか手に入らない銘酒達。
長年営業を続け信頼されているからこそ、酒屋さんも特別におろしてくれるのでしょうね。
SORA

本日のおすすめ「カワハギの刺身」590円
肝が入った醤油に付けて・・・。
SORA

「とろーりモッツァレラチーズの豚キムチ鍋」大2580円
旧友が集まり一緒に鍋を囲む。いいものですね~。
ここからラーメンや雑炊にしようと思ったのですが・・・もうお腹一杯。ご馳走様
SORA

お会計をお願いすると、「よろしければどうぞ」とサービスで「シジミのお味噌汁」。
ドリンクも迅速に持ってきてくれたりと、凄く気持ちよく過ごすことが出来ました。
SORA

帰ろうとしたら、ひとりひとりにミニカイロをサービス。
こういう温かいおもてなしが、多くの人を魅了するのでしょうね。
SORA

○「SORA」
住所:宇都宮市下戸祭1-11-10
電話番号:028-624-2626
定休日:不定休

営業時間:18時~翌1時(但し、土日祝日は17時~)
公式HP栃ナビHPホットペッパーHP
スポンサーサイト
カテゴリ :ダイニングバー・居酒屋 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

ごはんとおやつ シュクレ ターブル(宇都宮市)

2016-02-13
オープン当初、某友人にお勧めされたお店。
カフェごはんで1500円オーバーという情報で、正直高いな~と思いメモしただけで行動に及びませんでした。

そして年月が経ち・・・。
某有名シェフのSNSで再びお店の名前を目にしたのです。

「どれも丁寧に仕上げられています。ご飯は注文受けてから炊き上げてくれます。」
という記載と共に、美味しそうな料理の写真の数々。

ご飯を注文が来てから炊き出すとは・・・。
カフェごはんに対する私のイメージは、なんと安易だったんだろう。これは是非行かなくては。

お店の名前は「ごはんとおやつ シュクレ ターブル」。
JR日光線・鶴田駅の近くという情報をもとにお邪魔しました・・・が、見つからず。

駅前の東西に走るメイン通りを中心に探していたので、目印の「村山矯正歯科」さんも発見出来ませんでした。
そう、一本違う道を走っていたんです。

鶴田駅の東西に走るメイン通りから一本北側の路地。
「村山矯正歯科」さんの看板と建物を発見。
シュクレ ターブル

脇の細い路地を入り、角の砂利の駐車場指定場所に無事駐車。
でもお店らしい建物が見当たらない・・・。
シュクレ ターブル

駐車場隣の民家玄関先の足元に、小さな看板が!!
そうここが「シュクレターブル」。ドアを開け声をかけると店主が奥から出てきてくれました。
シュクレ ターブル

民家を改装し、室内にレジや焼き菓子を展示するコーナーなどしっかりお店らしくなっています。
メインの続き間はテーブル席と奥には畳のお部屋。ここでは小さなお子さんも安心して寛げそう~。

通してもらったのは奥の部屋。
テーブルがいくつか置かれ、しっかりカフェチック。
綺麗なBGMと共に、窓から差し込む日差しが暖かく、一足早く春気分~。
シュクレ ターブル

今日のごはんは二種類。白飯のごはんか、ぱんのごはんか選べます。
デザート、飲み物が選べ、1782円(税込)。

白飯のごはんを頼むと、「これから土鍋で炊きますので少々お時間を頂きます」と。
そう、注文ごとに土鍋の炊き立てご飯が頂けのです。
炊飯15分、蒸らし15分。先に来られた方の土鍋は、今まさに蒸らし中。
シュクレ ターブル

雑誌が置かれており、のんびり待つことに。
次々来られた女性のお客様は、楽しそうに会話に花を咲かせていました。

ごはん目的じゃなくても、もちろんおやつ、ドリンクもOK。
注文が入ってから生地を作り出す「ホットケーキ」も美味しそう~。(混雑時はご遠慮くださいとのこと)
シュクレ ターブル

そうこうするうちに、「今日のごはん」がお膳に乗って。
シュクレ ターブル

「豚肩ロースのねぎ塩麹焼き」
柔らかいお肉に、しっかりとねぎ塩麹の味わいが乗っている。
でもしつこくなく、丸く優しい味わいにホッとさせられます。
シュクレ ターブル

「里芋のコロッケ」
カラッと揚げられた薄い衣の中に、たっぷりふんわり里芋が。クリーミーな舌触り。
シュクレ ターブル

「ひじきの卵焼き」
卵焼きのひじきが巻き込まれている・・・。塩気も薄くスッキリと。
シュクレ ターブル

「大根サラダ 梅ドレッシング」
シャキシャキと瑞々しい~。
シュクレ ターブル

そして白飯。
女性のブロガーさんが載せた白飯はもっと量が少なかった・・・。
ということは、男性の私を見て多めに炊いてくれたんですね。

少し硬めに炊かれた白飯。お米が立っている!!
お焦げも添えられ、ご飯自体が主役級の存在感。
シュクレ ターブル

そしてこちらも主役級のお味噌汁。
久しぶりに美味しいお味噌汁を頂きました。
しっかり出汁を取って作ったのでしょう、濃い旨さに感動です。
シュクレ ターブル

デザートは「さつま芋のタルト」、ドリンクは「コーヒー」をチョイス。
おひとりで調理からサービスまでやっているのですが、絶妙なタイミングで運ばれてきました。
シュクレ ターブル

「さつま芋のタルト」
しっかり焼いたタルト生地。口に入れるとホロホロとほぐれていきます。
さつま芋の自然な甘さ・・・、このデザートは片手間で作ったものではないぞ!!
このデザートを頂くだけで、お邪魔する価値は大いにあります。
シュクレ ターブル

コーヒーもたっぷりサイズ。
雑味がなく爽やかな苦さが、口の中に広がる心地よさ・・・。

ミルクや砂糖にも配慮がされていて、店主の想いが伝わってくるようです。
シュクレ ターブル

手間を惜しまず、丁寧に作りこまれた料理たち。
わかりづらい路地裏のお店に、多くのお客様が足を運ばれるのもよくわかりました。

帰りに「グラハムクッキー」1g5円(写真は205円)を買って帰ることに。
3時のおやつタイムに、美味しく頂きました。
シュクレターブル

○「ごはんとおやつ シュクレ ターブル」
住所:宇都宮市鶴田町3331-21
電話番号:028-633-7730
定休日:水曜日、第三木曜日(2016/2の臨時休業は2/22月)

営業時間:11時30分~18時(L.O17時)
公式HP栃ナビHP
シュクレ ターブル
カテゴリ :カフェ トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

ラ・トゥール(宇都宮市)

2016-02-12
2016年2月1日、JR宇都宮駅西口のセブンイレブン向かいに一軒のお店がオープンしました。
交差点にあるので、信号待ちをしている人も関心を持って眺めている。
ラ・トゥール

お店の名前は「ラ・トゥール カラー ヴァン ドゥ ボルドー2016」。
下戸祭の人気フレンチ「レストラン アルページュ」が、「ビストロ キャトルズ」に次いでオープンさせた三号店。

「キャトルズ」は糸井シェフの長男さん、「ラ・トゥール」は次男さんが責任者。
宇都宮の飲食店も、次の世代が着実に育ってきているのを感じさせます。
ラ・トゥール

店内は一階にはカウンター席とテーブル席。
そして入口から階段を上ると・・・。
ラ・トゥール

二階にもカウンター席やテーブル席が。
駅前なのに隠れ家的なスペース。喧騒を離れ、ゆったりと寛げそうです。
ラ・トゥール

ラ・トゥールの目玉は、フード・ドリンクすべて500円。
ワインも豊富に用意され、ボトルで1本2500円という価格設定。
電車を待つ間にチョット・・・とか、しっかり飲み食いしようという人にも柔軟に対応してくれます。
ラ・トゥール

まずは「キリン樽生 スタウト」を。
大きなジョッキで、もちろん500円。
ラ・トゥール

「ムール貝の白ワイン蒸し」
ガーリックとドライトマトがいい味を演出しています。
ラ・トゥール

お通しは、バケットが食べ放題。500円
出される前にオーブンで焼いた香ばしいパンです。
お代わりしたパンをムール貝の白ワイン蒸しのスープに付けていただきました。
ラ・トゥール

各地の白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインが種類豊富に用意されています。
ボトルはすべて2500円ですが、グラスでもOK。但し「本日のワイン」は数種類の限定になります。
イタリアの「ローマ ビアンコ」をグラスで。
ラ・トゥール

「牡蠣のアヒージョ」
ひとりで頂くのにはちょうどいいサイズ。
ラ・トゥール

カクテルや日本酒、焼酎なども用意されています。
栃木の日本酒「松の寿 辛口 糖類無添加」を頂きながら・・・
ラ・トゥール

「ハモンセラーノ」を頂く。
ちょっと変わった組み合わせですが、日本酒に生ハムも合うものですね。
ラ・トゥール

ピッツァやパスタ、グラタン、そしてデザートまで用意されていますので、深夜小腹がすいた三次会、四次会にも使えそうですよ。「〆のペペロンチーノ」や「昔ながらのナポリタン」「厚切りベーコンステーキ」「鶏ムネ肉のスパーシーロースト」なども500円で頂けますよ。
ラ・トゥール

○「ラ・トゥール カラー ヴァン ドゥ ボルドー2016」
住所:宇都宮市駅前通り3-1-1
電話番号:028-680-4641
定休日:日曜日

営業時間:18時~翌2時
アルページュ公式HP
カテゴリ :ダイニングバー・居酒屋 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>